アッサラーム夜想曲

『幾千夜に捧ぐ恋歌』





 ― 『幾千夜に捧ぐ恋歌・九』 ―




 夜が溶けていく――

 空が白み始める頃になっても、二人とも眠らずにいた。
 眠ったら、この奇跡のような時間が終わってしまう気がして、ぽつぽつ、とりとめのない話を続けている。
 ふと流れた沈黙に見つめ合っていると、ジュリアスは陶然とした表情で唇を開いた。

「黒水晶のような瞳ですね。いつまでも映っていたい」

 恋情をのせた言葉に、光希はほほえんだ。

「ジュリの瞳も綺麗だよ。透き通った空を映しているみたい。この髪も……」

 柔らかな金髪を指で梳くと、ジュリアスはくすぐったそうに眼を細めた。

黄金こがね色は、僕にとってジュリの色なんだ。アッサラームの遥かな尖塔や、斜陽に染まる街並みでもなく、ジュリの風に靡く金髪を連想する」

「ありがとうございます。コーキにそんな風にいってもらえるなんて、とても光栄です。恋歌のようだ」

 くすぐったそうに笑うジュリアスを見て、光希もほほえんだ。

「そうだよ。ジュリを想って書いたんだ」

 期待に輝く眼を見て、光希は眼線を逸らした。逡巡してから口を開く。

「……夜闇に包まれても、ジャスミンと金香木チャンパックが、帰り道を教えてくれる。夢から醒めても、全身を黄金色きんいろの光輝に包まれる」

 帰る場所も眠る場所も、一つだけ。

「深淵に落ちても、稲妻が闇を切り裂いて、遥かな蒼穹を運んでくる。
 私をすくいあげる者よ。
 あけの明星のように、砂漠に沁みいる雨滴のように、優しい楽器の調べのように――
 天に浮かぶ青い星が過ぎた日を語りかけてきても、私には、蒼闇に浮かぶ黄金色が貴いのです」

 艶やかな髪を指で梳きながら、光希は眼を細めた。
 開いた窓から入ってくる星明かりに照らされ、金糸の髪は神秘的に煌めいている。

「そこに輝く光は、昏れゆく年が迫っても、私の心を潤す清新の泉でしょう」

 朗読会で歌った詩を諳んじ終えると、ジュリアスは双眸を潤ませた。

「……どこにいても、私の傍に戻ってきてくださいますか?」

「傍にいてくれないとやだよ。僕をアッサラームに呼んだのは、ジュリなんだから」

 唇に触れるだけのキスを贈ると、たまらない、といったようにジュリアスは光希を抱きしめた。
 温もりに包まれるうちに、揺り籠のような眠りに誘われた。意識は曖昧模糊あいまいもこに霞んでいく。互いに別れの時を察して、見つめ合った。

「……こんなに幸せなのに、夢だなんて」

「うん……」

「私がコーキの泉であるなら、コーキは私を潤すオアシスです。貴方との永遠が欲しい」

「……」

「ここにいるのに。触れて、感じて、名を呼んでもらえるのに、これが、夢だなんて」

 切ない声に心が震える。まるで、心臓を鷲掴まれたようだ。

「絶対、また会えるから」

 宝石のような青い瞳に、熾火が灯る。光彩を帯びて、薄闇の中で輝いた。

「いかないで」

「ごめんね……」

「いかないでください」

「……」

 言葉が見つからない。頬を優しく撫でると、ジュリアスは潤んだ瞳で光希を見つめた。懸命に、自分を落ち着かせようとする姿に胸が潰れそうになる。衝動的に抱きしめると、ジュリアスも震える手でしがみついてきた。

「このまま、時が止まればいいのにッ」

「信じて。僕達は必ずまた会えるんだ」

「コーキ……」

「もう眠って。大丈夫。眼が醒めたら、いつもと同じように朝が始まるよ」

 秀でた額に優しい口づけを落とすと、ジュリアスは力なく首を振った。

「貴方を知り、運命が定まりました。霊魂不滅の啓示を、この身に刻んだのです。夜が明けても、私はきっとてしない渇望に苛まれるでしょう」

 哀切と諦念の入り混じった声に、光希も表情を曇らせた。

「待っているから。僕を探して。辛くても……諦めないで、僕を探してね」

 涙に濡れた瞳の縁にそっと口づけると、ジュリアスは歯を食いしばって光希を見つめた。宝石のような青い瞳は、涙で潤んでいる。

「探します、幾千の夜を越えても、必ず、貴方を見つけてみせるッ!! どうか、待っていて……ッ」

「大好きだよ、ジュリ。僕の英雄。大切な人。たった一人の、最初で最後の恋人。未来で待ってる」

 重ねた唇は、涙で濡れていた。
 胸が張り裂けそうだった。身体を二つに裂かれるような苦しみを堪えて、震える手を離す――遠い時の向こうで、待っている人がいるから。




『幾千夜に捧ぐ恋歌』


prev index next