アッサラーム夜想曲

1:あなたは私の運命 - 15 -


 風を切って砂漠を疾駆するので、自然と男の胸にぴたりと頬を寄せる恰好になった。隙間を作ろうと努力していたが、次第に疲れて無駄な抵抗は止めた。
 どうやら、トゥーリオはかなり高速で走れるようだ。
 昨夜から休まず砂漠を駆けているのに、脚力は全く衰えていない。かの赤兎馬にも引けを取らないに違いない。
 速度を落とさず駆けるうちに、オアシスが遠くに見えてきた。
 ひょっとしたら、入れ違いでジュリアスが戻ってきているかもしれない。一縷いちるの望みを託して、光希は近づいてくるオアシスを凝視した。
 ゴウッ!!
 突然、力強く羽ばたく音が砂漠に響いた。東の空に、待ち焦がれた飛竜の陰翳が見える!
 しかし、いつもと様子が違う。
 先頭の飛竜は、大群を率いてこちらへ向かってくる。
 相乗りしている男は舌打ちするや、トゥーリオの腹を叩いて速度を上げた。
 ところが、トゥーリオは鋭く嘶くと、その場で足を止めた。
 根を下ろした大樹のように動かぬトゥーリオに見切りをつけると、男は光希を抱えて、砂漠を駆け出した。

「トーリオ!」

 光希はトゥーリオの傍に戻ろうとしたが、男は許さなかった。光希を荷物のように脇に抱えて、オアシスに向かって一直線に走る。
 その後ろ姿を追いかけるように、一騎の飛竜が勢いよく近づいてきた。砂漠の上に巨大な影が落ちる。

「あぐぅっ!」

 男は鈍い声と共に砂漠に倒れた。光希も砂の上を転がる。すぐに身体を起こして男を見ると、うつぶせに倒れている背に、矢が刺さっていた。
飛んできたであろう方向を振り返ると、青い炎を全身に纏い、黒弓を手にしたジュリアスが立っていた。
 額の石と青い眼差しが、爛と輝いている。

「ジュリ……」

 茫然と呟く光希の傍で、男は呻き声を上げながら立ち上がった。手負いとは思えぬ俊敏な動きで、三日月刀シャムシールを抜き放つや、ジュリアスに斬りかかる!

「ジュリ!」

 光希は蒼白になったが、ジュリアスは難なく太刀をかわし、男の足を払って砂の上に転がした。呻き声を上げる男の傍へ寄り、三日月刀を握っている手首を容赦なく踏みつけた。苦しげな咆哮が轟く。
 光希は瞬きもできずに、茫然とその光景を見ていた。

(まさか、殺す気?)

 息を詰めて見守っていると、飛竜に乗った兵士達が駆け寄り、男を拘束してどこかへ連れ去った。
 ジュリアスは手にしている弓を他の兵士に預けると、光希の傍に膝をついた。

「コーキ、******?」

「ジュリ……」

 ようやく会えたのに、かける言葉が見つからない。
 あの男は何者なのだろう? ジュリアスに襲いかかったし、敵なのだろうか? あの男を、どうするつもりだろう?

「コーキ」

 連れていかれた男を気にする光希を見て、ジュリアスは苛立ったように名を呼んだ。
 青い双眸には、剣呑な光が灯っている。
 光希は気圧されたようにジュリアスを見上げていたが、遠くで男の呻き声が聴こえると、反射的にそちらを見た。

「コーキ! ********!」

「――っ」

 何をいわれているのか不明だが、責めるような口調だ。声を荒げるジュリアスを初めて見た。
 ジュリアスは怯える光希をトゥーリオの背に乗せると、自分もその後ろに跨り、腹を蹴って砂漠を駆けだした。
 オアシスに着くと、今度は急かすようにトゥーリオの背から降ろして、光希の服に手をかける。

「ジュリ?」

「コーキ、泉で身体を洗って」

「泉?」

 いつもと違う、ぴりぴりしているジュリアスが怖い。
 じりじり後じさるうちに、背中に椰子やしの幹が当たった。ジュリアスは両腕を幹につくと、腕の中に光希を閉じこめた。
 強い、射抜くような眼差し。悪いことはしていないのに、追い詰められている気がする。
 さざなみのように肩を震わせている光希に気づくと、ジュリアスは少しだけ表情を和らげた。

「コーキ……」

「……っ」

 掠れた声で名を呼ばれて、鼓動が跳ねた。無事に再会できた喜びが、ひしひしと胸の内にこみあげてきた。

『……心配したよ。会えて良かった』

 涙ぐむ光希を見て、ジュリアスも苦しそうな表情をした。手を伸ばして、慈しむように光希の目尻や顔の輪郭を撫でる。親指でなぞるように唇を触れられても、光希は逃げなかった。
 青い瞳に熱が灯る。端正な顔がゆっくり降りてきて、光希はそっと瞳を閉じた。
 もう、誤魔化せない――彼のことが好きだ。




1:あなたは私の運命 - 15 -


prev index next