アッサラーム夜想曲

『響き渡る、鉄の調和』





 ― 『響き渡る、鉄の調和・三』 ―




 鉱山組合からもたらされた一部閉口の知らせを、アルサーガ宮殿の上層部は劈頭へきとうから疑っていた。
 ココロ・アセロ鉱山は、西大陸の中でも巨利を産む鉱山の一つで、利権を握る当局者が暗殺される血生臭い事件が、過去に何度か起きている。
 そういった経緯いきさつから、今回も幅を利かせている第一坑口の派閥を邪魔に思う、他の派閥の仕業ではないかと睨んでいたのだ。
 当初、諜報を命じられていたジュリアスは、他の人間に指揮を任せるつもりでいた。自分は東の遠征に従事しようとしていたが、光希が鉱山に強い関心を示したことにより、優先順位を改めた。
 東をアーヒムに託し、自らは南西の鉱山に注力する。
 報告を受けたアースレイヤは、人払いをした執務室にジュリアスを呼んだ。

「正直、驚きましたよ。貴方は東に発つものだとばかり思っていましたから」

「暫くアッサラームを空けますが、ナディアもヤシュムもいますし、問題はないでしょう」

 そういう心配はしていない、と言わんばかりにアースレイヤは肩をすくめた。

「鉱山利権の整備など、面倒なだけですよ……まぁ、貴方が花嫁ロザインの為に苦労を買って出たいというのなら、止めはしませんけど」

「はい」

 間髪入れずに言い切るジュリアスを見て、アースレイヤは眼を細めた。

くろがねの研究に支援は惜しみませんが、無意味な投資は許可できませんよ。たとえ花嫁の願いでも、閉口の裏に何もなければ、大人しく手を引いてください」

 現時点では、鉱山の第一閉口はアースレイヤにとって些事さじに過ぎなかった。坑口は他にもあるし、アッサラームへの供給になんら不益がないからだ。

斥候せっこうの情報から、ある程度の裏は取れています。放置すれば、数百名規模の解雇者を出すことになりますよ」

 解雇者が増せば治安は悪化する。あの街で、鉱山夫が鉱山をおいて他に収入を得る手段は殆どない。職を失くした者は、食べていく為に商隊キャラバンを襲い始めるのだ。急務ではないが、鉱山への悪路は、交易弊害として以前から問題視されていた。

「まぁ、任せます。いらぬ波風を立てて、アッサラームへの悪感情を煽ることだけはないように。それとも、武力行使が必要になりそうですか?」

 アースレイヤの懸念に、ジュリアスは弛く首を振って応えた。

「争議は起きていますが、武器を持たない鉱山夫達です。閉口が決まっても、雇用支援で解決できるでしょう」

「そうしてください。利権を握っているのが有能な人間であれば、煩くいうつもりはありません。アッサラームの総意としてください」

「御意」

 多少の横領には眼を瞑るということだ。
 気に食わない男ではあるが、明晰めいせきさと度量の広さは認めてもいい。皇帝譲りの、数少ない彼の美徳だろう。
 第一閉口で利を得る人間の目星はついている。第一坑の真価が認められた時、稼働継続に同意するなら、ジュリアスも必要以上に暴き立てるつもりはなかった。

「全く。私が最初に命じた時は、関心の欠片もなかったくせに、花嫁が関わった途端に眼の色を変えますね」

「……」

 呆れを含んだ視線を平然と受け流すジュリアスを見て、アースレイヤはやれやれ、と息をついた。

「もし得と見て手を出すなら、最後まで面倒を見てくださいよ」

「御意」

 会話の終わりを感じて、ジュリアスは敬礼で応えた。踵を返したところで、背中に笑いを含んだ声をかけられた。

「そうそう、鉱山町の銘菓は日持ちします。手土産を楽しみにしていますよ」

「……判りました」

 穏やかな微笑み見据えて、ジュリアスはやや面倒そうに返事をした。余計な仕事が一つ増えた気分だ。
 アースレイヤの許可を得た後、ジュリアスは直ぐに次の行動に移った。軍幹部を召集して、視察に赴く人選、日程、空路を決める。
 数日のうちに一通りの根回しを済ませると、最終的に渋々ながらも光希の鉱山行を認めた。

「……護衛と行軍経路は、私に手配させてください。坑内には絶対に入らないこと、時期を決めて戻ると約束できるのなら、許可しましょう」

「はい!」

「たとえ成果が上がらなくとも、期限を順守して、アッサラームに戻ると約束してください」

「了解」

「破ったら、お仕置きですよ。向こう一年間、公宮に閉じ込めますからね」

「恐いよ……」

 真顔で返事を迫るジュリアスを見上げて、光希はすぐに頷いた。

「判った。期限を守ります」

 いささか大仰に敬礼で応えると、ジュリアスは眉をひそめた。

「約束ですからね。私も用を片付け次第、鉱山へ向かいます」

「え、本当?」

 きてくれるのだろうか。期待をこめて見つめると、ジュリアスは不機嫌そうな眼差しをわずかに和らげた。黒髪に手を伸ばして、指で梳く。

「東の巡察はアーヒムに任せます。私は鉱山組合の裏を確認次第、鉱山町へ直行するつもりです」

「ジュリもきてくれるんだ! 心強いよー。裏って何?」

「ザインで開かれる工匠の会合に、ココロ・アセロ鉱山の要人も出席するのです。そこで違法取引が行われる可能性が高い。現場を押えるつもりです」

「それは、閉口に関係すること?」

「はい。元々調べる予定ではいましたから。私が傍にいない時に、無茶な真似はしないでくださいね」

「うん。ありがとう……」

 感謝の気持ちをこめて、広い背に腕を回した。胸に頬を寄せて瞳を閉じれば、すぐに優しく抱きしめてくれる。
 鉱山行を認めてもらう為にも、不安を見せてはいけないと気張っていた分、肩から余計な力が抜けた気がした。
 彼がきてくれるのなら、もう恐いものなしだ。

 翌朝。
 意気揚々と、許可が下りたことをアルスランに伝えると、さも疑わしそうに眉をひそめられた。

「……本当でしょうね?」

「本当ですよ!」

「殿下のお気持ちは大変嬉しく思いますが、貴方を危険に晒してまで、義手を欲しいとは思いません」

「十分気をつけます。鉱山といっても、実際に坑内に入るわけではないし、僕はひたすら工房に缶詰の予定ですから」

「そうはいっても、アッサラームほど設備も整っていないし、治安も悪いでしょう。私は今のままでも十分満足していますよ」

「アルスラン。うまくいけば、以前のように飛べるかもしれないんです」

「しかし……」

「ここで諦めてしまうのは、勿体ないですよ」

 畳み掛ける光希を見て、アルスランは苦虫を潰したような顔をした。

「何も、無理をして今いかずとも、またの機会にしてはいけないのですか?」

「千載一遇の機会なんです。今を逃しては、次の好機がいつになるか判りません」

「貴方に何かあっては、シャイターンに顔向けできません。片腕どころか、四肢を切断されて牢獄いきになっても、文句はいえませんよ」

「恐いことをいわないでください……」

 恐ろしい例えに光希は怯んだが、アルスランは真顔で続ける。

「冗談ではありません。焦っても仕方のないことです。どうか、ご自愛ください」

「それでも僕はやっぱりいきたい。アルスラン、心配だというのなら、貴方も一緒にきてください」

 勢いよく頭を下げると、アルスランは周囲を気にして狼狽えた。

「殿下、お止めください」

 軍部の廊下で立ち話をしている為、すれ違う軍関係者がちらちらと視線を送っている。承知の上で、光希は頭を下げ続けた。

「どうかご同行をお願いしますッ!」

 勢いでごり押すと、やれやれ、といった風にアルスランは頷いた。

「……判りました。頭を上げてください」

「本当ですか?」

「殿下は意外と強情だ。シャイターンの気苦労が窺えるな……」

 ぽりぽりと頭を掻く光希を見て、アルスランはどこか遠い眼をした。
 光希の申し出もあり、割とすんなり鉱山の視察組にアルスランも編成された。他もあらかた決まると、いよいよ光希の鉱山行は確定した。
 神殿の務めがある為、同行できないナフィーサは、厚い指南書をしたため、ローゼンアージュに手渡した。

「私の代わりに、殿下のお世話をお任せします。紅茶の煎れ方から、お肌の手入れまで書いてありますから、よくよく眼を通しておくように!」

 真剣な顔つきで託すナフィーサを見て、ローゼンアージュも真顔で頷いてる。

「……いや、肌の手入れはどうでもいいから」

 思わず光希が口を挟むと、ナフィーサは厳しい視線を投げてよこした。

「殿下の白い肌は、陽に弱いのです。鉱山町は空気も悪いのですから、手入れを怠ってはいけません!」

「は、はい」

 気圧されて頷くと、よろしい、というようにナフィーサは頷いた。視線をローゼンアージュに戻すと、指南書の説明を再開する。

「衣装の選別に迷った時は、十一項を開いてください。室内と外出時では異なります。こちらの項目を……引用は下に番号を振ってあります」

 真面目に聞き入るローゼンアージュを見て、光希は少々気の毒に思った。




『響き渡る、鉄の調和』


prev index next