アッサラーム夜想曲

『響き渡る、鉄の調和』





 ― 『響き渡る、鉄の調和・六』 ―




 町は、夕暮の喧噪に包まれている。
 想像した通り、光希達一行はそこら中から視線を集めた。
 軍服を脱いでいても、彼等の雰囲気は垢抜けている。中でも、帯剣した見目麗しい青年士官達――アルスランやローゼンアージュは特に視線を集めた。色めき立つのは女ばかりではない、秋波を送る男も中にはいる。
 注目を浴びる彼等に挟まれて、光希はなんとなく背を丸めて道を進んだ。
 店は繁盛していた。
 組合の象徴である、四つの三角形を意匠された帽子を被った男達は、日中の労働を麦酒で癒していた。
 その傍らに、胸元の開いた服を着たはすっ葉な女達が侍っている。幾筋かほつれた髪を垂らし、しなをつくる姿は退廃的で艶めかしい。
 こういった方面で免疫のない光希は、どきまぎしながらその光景を視界に納めた。

「……殿下、本当にいくのですか?」

「う、うん」

 確認をとるアルスランに、光希も少々たじろぎながら答えた。わはは、とサイードが愉しげに哄笑こうしょうする。

「別にいいだろ。ちっとくらい羽目を外したって。なぁ?」

「俺はシャイターンにどう報告すればいいんだ……」

「まぁ、上手くいってくれ」

 無責任にサイードがいい放つと、こめかみを押さえながらアルスランは息を吐いた。
 中へ入ると、光希達に気がついた炭鉱夫達が、よぉ、と気軽に手を上げた。席へつくなり、波と注がれた杯を渡される。

「乾杯だ!」

 男達が杯を突き合わせる。光希も煽ると、隣に座る男が気を利かして葉煙草を渡してきた。何もいわずに、アルスランはその手を制した。

「え、駄目なのかい? 成人はしているんだろう?」

「あ、はい」

 興味を引かれて煙草を受け取る光希を、アルスランは針のように眼を細めて睨んだ。あまり刺激しては、彼の堪忍袋の緒が切れそうだ。

「せっかくですが、また今度」

 控えめに光希が断ると、男は愉快そうな笑みを浮かべた。

「坊やには、ちぃっと早かったかな?」

「く……っ」

 悔しげに呟く光希の頭を、ダンカンはぐしゃぐしゃとかき乱した。なかなか剛胆な男は、ローゼンアージュとアルスランに睨まれても平気なようだ。

「本当に、そんなに小さいのに、よく炭鉱へきたなぁ。仕事は順調なのか?」

「おかげさまで、捗っています」

 向かいに座るアルシャッドと視線を交わし、光希はダンカンに笑いかけた。
 質のいい鉄はすぐに精錬所に運ばれて、工房へと運ばれる。おかげで殆ど待ち時間もなく、義手制作の実験に取り組めている。
 恵まれた環境のおかげで、研究は最終段階に差し掛かっていた。
 神経の伝播でんぱ劣化という重要課題にも解決の目途が立ち、あとは細かな調整の繰り返しだ。
 ほくほくとした笑みを浮かべる光希を見て、ダンカンはニヤッと笑った。

「よしよし。頑張ってる坊主に、いっちょ女を紹介してやろうか?」

 光希は慌てて首を振った。

「僕、恋人がいますから」

「へぇ!?」

 男は眼を丸くしたかと思えば、光希の二の腕を掴み、ふにふにと揉み始めた。光希はローゼンアージュに目配せをしなければならなかった。こんなところで殺意を滲ませてはいけない。

「嘘だろ? やらけーなぁ、坊主。こんなナリで、ちゃんと女抱けんのか?」

「あはは……」

 弱り切った顔で、光希は言葉を濁した。意味不明に、男は頬を突いてくる。
 眼を細めたローゼンアージュは、真顔で男の頬を指で突いた。つんつん、などのかわいらしいものではない。

「うぉっ!?」

 どすっ。指が刺さりかねない衝撃に、男は鈍い声をあげるて頬を押えた。顔を歪めて痛がっている。

「す、すみません! 大丈夫ですか!?」

「お、おぅ。もしかして、テオの恋人って……」

「違いますよ」

 即答する光希の横で、ローゼンアージュは例の指南書を開き、顔を上げた。

「僕はで……テオの下僕です」
「同僚です」

 きりっとした表情で告げる青年の言葉を、光希は慌てて上書きした。

「下僕……」

 ダンカンは間の抜けた顔で、二人の顔を交互に見比べている。

「アージュ、その指南書ちょっと見せてくれる?」

 果たして、何が書かれているのか。
 外野は楽しそうだが、光希は不安になった。しかし、取り上げようと手を伸ばせば、ひょいと躱される。
 子供じみた攻防がおかしかったのか、ダンカンは愉快そうに破顔した。
 会話の合間、手水に席を立とうとすると、護衛にローゼンアージュだけではなく、アルスランまで席を立った。

「大丈夫……」

 同行を断りかけたが、無言の圧力に屈した。されるがまま、覆面を直される。男達の物言いたげな視線に見送られて、光希は廊下へ出た。
 場末の酒場で、彼等の過保護ぶりは目立って仕方がない。
 部屋に戻る途中、廊下ですれ違った男は、光希に気付いて嫌な笑みを浮かべた。酒精の匂いを漂わせて、覆面の中を覗き込もうとしてくる。

「寄るな」

 アルスランは低い声で命じると、男を遠ざけた。

「軍の美丈夫を侍らせて、いったい、どんなお姫様なんだ? ちょっと声を聞かせてくれよ」

 狼狽える光希を背に庇い、アルスランは剣呑な眼で相手を見た。

「おぉ、恐い。そう睨むなよ」

 赤ら顔の男は両手を上げて、降参とでもいいたげに去っていく。困ったことに、からかう者は後を絶たなかった。
 席についた光希の顔色を見て、ダンカンはからかうでもなく、真面目に訊ねてきた。

「随分、大事にされてんだなぁ。本当は、どっかいいところのお坊ちゃんなのか?」

「違いますよ」

「じゃあ、なんだっていつもいつも、お姫様みたいに護衛されてるんだよ?」

「危なっかしくて、眼が離せないだけだ」

 真顔でアルスランがいうと、ダンカンは口笛を吹いた。唖然とする光希を見て、閃いたように指を鳴らす。

「そうか、あんたがテオの恋人か!」

「違います!」

「……眼を離さないよう、恋人によく頼まれているのでな」

「ほぉ! で、誰なんだ?」

「誰でもいいじゃありませんか」

 話題を逸らそうと試みたが、ダンカンは粘った。周囲の男達も悪ノリをしてくる。

「気になるなぁ。毛も生えていなさそうな坊やに見えるのに」

「坊やって、僕を何歳だと思っているんですか」

「ふにふにだし……うぎゃぁッ!!」

 二の腕を揉んでいた男は、ローゼンアージュに腕を捻られて、悲鳴を上げた。捻った本人は顔色一つ変えずに指南書に眼を落とすと、きりっと顔を上げる。

「この方に、みだりに触れてはいけません。無礼は許しませんよ」

「ねぇ、何が書いてあるの!?」

 慌てたせいで、声が裏返った。ぎゃはは、と愉快げな哄笑が部屋に満ちる――

「臭ぇと思ったら、閉口組がいらっしゃるッ!」

 突然の罵声に、全員が入り口を見た。第四坑道の炭鉱夫達が、小馬鹿にしたような眼でこちらを見ていた。

「ちっ、酒が不味くならぁ。場所変えるか?」

 一人がいうと、他の者もまばらに頷いた。緊張する光希の傍らで、表情を引き締めたローゼンアージュとアルスランが乱入者達を睨んでいる。
 一触即発の雰囲気に、女達はそそくさと席を立った。
 第四坑道の男達は、ずかずかと店に入ってくると、ダンカンの前で昂然と腕を組んだ。

「とっとと、出ていけよ」

「絡むんじゃねぇよ。席は空いてるだろ? あっちで、大人しく飲んでろや」

 くぃと部屋の奥を指すと、ダンカンは鼻で笑った。対峙する男は、唇を歪めて嗤った。不味いな、と光希が思った次の瞬間には、男は問答無用で拳を振りかざした。

「危ないッ!」

 殴られる――そう思ったが、ダンカンは酔っ払いとは思えぬ俊敏な動きで躱した。身をかがめて、回転を聞かせた裏拳を腹に叩き込む。

「ぐぅっ」

 唸ったのは、喧嘩を吹っかけてきた男だ。よろめいた男を、そいつの味方が支え、射殺しそうな眼でダンカン達を睨んだ。

「やりやがったな」

 あっという間に、酒場は喧嘩場と化した。取っ組み合いの喧嘩に、酔っ払い達が面白がって野次を飛ばしている。

「殿下、こちらへ」

 ローゼンアージュに腕を引かれて、光希は大人しく席を立った。もう、飲んでいる場合ではない。
 入り口に向かう途中、頭に血の上った男達が襲いかかってきた。殴る相手は、誰でもいいようだ。
 鋭い眼をした男が、脇をしめて拳を固めた姿勢で走り込んでくる。ローゼンアージュはそいつの脚を払い、巨体を宙に浮かすと、廻し蹴りを打ち込んだ。
 もはや彼の身体に染みついた経験が、的確に彼の身体を動かしているのだ。
 鈍い音に、光希は顔をしかめた。巨体が頽れると、周囲の鉱山夫達は更に血気ばんだ。

「民間に手ぇ出しやがって! 構わねぇ、やっちまえ!」

「お高くとまりやがって、軍のお偉いさまがなんだって鉱山にやってきたんだ! とっとと出ていきやがれッ!」

 騒然となった店内で、アッサラームの兵士達は冷静だった。少なからず酒を飲んでいたはずなのに、平然と処理していく。

「おいおい、絡んできたのはどっちだ? ほどほどにしておけ」

 壮年の兵士が、呆れたように応えた。

「……止められない?」

 戸口から室内を振り返り、光希はサイード達に尋ねた。巨躯の男達に暴れられて、店はさぞ大迷惑だろう。

「店の被害は弁償しましょう。今水を差すと、余計な恨みを買いますよ。ああやって、憂さ晴らしをしているのでしょうから」

 サイードは肩をすくめてみせた。

「そうかぁ……」

 確かに、気色ばんだ連中の中には、面白がっている者もいるようだ。妙に活き活きとして見える。
 彼等が大きな怪我を負わぬことを祈りながら、さり気なく護衛に周囲を固められて、光希は帰路についた。
 宿舎に戻ると、真っ先に湯を浴びた。酒精の匂いを落として、ようやく一息つく。
 龍涎香りゅうぜんこうの焚かれた室内は、品よく整えられており、窓辺には蒼とした藺草いぐさが生けてあった。仰向けに寝台に転がり、瞳を閉じる。
 疲労で茫漠ぼうばくとした思考に、今さっきの賑やかな喧噪が蘇り、ふと愉快な気持ちがこみあげた。

「ふ……」

 騒がしい一夜であったが、楽しかった。
 ここでは、身分の壁なく彼等と接していられる。
 静かな部屋に一人でいると、心は凪いで、次第に遠くへと彷徨い始めた。
 今頃、ジュリアスはどうしているだろう……任務は順調にいっているのだろうか。

(無事でいますように)

 心の中で、恋人の無事を願う。のんびり天上で寛ぐシャイターンが、判ってるよ、と応えてくれた気がした。




『響き渡る、鉄の調和』


prev index next