アッサラーム夜想曲

1:あなたは私の運命 - 14 -

    今後は日本語の台詞を『』、ジュリアス達との会話は「」で囲います。


       十五夜目。
       光希はトゥーリオの背に乗って、オアシスの周りを巡回していた。一等明るい星がもう真上まで昇っているのに、ジュリアスが帰ってこないのだ。
       息を切らして後ろを振り返ると、オアシスは闇の中に隠れてもう見えなかった。大分遠くまできてしまったようだ。これ以上遠ざかると、戻れなくなる危険がある。

      『トーリオ、頼りにしてるよ』

       賢い一角獣の首を叩くと、再び砂漠を駆け出した。もし、ジュリアスが帰ってこなかったら――考えたくもない。

       砂漠を駆けて、駆けて、駆けて――
       とうとう東の空が白む頃になっても、ジュリアスの姿はどこにも見当たらなかった。光希は心が折れたように、一角獣の足を止めた。

      『どこにいるんだよ……』

       背に乗った主を心配するように、トゥーリオは小さく啼いた。
       光希は力なく項垂れると、戦慄わななく唇を噛みしめた。零れ落ちた涙が、手綱を握りしめる手に当たって弾ける。
       ふと、トゥーリオは何かに気づいたように首をもたげた。光希も顔を上げて、大きく目を瞠った。砂の上に、人が倒れている。

      「ジュリッ!?」

       慌ててトゥーリオの背から降りると、砂に足を取られながら、転がるように駆け寄った。
       倒れている男の傍に膝をついたところで、ようやく人違いに気がついた。
      (違う、ジュリじゃない……)

       落胆のあまり、目の前が真っ暗になった。
       もう嫌だ。どうして自分ばかり、こんな目に合わなければいけないのだろう?

      「……っ、ジュリ……ッ」

       ぱたぱたと涙が零れて、砂に染みを作った。傍へきたトゥーリオが心配そうに頬を舐める。
       光希は茫然自失していたが、水、と呻くような呟きを聴いて我に返った。

      「水! はい、水です」

       飲みやすいように、男を仰向けにして水筒を渡してやった。
       男は覆面を下げて厳つい顔を露わにすると、震える手で水筒をどうにか口元へ運んだ。おぼつかない手つきを見て、光希も水筒を手で支えてやる。
       無精ひげの生えた、四十前後の体格のいい男だ。
       見たこともない灰色の肌をしているが、化粧ではなく地肌らしい。
       黒づくめの装束はあちこち切れていて、ところどころ血がこびりついている。全体的に黒いから気づかなかったが、よく見ればぼろぼろだ。

      「水を******、*****……****顔*****、砂漠****?」

       呻くような濁声は聞き取り辛く、殆ど理解できなかった。光希は困ったように首を振る。

      「傷、見ます」

       光希が負傷個所を見ようとすると、男は緊張したように身体を硬くした。
       腰にいた三日月刀シャムシールに手を伸ばして後じさる。光希は敵意がないことを伝えようと、両手を上げてじっと男の金色の瞳を見つめた。

      「***黒い髪、黒い瞳、****、砂漠の****?」

       困った。何をいわれているのか、半分以上判らない。
       男は光希の前で片膝を立て、両手で拳を作り胸の前で合わせた。まるで主君に対するような、厳かで恭しい仕草だ。
       何だろうと戸惑ったが、とりあえず手当をさせてくれるようなので、荷を下ろして男の傍に戻った。いろいろ持ってきていて良かった。手当をしている間、男はじっと光希を見つめていた。

      「オアシス、いきますか?」

      「****オアシス」

       男は深く頷いた。了承したように見えのたで、トゥーリオの背に乗せようとすると、トゥーリオが嫌がった。
       知らない相手を乗せたくないのだろうか? それとも重そうだから乗せたくないのだろうか?
       並ぶとよく判るが、男はかなりの長身だ。恐らく二メートル近いだろう。

      「トーリオ」

       宥めるように名を呼んで頬を合わせると、トゥーリオは渋々といった様子で男を背に乗せた。
       光希はトゥーリオの負担を考慮して、馬上から降りたまま歩き出そうとしたが、せっつくように鼻頭で背中を押された。

      『……いいの? 重くない?』

       トゥーリオは知性をうかがわせる青い瞳でじっと光希を見つめている。乗りなよ、といわれているようだ。
       とはいえ、馬上には既に男が乗っている。二人乗りをしたことのない光希は、どうしたものかと男を見上げた。
       男は心得たように、力強い腕で軽々と光希を引き上げると、自分の前に抱き合うように座らせた。困惑する光希の腕を自分の胴に回し、ふり落とされないか体勢を確認すると、一角獣を走らせた。
       男は見事な手綱捌きを披露してみせた。
       道は賢いトゥーリオが覚えている。この調子なら、陽が昇りきる前にオアシスに戻れるだろう。




1:あなたは私の運命 - 14 -


prev index next