アッサラーム夜想曲

『織りなす記憶の紡ぎ歌』





 ― 『織りなす記憶の紡ぎ歌・八』 ―





 沈黙が流れる。
 黒い双眸を丸く見開いて、光希はジュリアスの瞳に答えを探している。
 かと思えば、我に返ったように目元を赤く染めた。視線を逸らされる前に、ジュリアスは無意識に指を伸ばした。

「……貴方は、私の運命そのものです。幾千夜を越えて、砂漠で巡り逢い、虚ろな心に火を灯してくださった。恋を知り、生きる喜びを知り、私の何もかもを変えたのです――光希」

『はい』

 妙に畏まった返事をする光希を見て、ジュリアスは微笑んだ。銀色の円環をはめた手をそっと持ち上げて、優しく唇で触れる。

『あ……』

 戸惑う黒い瞳を見つめたまま、ジュリアスは姿勢を正した。片手を右肩に当てて、唇を開く。

「光希が好きです。出会った時から、変わらずに貴方だけを想っています……愛している。私を知って、どうかもう一度、私を好きになってください」

『ジュリ……』

「……口づけてもいい?」

 想いを抑え切れず、硬直する光希の肩を手で包みこみ、ジュリアスは顔を近付けた。

『あ、あの』

「光希……」

 距離を取ろうと突き出された腕を無視して、ジュリアスは腰を引き寄せた。光希が怯えている。判っているが、止まれそうにない。唇に視線を落とすと、光希は顔を背けた。眼を見開いて硬直する身体を、更に抱き寄せる。
 そっと唇の端に口づければ、光希は小さく震える。ジュリアスは熱を持った頬を両手で挟むと、視線を合わせたまま唇を押し当てた。

『……ッ』

 久しぶりに触れた唇に、全身が痺れた。
 硬直する光希の腰に腕を回し、隙間がないほど密着させる。啄むような口づけを何度も繰り返して、少しずつ角度を深めていく。

『ん、ぅ』

 上唇を柔らかく食むと、うっすら開いた唇から甘い吐息が零れた。
 もっと欲しい。
 強烈な劣情がこみあげて、舌を挿し入れた。歯列を割って、逃げ惑う舌をからめ捕る。柔らかな舌を啜り上げた。怯えた光希は逃げようと腕を振る――反射的に両腕を掴んだ。

『ジュリッ』

 悲鳴を聞いて、我に返った。
 涙目になっている光希を見下ろして、名残惜しく思いながら、ジュリアスは口づけを終わらせた。最後に、ちゅ、と唇を触れ合わせると、光希はおののいたように全身を強張らせた。
 記憶を失くしているのだと知っていても、怯えた表情をされるのは辛い。

「……すみません、驚かせてしまって」

 悄然と視線を落とすジュリアスを見て、光希は今の口づけが、戯れでないことを悟った。
 嫌ではなかった。
 天地がひっくり返り、全力疾走したかのように心臓は拍動しているが、決して嫌ではなかった。
 無意識に濡れた唇に触れると、じんと、身体が甘く痺れた。
 キスがこんなにも気持ちいいだなんて、知らなかった。
 知らなかった? 本当に……?
 消失した記憶の奥底で、熾火が揺れている。得体の知れない何かが、泉のように胸から溢れ出して、細波さざなみのように全身に広がった。

『俺達は、やっぱり、そのぅ……そういう関係なの?』

 訳が判らない……殆ど自問するように光希は呻いた。暴れる心臓に手を当てて、必死に宥める。

「光希……」

 困惑する姿を見て、抱きしめたい衝動をジュリアスはどうにか堪えた。焦ってはいけない。己に強くいい聞かせねばならなかった。

 このキスをきっかけに、二人は距離を測りかねるようになった。

 互いを意識しながら、踏み込めない。
 光希は恥ずかしそうに緊張している風だが、ジュリアスの事情はもっと切実だった。
 己を律していても、やり場のない欲望は募っていく。
 手を伸ばせば触れられる距離に光希がいるのに、触れられない。
 ふと気付けば、光希の唇やうなじ、身体の線に眼を注いでいる。居心地悪そうに身じろぐ光希を見る度に、我に返るのだ。
 このままでは、いつか刹那的な欲望に負けて、強引に奪ってしまいそうだ。
 日毎想いは募ってゆく。
 これまでのように触れぬよう、細心の注意を払わねばならなかった。
 怖がらせないように、驚かせないように……
 甘く切ない戒めに苛まれながら、ジュリアスはそれでも光希の傍にいたかった。
 食事の合間に、団欒の一時に、西に傾く日射しを眺めながら、これまでの出来事を光希に話して聞かせた。
 言葉は判らずとも、ジュリアスが語りかけると、光希は澄んだ黒い眼差しを向けてじっと聴きいった。
 夜の静寂しじまには、寝物語の代わりに昔話を聞かせた。

「……昨夜は、どこまで話しましたっけ? クロガネ隊に勤め始めたところまで?」

 絨緞に寝転んだままジュリアスが首を傾けると、光希も同じように首を傾けた。忍び笑いを漏らしながら、そうそう、と続ける。

「あの時は、本当に心配をしましたよ。少しでも眼を放すと、貴方は思いもよらないことをしてくれる」

『ん?』

「この話を蒸し返すと、光希はよくそうやってとぼけて……今は本当に判らないんだから、もう……」

 ふと絨緞についた白い手に眼が留まり、触れたい欲求に駆られた。意志の力で視線を逸らしながら、ジュリアスは再び口を開く。

「貴方が急に抜け出すものだから……」

 甘く切ない夜は更けていく。




『織りなす記憶の紡ぎ歌』


prev index next