アッサラーム夜想曲

『響き渡る、鉄の調和』





 ― 『響き渡る、鉄の調和・五』 ―




 六日後。
 昼休を告げる鐘の音に、光希は手を休めた。工房に詰めている隊員達も、顔を上げて肩を解している。
 街の中心には、唯一の大きな寺院があり、遥かな鐘楼は人々に時間を告げるのだ。
 光希達も、昼は炭鉱夫達に混じって給食所で取っている。
 休憩の暇つぶしに盤遊戯に興じる者が多く、光希はその遊びに強かった。計らずとも彼等と交流が進み、煤汚れた作業着姿の光希を、誰もシャイターンの花嫁ロザインとは疑わず、親しげに声をかけられるようになるのにそう時間はかからなかった。
 アルスランはいい顔をしなかったが、豪放磊落ごうほうらいらくながら社交に長けるサイードが何かと傍にいるので、あまり煩くはいわない。

「テオ! 調子はどうだ?」

「こんにちは、ダンカンさん。あれ、額から血が……」

 ここではテオの名で通している光希は、巨躯の男の額に滲んだ血を見て、眼を瞠った。

「どうってことねぇよ。かすり傷だ」

「手当をしましょうよ」

 手を振るダンカンを無視して、光希は手際よく背負っていた麻袋から、救急道具を取り出した。
 炭鉱現場は、常に危険が伴う。
 富をもたらす産業でありながら、坑内作業を中心とする鉱山では、他産業に比べ作業環境の悪さが何かと眼についた。
 過酷な労働において、不十分な保安を見ていると、坑内でいつ事故が起きてもおかしくない不安に駆られてしまう。

「……おめぇ、とろそうに見えるけど、手際いいよな。軍で働くより、鉱山技師の方が向いているんじゃねぇか?」

「はは……」

 国門で壮絶な救援活動に従事していた光希は、本人も知らぬ間に救急処置、看護に非常に通じていた。
 覆面のうちで快活に笑う光希を、アルスランは不服そうに見ている。下っ端兵士で通している光希が、小間使いの少年のように思われることが彼は気に食わないのだ。

「ありがとよ。よし、一局付き合え」

「はい!」

 使い古した盤を取り出すと、ダンカンは駒を並べ始めた。光希も笑顔で応じる。ぱちぱち、と駒を置く二人を、暇潰しに眺める男達が囲んだ。

「ほー……なるほど、そうきたか。テオは強いなぁ」

「いえいえ」

 一局を終えるのに、大体半刻といったところだ。
 今回も光希の勝利で決着がつき、ダンカンは感心したように唸った。謙遜しつつ、嬉しげに光希は応える。今のところ、負けなしである。

「いつまでいるんだ?」

「えーと、あと二月ほど」

「テオが帰るまでに、絶対勝ってやる!」

 煤に汚れた顔で、白い歯を覗かせてダンカンは哄笑した。

「お前達、いつまで休憩している!」

 突然に飛来した罵声に、光希は肩を撥ねさせた。声のした方を振り向くと、がっしりした額の、無精髭を生やした男が仁王立ちで立っていた。
 彼の名はベルゼ。現在の第一坑道長だ。
 元は第一坑道副長であったが、閉口争議の処分と称して、一月前に組合はダンカンを降格し、副長のベルゼを坑道長に据えたのだ。

「ち、うるせぇのがきやがった」

 ぼやいたのは、歯抜けのジリーだ。他の連中も、不満そうな顔をしている。気難しく、横柄な態度のベルゼは、第一坑道の鉱山夫達から嫌われていた。

「しゃあねぇな」

 そういって肩をすくめると、ダンカンは駒を片付けて席を立った。光希も慌てて席を立つ。ベルゼと眼が合い、小さく会釈をすると、小馬鹿にしたように睥睨された。

「そこの軍人さんも、こんな所で油を売っていちゃ、見咎められますよ」

 嫌味な口調に、光希は覆面の内で苦笑いを浮かべた。
 ダンカン達と交流を持つ光希は、ベルゼに煙たがられている。軍人らしくない、ぽっちゃりとした体型も、彼には嘲笑の対象であるらしい。
 そんな横柄な態度の男も、ローゼンアージュに冷たい視線を向けられると、怯んだように表情を強張らせた。苦々しい表情に変えて、踵を返して去っていく。

「ま、気にすんな。機嫌がいいことなんてない、じーさまだからよ」

 ダンカンに肩を叩かれて、光希は小さく眼で笑った。
 炭鉱に戻っていく彼等と笑顔で別れると、光希も工房へと引き返していった。
 終鐘が鳴るまで工房で過ごし、肩を解しながら宿舎へ戻る道すがら、坑口から出てきたダンカン達に遭遇した。

「おぅ、風呂に行くのか?」

 鉱山連中と歩いているダンカンに呼び止められた。光希が手を上げると、ダンカンも手を上げて応える。

「ダンカンさん。お疲れ様です」

「一緒にいこうや! 明日は休みだ。汗流した後、皆で一杯やりにいくんだ。テオもこいよ」

 光希が戸惑った顔をすると、傍にいた炭鉱夫達は苦笑いを浮かべた。

「テオだって軍の人間だ、俺等と一緒にすんじゃねぇよ」

 気遣いの滲んだ言葉ではあったが、光希は線引きを感じて慌てた。大衆浴場は無理としても、飲みにはいきたい。

「後からいきます! 店を教えてください」

「おい」

 隣から、呆れを含んだアルスランの声が聞こえたが、光希は無視した。

「誘ってくれたのに、断るのは……」

 約束を交わして別れた後、そろりと長身を仰ぐと、アルスランは仕方さなそうに溜息をついた。
 お許しを得て、光希は表情を明るくした。部屋に戻り、身綺麗にしてから扉を開けると、背を向けていたローゼンアージュが振り向いた。

「お待たせ」

 寡黙な青年は、目礼すると光希の後ろに付き従う。計らったように、アルスランとサイードもやってきた。
 全員、隊服は脱いでおり軽装ではあるが、腰に紋章の入ったサーベルを履いている。光希はいつも通り麻袋を背負って、踵の潰れた靴を引っかけていた。

「……その恰好で? せめて軍靴ぐんかを履いてください」

「駄目? 一応、外行き用に買ったんだよ。すごく履きやすいんだ、これ」

 アルスランに指摘されて、光希は足元に視線を落とした。鉱山町で入手した、ここでは一般的な日用靴だ。
 例の指南書を開きながら、ローゼンアージュは光希の私室に入ると、編上げの軍靴を手に戻ってきた。光希の前で跪き、上目遣いに訴えてくる。

「はい……」

 無言の圧力に屈し、光希は大人しく履きかえた。




『響き渡る、鉄の調和』


prev index next