アッサラーム夜想曲

『響き渡る、鉄の調和』





 ― 『響き渡る、鉄の調和・四』 ―




 ――期号アム・ダムール四五五年一二月一〇日。

 夜も明けきらぬ、黎明。
 天空に瞬く星は、すでに消えている。空気は冷たいが、雲一つない晴天だ。
 隊伍をなす飛竜隊の前に立ち、ジュリアスは厳しい眼差しを一同に向けた。準備が整ったことを確認すると、アルスランとサイードを傍へ呼んだ。

「心して花嫁ロザインを守るように。傷一つつけてはなりません」

「御意」

 二人が敬礼で応える様子を、光希はジュリアスの隣で緊張気味に見ていた。いよいよ鉱山に向けて、出発するのだ。

「光希も、くれぐれも無茶はしないように」

「はい」

「アッサラームに比べて、鉱山町は治安が悪い。一兵士に扮しているとはいえ、一人で出歩いてはいけませんよ。常にアージュと行動を共にしてください」

「判っています」

「貴方に何かあれば、全隊の連帯責任とします。心してください」

「はい」

 真剣な表情で光希が頷くと、ジュリアスは気遣わしげに抱き寄せた。強い腕の力から、案じる気持ちが伝わってくる。胸がいっぱいになり、光希も強くしがみついた。

「ジュリも気をつけてね。僕より、ずっと危険なんだから」

 見送りにはいけない、恋人の身を光希も案じる。

「はい。必ず……」

 この後、ジュリアスは少数を率いてザインへ赴く。そこで開かれる工匠の会合に潜り込み、裏取引を押さえるのが目的だ。
 本来は他者に任せる予定でいた任務を、彼が自ら指揮を執るのは、光希達の研究の弊害を取り除く為なのだ。
 互いに別れを惜しみながら身体を離すと、想いのこもった視線を交わした。
 迷いを断ち切るように、光希は頬を引き締め、背を向けた。ローゼンアージュの手を借りて、彼と共に飛竜の背に乗る。
 高くなった目線から、最後にもう一度、地上に立つジュリアスを見下ろした。こうして彼に見送られるのは、初めてのことかもしれない。

 どうか、無事で。

 声なき祈りを心に唱える。一抹の寂しさを覚えながら、光希は気持ちを引き締めた。

「飛翔!」

 アルスランの号令が蒼天に響き渡った。
 隻腕でも、彼の飛行に問題は無い。堂に入った操縦で、見事に飛翔してみせる。
 順調に上昇気流に乗ると、飛竜隊は一糸乱れぬ雁行陣がんこうじんを展開した。
 このまま真っ直ぐに南下を続けて、予定通りに運べば、十日後には西に舵を取る。ややもすれば、目的地たる鉱山町に到着するだろう。
 ココロ・アセロ鉱山は、西における最古最大の大国、アッサラームから遥か南西に位置する。
 四方を砂に囲まれた巨大な山脈の頂上は雪化粧で覆われ、勾配こうばいの緩やかな野裾になるにつれて赤磐あかいわに転じる。天辺は大体いつも雲がかかり、その全貌は稀にしかお眼にかかれない。
 豊かな鉱物の取れる山の麓には、隊商キャラバンや鉱山夫の憩う小さな町があり、周辺およそ一〇〇キロメートル圏内には、それ以外の町は見当たらない。
 町から持ち運びされる鉱石を狙った盗賊が横行しており、ココロ・アセロ鉱山への道のりは治安が悪かった。
 その為、移動は空路を取ることが多い。光希達も、全軍、飛竜に乗っての高速大移動である。

 十日後。
 砂丘の彼方に、霊峰が姿を現した。
 天高く聳える頂は雲に隠れ、その全貌を拝むことはできない。麓には鉱山町が切り開かれていた。
 現役稼働する鉱山を生まれて初めて目の当たりにした光希は、つい飛竜の背から身を乗りだして地上を眺めた。

「殿下」

 手綱を操るローゼンアージュは、控えめに光希の肩を引き寄せた。視線で詫びると、姿勢を正す。
 間もなく着陸すると、忘れかけていた地上の熱気に包まれた。強烈な陽射しが、真上から照りつけてくる。
 隊伍を整える間、光希は天幕の影で休んでいた。日向にいると汗が噴き出すが、日陰に入ってしまえば涼しい風が吹く。アッサラーム同様に、乾いた空気が気持ち良い。
 ふと隣を見ると、ローゼンアージュは真剣な顔で指南書に眼を通していた。何やら付箋が増えている……

「気楽にしていいからね」

 声をかけると、彼は何を思ったのか急に立ちあがり、荷箱の中から真鍮の壺を取り出した。
 給仕に使う茶器だ。ナフィーサに仕込まれたのか、ローゼンアージュはなかなか手慣れた手つきで給仕を始めた。檸檬を浮かべた杯を受け取り、光希は微笑んだ。

「ありがとう。喉が渇いていたんだ」

「いえ。気付くのが遅くてすみません」

「そんなことないよ。アージュがいてくれて心強いよ」

 気を張っていたらしい青年は、その言葉にほんの少しだけ表情を緩めた。
 一息つくと、光希は彼の手を借りて身支度を整えた。肌に褐色粉を塗り、隊帽と覆面で顔を隠す。正面からは眼しか見えない、いささか怪しげな恰好ではあるが、鉱山町の空気は悪く、覆面を常用している者は少なくなかった。
 全隊の準備が整うと、いよいよ光希達は現場へ向かった。
 鉱山視察は、クロガネ隊の任務と公表し、最高責任者はアルスラン、工房の現場監督はサイードが務める。光希は身分を隠して、クロガネ隊の一兵士として、現場に同行する手筈になっていた。
 開拓時代の名残を留める鉱山町は、迷路のような煉瓦の路地が入り組んでおり、雑多ながらも洗練されたアッサラーム市街とは、一味違う猥雑わいざつさであった。
 喧噪飛び交う店の軒先のきさきには、山と積まれた古着や頑丈な革靴、大小様々なつるはしがところ狭しと並べられている。日用品の他にも、都会でも手に入りにくい高級品なども並び、なかなかの盛況ぶりだ。
 東西大戦を決勝に導いたアッサラーム軍は、ここでも大半の人間に歓迎されたが、中には余所者を見る眼を向ける者もいた。
 話に聞いていた通り、治安は良くないようだ。
 道端に身体を壊して働けなくなった浮浪者がうずくまり、身寄りのない子供達が、獲物を見るような眼つきで一行を検分している。
 鉱山は大小合わせて一〇〇を越える坑道が敷設されており、特に主要な坑口は第一から第七とされている。
 全ての坑口に通じる麓の拠点には、選鉱場、精錬所、水汲み場、給食所といった採鉱関連の建物の他に、病院、隊商宿キャラバン・サライ沐浴場ハマムまで備えた複合施設がある。
 今回の視察の為に、ジュリアスの命で、施設内には工房と軍の宿舎が建てられていた。
 やってきた光希達を見て、遠巻きにしている炭鉱夫達は、脱帽して頭を下げた。
 閉口予定の第一坑に従事する労働者達だ。軍の視察の為に、廃坑は一時保留となり、ひとまず稼働が続くことを、彼等は喜んでいた。

「一通り道具は揃えてあります。他に足りないものがあれば、町で調達しましょう。治安は悪いが、物は揃ってますよ」

 サイードに案内された石造りの工房を眺めて、光希は満足そうに頷いた。質素だが堅牢だ。これなら、十分研究に集中できる。

「ありがとうございます。早速、準備しますね」

 サイードとアルスランが鉱山組合と会談している間、光希はアルシャッドと共に工房で荷解きにとりかかった。
 棕櫚しゅろの作業机には、鉱山で採れた鉱石が名札と共に並べられている。一つを手に取り、光希は眼を閉じた。身の内に、不思議な静けさが満ちていく。

「……うん。できそう」

 瞳を開くと共に、小さく呟いた。
 ここでなら、義手の新たなる可能性を見出せそうな予感がする。
 隣に立つアルシャッドを見ると、彼も丸眼鏡の奥から、自信に満ちた瞳で見返してきた。

「頑張りましょうね」

「はい!」

 この世界には、理屈では説明のつかない超常が起こる。
 くろがねは大地に根づく神力を宿し、巨岩を砕き、荒々しい剣戟けんげきに耐え抜く。剣を持つ主の意志に沿うように、柔軟にしなり、脅威に打ち克つのだ。ならば義手とて同じこと。

 陽は沈み、町に明かりが灯る。
 鉱山から立ち昇る煙は、麓に降りてくる。
 埃にまみれた町は夕暮でも空気が悪く、汗ばんだ肌に炭塵が張りつき、誰も彼もが黒ずんで見えた。

「部屋で湯を浴びれますよ」

 そう言って、サイードは趣ある真鍮の鍵を光希に手渡した。
 佐官以上は一人部屋で、中に浴室がついているのだが、サイードは広い大衆浴場の方が好きらしい。
 人前で肌を晒せぬ光希は、当然個室へ戻った。
 艶めいたかしの扉を開くと、瀟洒しょうしゃな内装に眼を瞠った。簡素な部屋を想像していたが、急設したとは思えぬ行き届いた部屋だ。
 白塗りの壁と柱。床には絹織の高級絨緞が敷かれ、円蓋のついた寝台の傍には、夜空を描いた色硝子の照明が置かれている。壁には、万華鏡のような意匠の青磁のタイルが張られ、豊かな色彩の絵画が飾られていた。

「いつの間に……」

 しみじみと呟きながら、石膏せっこう彫刻の文机の傍へ寄ると、薔薇の花束に、ジュリアスの直筆が添えられていた。

“いつでも貴方の傍に”

 どこにいても、ジュリアスは光希を気にかけてくれる。綴られた文字に胸を暖かくさせながら、光希は瞳を閉じた。




『響き渡る、鉄の調和』


prev index next