アッサラーム夜想曲

『響き渡る、鉄の調和』





 ― 『響き渡る、鉄の調和・八』 ―




 坑内の爆発事故により、第一から第五までの坑口は一時閉鎖された。
 現場はまだ騒然としている。
 収入を得られない炭鉱夫達は、組合に補助を訴えた。事故が起きた第一坑道の監督不届きとして、働けない間の賃金保障を申し出たのだ。
 だが、組合は責任の押しつけ合いに忙しく、現場の復旧に遅れが出る始末だ。
 鉱山は不穏な空気に包まれているが、光希の活躍を見ていた炭鉱夫達は、感謝を述べた。

「どうせ坑道にも入れやしないし、一杯やりにいこうぜ。今夜は俺のおごりで痛飲だ」

 気風きっぷのいいダンカンの申し出に、仲間は盛り上がった。
 期限が迫る中、鉱山の採取が捗らず、内心ではやきもきしていた光希も、彼等の好意を無下にするのは偲びなく誘いに応じた。

「事故は組合が保安を怠けたせいだ。塵の除去を何年もやっていないことなんざ、俺達はとっくに指摘していたんだ」

 ダンカンがぼやくと、他の男達も悔しそうに頷いた。

「どうせ閉口するからってあいつら聞きやしねぇ。鉱山管理だなんて、椅子で踏ん反りかえってる奴に何が判るってんだよ」

「全くだぜ。グレアムはあいつらの怠慢で死んだようなもんだ……」

 グレアムは、今回の事故で命を落とした第一坑口の炭鉱夫だ。

「グレアムに」

 一人が杯を掲げると、全員が手を抱げた。
 しばし厳かな空気が流れ出す。しんみりとした気持ちで、光希も杯を傾けた。
 残された猶予は、あと十日ほどだろうか。そろそろ移動準備を始めないと、ジュリアスと約束した期限内にアッサラームへ戻れなくなる。

「はぁ……」

 憂鬱なため息をつくと、傍で見ていたガンタンは気の毒そうな顔をした。

「あんたらも、とんだ視察になっちまったな。この分じゃ、坑道はしばらく入れないぜ。こっちは、軍がいてくれて助かったけどよ」

 肩を叩かれて、光希は力なく笑った。

「僕の滞在日数は限られているけれど、この後も軍の支援は続けられますから。早く復旧できるよう、必ず尽力してくれますよ」

「坊主とも、もうすぐお別れかぁ」

 しみじみとガンタンは呟くと、よし、と手を鳴らした。

「今夜はいい思いをさせてやるからな!」

「え?」

 眼を白黒させる光希の頭をぐしゃりと撫でると、ダンカンは女将に何やら耳打ちして、光希を振り向くなり親指を立てた。

「……碌な予感がしないな」

 横で見ていたアルスランは、不穏な空気を読み取り胡乱げに呟いた。
 間もなく、男達の歓呼に迎えられて、派手な女達が店にやってきた。

「災難だったわねぇ、ダンカン」

 親しげに髭面を撫でる妙齢の女は、ダンカンの馴染のようだ。

「全くだぜ。今夜は俺のおごりだ。こいつらに元気を分けてやってくれよ」

 女は話題のアッサラーム軍の将兵を見て、灰青の眼を煌めかせた。

「いい男ねぇ。早く紹介してくれたら良かったのに」

「悪ぃな。こちとら、野暮用が続いてよ。坊主達は、もうすぐアッサラームに帰っちまうんだ。いい思い出を作ってやってくれよ」

「えっ」

「あら、もう帰ってしまうの?」

 寂しそうにいわれて、光希は姿勢を正しながら頷いた。

「そっちのお兄さんも帰ってしまうの?」

 艶めいた流し眼を、アルスランは無表情で躱した。席を立つと、物いいたげに光希を見下ろす。帰るぞ、と無言の圧を受けて、光希は苦笑いを浮かべた。

「いいわ。いい思いさせてあげる」

 ふふふ、と愉しげな笑みを浮かべた女は、数人の女に耳打ちをして、光希の傍へ侍った。それをアルスランが阻むと、魔の手は彼にも伸びる。手荒に振る舞えず、苦虫を潰した顔でアルスランは光希の腕を引いた。

「もう帰るぞ」

「そ、そうですね」

 逃げるように光希が席をたつと、ふと、無表情でいたローゼンアージュは、ぱっと入り口に視線を向けた。
 戸口に立つすらりとした長身を見て、光希は息を呑んだ。ここにいるはずのない人物がいる。
 はっとしたアルスランが踵を揃えて敬礼を取ると、ジュリアスはその先の言葉を制するように、手を上げた。

「お邪魔してすみません、部下を迎えにきました」

「ごほッ」

 盛大に咽る光希の背を、傍にいた女が摩ってくれる。
 銀髪姿のジュリアスは、光希を見てほほえんだ。見惚れるほど美しい笑みだが、眼は少しも笑っていない。

 どういうことです?

 空耳が聞こえる。大量の冷や汗を吹き出しながら、お疲れさまです……と光希は死にそうな声を絞り出した。

「えれぇ男前な軍人さんだなぁ……ありゃ、坊主のお迎えか? おめぇ、本当に下っ端なのかよ?」

「あはは……」

 歯抜けのジリーはぽかんとした顔で、ジュリアスと光希を見比べた。
 乾いた笑みを浮かべながら、光希はジュリアスの傍へ寄った。優しく肩を抱かれたが、なぜか捕縛された気がした。

「明日、正式に挨拶に参ります。今夜はこれで」

 踵を返すジュリアスの背に、アルスランは声をかけたが、ジュリアスは視線で黙らせた。

「先ずは光希から話を聞きます――お前達はその後だ」

 低めた声に、アルスランは強張った顔で頷いている。サイードからは、なぜか同情するような視線を送られた。
 道中声をかけても、ジュリアスは素っ気ない相槌しか打たなかった。これは相当怒っている。冷たい横顔を仰いで、光希は不安を募らせた。
 部屋につくなり、ジュリアスはやや乱暴に光希の肩を突き放した。

「――あんな場所で、何をしていたんですか?」

「事故のことは聞いているよね? 気落ちした皆を励まそうと、ダンカンが誘ってくれたんだよ」

「娼婦を侍らせておいて?」

「いや、疾しいことは何も」

「私が割って入らねば、あのまま夜を共にしていたのではありませんか?」

「まさか! 違うって!」

「どうでしょうね」

「もう帰ろうとしていたところだよ。それより、ジュリはどうして」

「私がきては、都合が悪いですか?」

「そんなことない。驚いたけど、きてくれて助かったよ」

 いかにも憂鬱そうに、ジュリアスはため息をついた。

「軽くいってくれる」

「あの……」

「炭鉱事故を知って、私がどんな想いでここへ駆けつけたと思いますか?」

「う……ごめん。心配かけたよね」

「坑道には入らない約束でしたよね?」

「そう、なんだけど、緊急事態で」

「なぜ約束を破ったのです?」

「事故が視えたんだ。アルスランが危ないと思って――」

「危険を冒すなッ!」

 強い口調で叱られて、光希は口を閉ざした。
 怯んだ様子を見て、ジュリアスは視線を一度逸らすと、やや和らげて戻す。光希の両肩に手を置くと、強く抱きしめた。

「心配しましたよ。本当に」

「ごめんなさい……」

「人の気も知らずに、こんな甘い匂いをさせて」

 不穏な空気を感じて、光希はなんとなくジュリアスの胸に手をついた。酒場にいたので、匂いが染みついているのかもしれない。遠ざかろうとする腕を、ジュリアスはきつく掴んだ。強い眼差しを受け留めきれず、顔は下を向く。

「光希」

「……っ」

 恐る恐る顔をあげると、強い眼差しに射抜かれた。青い双眸に光彩が灯っている。ぐっと間合を詰められて、両肩を掴まれた。




『響き渡る、鉄の調和』


prev index next