アッサラーム夜想曲

『幾千夜に捧ぐ恋歌』





 ― 『幾千夜に捧ぐ恋歌・五』 ―




 朗読会を終えた後、光希は本格的に熱を出して寝込んだ。
 完全に、知恵熱である。
 意識は朦朧とし、食欲もなく、嘔吐に苦しむ羽目になった。普段は血色の良い丸顔を蒼白にさせて、寝台の上で苦しげにえづいている。

「光希」

 前のめりで口を押える光希の背を、ジュリアスは心配そうに摩っている。
 手渡された菩提樹の茶ウルフラムを口に含むと、気分はいくらか和らいだ。

「落ち着いた?」

「うん……」

 心配そうに髪を梳く手を、光希は複雑な気持ちで眺めた。傍で看病してくれるのは嬉しいが、治まらない吐き気に不安になる。彼の目の前で粗相をしてしまいそうで、恐かった。

「平気だから、ジュリはもういって」

「こんなに辛そうにしている光希を、置いていけませんよ」

「……」

 重苦しい圧迫感に、呼吸すらままならない。ジュリアスは汗で張りついたシャツのボタンを外し、濡らした柔布で肌を拭ってくれた。

「冷たくありませんか?」

「ううん……気持ちいい……」

 はふはふと喘ぐ光希を見下ろして、ジュリアスは愁眉を下げた。

「かわいそうに。なかなか熱が引きませんね」

「眼を閉じていても、眼が回る……はぁ……」

「シィ」

 辛そうに喋る光希の瞼を掌で覆うと、ジュリアスは熱をもった額に唇を落とした。

「汗かいてるよ……あまり、傍にいない方が……うつるから」

 切れ切れに光希が呟くと、ジュリアスは緩く首を振った。

「そんな心配はしなくていいから。傍にいさせてください」

「でも、ジュリの前で、吐いたら……」

「大丈夫だから。そんな泣きそうな顔をしないで」

 最後までいい終えぬうちに、頬に優しいキスが落ちる。
 慈しみに溢れた口づけに、光希の緊張は和らいだ。恐らく、前後不覚の酷い状態になったとしても、彼は光希に幻滅したりしないだろう。

「ごめん……」

「シィ。謝らなくていいから、楽にして」

 朦朧として眼を醒ます度に、ジュリアスが傍にいた。空が白み始める頃に眼を醒まし、ふと隣を見るとジュリアスと眼が合った。ずっと看病してくれていたのだろうか?

「ジュリ……僕のことはいいから、もういって」

「眼が醒めた? 気分は?」

「……うつるよ」

「平気ですよ。常人より遥かに頑丈ですから。何か、食事を用意させましょうか?」

 首を振ると、ジュリアスは心配そうな顔をした。

「まる二日、食事を取っていませんよ。一口でも、食べれませんか?」

「ん……」

 思い出したように、幽かな空腹感が蘇り、光希は淡く頷いた。
 ほっとしたように微笑んだジュリアスは、背中にクッションを当てて、光希の身体を起こした。ナフィーサに卵粥を用意させると、部屋から下がらせて、手ずから給仕を始める。

「自分で食べるよ」

「遠慮をしないで」

「……なんか、嬉しそうだね」

「そんなことは……いえ、ずっと傍にいられると思うと、少しだけ嬉しいのかもしれません。こんな時でないと、貴方を独占できませんから」

「何いってるの」

「本当ですよ。貴方ときたら、いつも人に囲まれて忙しそうにしているのだから。勤勉にもほどがあります」

 頬をつつかれて、思わず笑みが零れた。

「こんな時くらい、世話をさせてください。ほら、口を開けて」

 口元にスプーンを運ばれる。くすぐったいような、暖かい気持ちがこみあげて、光希は素直に口を開いた。
 優しい味を咀嚼しながら、ふと遠い記憶が脳裏をよぎった。
 昔……日本で暮していた頃、熱を出して寝込むと、母は卵雑炊を作ってくれたものだ。林檎を擦り下ろしたヨーグルトが好きだった。

「もう食べれない?」

 目の前にスプーンがあることを思い出して、光希はもう一口だけ食べた。

「なんか、昔を思い出した」

「昔?」

「うん。アッサラームにくる前のこと……熱を出すと、こんな風に看病してくれたなぁって……」

 遠い眼差しをする光希の髪を、ジュリアスは何もいわずに撫でた。

「ジュリは寝込んだ時、どうしていたの? 誰かが傍にいてくれた?」

「私?」

「うん」

「そうですね……病気とは違いますが、神力を持て余していた頃は、よくうなされていましたよ」

「誰も傍にいなかったの?」

「看護されたところで、どうにもなりませんし……」

「――はっ」

 いい淀んだ言葉の先に気付いて、光希は小さく息を呑んだ。ジュリアスが神力を持て余していた頃といえば、頻繁に公宮へ渡っていた頃だ。
 微妙な表情を浮かべる光希に気付いて、ジュリアスは少し慌てた。力なく垂れた手を両手で包み込み、首を傾げる。光希はにやっと笑うと、その手を上からぺしりと叩いた。

「光希?」

「別に、もうとやかくいわないよ……昔は苦労していたんだね」

 少し喋ったせいか、眼が回る。瞼を閉じると、光希は背もたれのクッションに沈み込んだ。

「もう休んで」

「ん……ごめん、少し寝るね」

 枕を調整されながら、光希は眼を閉じた。ジュリアスはそっと覆いかぶさると、額に優しいキスを落とした。




『幾千夜に捧ぐ恋歌』


prev index next