アッサラーム夜想曲

『幾千夜に捧ぐ恋歌』





 ― 『幾千夜に捧ぐ恋歌・六』 ―




 熱で朦朧とするさなか、不思議な夢を見た。
 見慣れぬ、広く豪奢な寝室に、軽く三人は横になれそうな大きな寝台が一つ。
 その上で横になっている少年――幼いジュリアスだ。
 天のお導きだろうか?
 在りし日の、幼いジュリアスの姿が見える。
 寝台の上で、苦しそうに浅い呼吸を繰り返している。全身の苦痛を堪えるように身体を丸めて、額には大粒の汗が浮いている。
 寝込んでいる光希よりもずっと、苦しそうだ。
 成人したての頃は、神力が身体に収まらずに苦しんだといっていたが……想像以上に辛そうだ。
 光希は、寝台に腰かけると汗の浮いた額に手を伸ばした。夢とは思えぬ、確かな感触が指先に伝わってくる。
 呻いていたジュリアスは、ぱちっと眼を開くと、驚愕の表情を浮かべた。

「ジュリ、大丈夫?」

「え……」

 唖然とするジュリアスを見下ろして、光希はほほえんだ。傍に置いてある平たい甕を覗きこみ、沈んだ布を見つけて、硬く絞った。
 額の汗を拭いてやると、ジュリアスは我に返ったように、跳ね起きた。

「あ、あの、貴方は?」

「寝ていていいよ。今度は僕が看病してあげる」

 まだ薄い肩を押すと、なすがままにジュリアスは横になった。眼を見開いて、光希を凝視している。

「そうか、夢か……」

 納得するように独りごちるジュリアスを見て、光希も、そうかもしれないと笑った。妙に五感は現実味があるが、夢でもなければ、ジュリアスが子供なはずがない。

「楽になった……こんな夢は初めてだ」

「本当? 良かった。すごく苦しそうだったよ。かわいそうに……昔は大変だったんだね」

 あどけない顔の輪郭を両手に挟むと、ジュリアスは眼を瞬いて頬を染めた。なかなか見られない初々しい姿に、光希の心は温まった。

「かわいいなぁ。ジュリの子供時代かぁ、へぇー。想像した通り、女の子みたいに綺麗な顔をしている」

 絵に描いたような美少年だ。成長したジュリアス同様、陶人形のように端正な顔立ちをしているが、頬は丸みを帯びていて柔らかい。
 浮かれたようにはしゃぐ光希を仰いで、ジュリアスは青い瞳を煌めかせた。

「綺麗なのは、貴方だ……どうして、私の名前を知ってるのですか? 貴方は、もしかして」

 期待の籠った瞳を見つめ返して、光希は額に唇を落とした。ジュリアスは全身を強張らせた。

「わぁ……」

 眼を見開いて、額を手で押さえている。かわいらしい反応に、光希はにっこりほほえんだ。

「初めまして、僕は光希。未来のジュリの花嫁ロザインだよ」

「あぁ、やはり!」

 感動したようにジュリアスは跳ね起きた。薔薇色の唇を戦慄わななかせ、光希の手を両手に取り、自分の額に押し当てた。

「夢でもいい! 会いにきてくださった……私の、花嫁……コーキ」

 心に染み透るような、魂の叫びだ。内面を烈しく揺さぶられ、彼を守ってあげたいという本能的な気持ちが溢れ出した。
 肩を震わせる幼いジュリアスを、光希はそっと胸の中に抱き寄せた。遠慮がちな腕が、背に回される。宥めるように背を摩りながら、これから起こる長い戦いに思いを馳せた。
 あともう少ししたら、ジュリアスは戦場にいかねばならない。アッサラーム軍を率いて、東の侵略に立ち向かわなければならないのだ。
 二人が出会うまでには、長い茨の道のりがある。
 彼に降りかる苦難を思いながら、金髪を優しく撫でていると、ジュリアスは顔を上げた。
 熱っぽい瞳で、光希を強く見つめてくる。
 子供でも、ジュリアスの本質は変わらない。憧憬、心酔……激しい恋情を、強い視線で訴えてくる。
 応えて良いものか迷っていると、ジュリアスは光希の両肩に手を置いた。喉をこくりと鳴らして、膝を立てる。

「えーと……」

 成人したての――恐らく十三かそこらの少年とキスをするのは、いくら相手が恋人とはいえ、光希は抵抗を覚えた。
 けれど、探るように震える手で触れてくるジュリアスを拒むのは忍びなくて、一度だけなら……と眼を閉じた。
 ゆっくりと唇が重なる。
 触れ合わせるだけの、拙いキス。遠慮がちな触れ方に、新鮮な気持ちを味わった。いつもの癖で口を開きかけたが、幼いジュリアスはその先に進もうとしない。
 顔が離れると、ジュリアスは眼元を染めて熱っぽい瞳で光希を見た。

「……もしかして、口づけは初めて?」

 訊ねると、ジュリアスは恥じ入るように睫毛を震わせた。

「はい」

 成長したジュリアスからは、想像もつかぬ初々しさだ。幼い色香りに眩暈がする。光希は背徳感にも似た高揚感を覚えた。

「もっと、触れても……?」

 慎重に手を伸ばしてくるジュリアスを見て、躊躇う。
 いくら夢だからといって、子供を相手にする行為では……理性の声を聞きながら、夢とはいえ、彼が初めて知るであろう口づけを与えられることに、確かな喜びも感じていた。

「……うん」

 誘惑に負けて顔を寄せると、ジュリアスは震える手で光希の頬に触れた。

「ん……」

 そっと、唇が重なる。
 光希の方からうなじを抱き寄せ、唇を押しつけた。柔らかな感触を楽しみながら、下唇をそっと挟みこむ。ちゅ、と軽く吸いつくと、ジュリアスの身体から淡い光が溢れた。

「平気……?」

「は、はい……」

 顔を離して耳元で囁くと、艶っぽい吐息を漏らした。様子を見ながら、もう一度唇を重ねる。角度を変えて、唇がこすれると、そっと唇が開いた。
 舌を絡めるか迷っていると、ジュリアスの方からする、と伸ばしてきた。遠慮がちに唇の隙間を撫でる。
 迷いを捨てると、そろりと挿し入れられた舌に、光希は優しく舌を絡ませた。
 この先、彼が公宮ここで経験するであろう様々を思いながら、想う――夢でもいい。この一時が、彼の記憶のどこかに残ればいい……
 唇を優しく吸ってから顔を離すと、ジュリアスは唇を手で押さえながら、食い入るように光希を見つめた。
 愛おしい想いが、膨れ上がる。光希は手を伸ばすと、少年の身体を引き寄せて、両腕で抱きしめた。

「未来で待っているから、僕を見つけてね」

 穏やかな抱擁の後、身体を離すと、ジュリアスは強い力で光希の腕を掴んだ。

「いってしまうのですか?」




『幾千夜に捧ぐ恋歌』


prev index next