アッサラーム夜想曲

『幾千夜に捧ぐ恋歌』





 ― 『幾千夜に捧ぐ恋歌・十』 ―




 てしない夜が明ける。
 薄く開いた窓から、風がジャスミンの香りを運んでくる。清涼な空気に包まれながら、光希は優しく揺り起こされた。

「……き……光希?」

 満ちる青。
 視界に飛びこんでくる、神々しいほどに端正な顔。心配そうな顔をしたジュリアスの輪郭を、黎明の星明かりが照らしている。

「ジュリ……」

 端正な顔が下りてきて、眦に口づけられた。濡れた唇の感触に、光希は自分が泣いていることに気がついた。

「辛いですか?」

「平気……」

 不思議と、身体の不調は治っていた。恐らく熱も引いているだろう。

「夢を見ていたんだ」

 心配そうな顔をしているジュリアスを仰いで、光希はぼんやりと答えた。

「夢? どんな?」

「……?」

 想い出そうとしても……の面影は、さざ波のように遠のいていく。ただ、光希を呼びとめる、哀切の声だけが耳に反響こだました。

「哀しい夢?」

「いや」

「青い星を夢に見たの?」

「ううん……」

 優しく涙を吸われて、光希は眼を閉じた。眼裏に、幻燈のような輪郭が浮かび上がる。あれは……

「最初は嬉しかったんだ。でも、置いてきちゃったから」

「誰を?」

 ほんの少しだけ、声に嫉妬を滲ませてジュリアスは訊ねた。
 光希が縋るように手を伸ばすと、ジュリアスは暖かな胸の中に光希を包みこんだ。しなやかで強靭な身体で癒してくれる。

「泣かないでください」

「うん……」

「寂しくなってしまったの?」

 あやすように、髪を撫でられる。美貌を仰ぎながら、夢の欠片をほんの少しだけ思い出した。

「そうだ。小さなジュリに会ったんだ。天使みたいで、女の子みたいにかわいかった」

「私?」

「そう、ジュリ」

「子供の私は、さぞ喜んでいたでしょう」

 幼いジュリアスを思い出して、光希は再び視界を潤ませた。

「泣きそうな顔をしていた」

「私が?」

「引き留められたんだ。でも……」

 夢に引きずられて、少し感傷的になっているようだ。沈んだ顔の光希を見て、ジュリアスは優しいキスの雨を降らせた。

「ジュリ……僕を見つけてくれて、ありがとう」

 甘えるように身体を寄せると、ジュリアスは光希の首の下に腕を潜らせ、隙間なく抱き寄せた。
 そっと仰ぐと、鼻の頭にキスをされる。青い瞳が、柔らかく細められた。

「幾千夜を越えても、必ず見つけてみせます」

 その一言に、雷に打たれたような衝撃が全身に走った。

「――……ッ」

 瞬く間に、眼淵まぶちに涙が盛り上がる。唇を戦慄わななかせる光希を見て、ジュリアスは表情を変えた。

「……光希?」

「ぅ、ふ……っ」

 堪え切れない嗚咽が唇から漏れた。精緻な美貌が涙で霞んでいく。胸が痛い。どうしてこんなにも苦しいのだろう?

「光希、泣かないでください」

「うん……」

「夢の中で、寂し思いをしないように、抱いていてあげる。今度は同じ夢を見ましょう」

 零れ落ちる涙を、唇で優しく吸われた。あの時は離した手で、ジュリアスにしがみついた。

「……いいね、そうしよう」

 小さく笑うと、光希は静かに眼を閉じた。
 優しい眠りに誘われていく。暖かな体温に包まれながら、記憶の彼方へ遠ざかっていく、幼いジュリアスを想う。
 ありがとう――ちゃんと見つけてくれた。ねがった通り、また逢えた。これからは、ずっと……

 優しいキスを額に感じながら、光希は穏やかにほほえんだ。



『幾千夜に捧ぐ恋歌』


prev index next