アッサラーム夜想曲

『織りなす記憶の紡ぎ歌』





 ― 『織りなす記憶の紡ぎ歌・七』 ―




 アール河の煌めく水面を眺めると、光希は表情を和らげた。
 束の間、彼の顔から、陰りが消えたように見えて、ジュリアスは内心で安堵した。
 肩を引き寄せて、室内へ招き入れる。記憶を失くしていても、アッサラームを描いた絵画的な草木染めの絨緞は光希のお気に入りらしく、進んで腰を下ろした。なんともなしに、指を滑らせて手触りを愉しんでいる。

「気持ちいい? 二人でエルドラード市場へ繰り出した際、購入したものですよ」

『ふかふか』

 絨毯を撫でながら、紅茶を煎れる様子を、光希は興味津々といった風に眺めている。紅茶は、一般家庭では火で沸すことが多いが、公宮では正式に炭火で沸かしている。
 視線に気がついたように顔をあげると、光希は黒曜の瞳を細めて笑った。

「――ッ」

 素直な笑顔に不意打ちで見惚れてしまい、ジュリアスは咄嗟に言葉が出てこなかった。光希の周りだけ、金色に輝いて見える。

『おぉー、凄い。本格的だなぁ』

 心を奪われているジュリアスには気付かず、光希は興味深そうに給仕の様子に眼を注いでいる。

「工房を見たら、貴方はもっと喜ぶのかな」

『何ですか?』

 にこにこしている光希を見て、ジュリアスは微笑んだ。
 休憩の後に工房へ案内すると、期待した以上に光希は喜んだ。
 作業机の上にかけられた布をめくると、鋼の腕輪が置かれていた。オアシスへ発つ前まで、光希が取り組んでいたものだ。

「……覚えていますか?」

『これは、何でしょう?』

 不思議そうに首を傾げながら、光希はじっと鋼に眼を注いだ。自ら打った意匠に眼を凝らしている。
 興味深そうに眺めた後、今度は別のものに視線を移した。
 記憶を呼び起こす糸口には至らなかったようだ。
 ささやかな落胆を覚えながら、ジュリアスは気を取り直して、部屋を案内した。
 強い関心を寄せるものの、光希は記憶を手繰り寄せるような反応は見せなかった。
 工房を案内し終えた後、ふと思い立って、ジュリアスは腰に佩いたサーベルを鞘から抜いた。刀身を抜く。光希が自ら意匠した双竜の、そして“光希”の二文字を見て、彼は眼を大きく見開いた。

『なんで、俺の名前……』

「光希が私の為に、刀身に刻んでくれました。遠く離れていても、この剣を通じて、いつでも貴方は私の傍にいてくれます」

『……』

 じっと耳を傾けながら、光希は刀身に指を滑らせた。何かを読み取ろうとするように、黒い鋼に彫られた名を撫でる。その様子を眺めながら、ジュリアスは黒髪に手を滑らせた。黒い双眸と眼が合い、愛しさが胸にこみあげた。

「たとえ記憶を失くしても、貴方が光希であることに変わりはありません。私の大切な花嫁ロザインです」

『えっと……』

「ん?」

 視線で先を促すと、光希は顔を伏せた。恥じらう姿に胸を暖かくさせながら、ジュリアスは耳にかかる金髪を掻き上げ、銀細工の飾りを見せた。

「これは、先日光希からいただいたものです」

『へぇ、ピアス? 似合ってる』

 光希は自分の装飾品はあまり造らないが、ジュリアスには日頃から贈り物をよくしてくれる。

「他にもありますよ。お茶を飲みながら、眺めましょう」

 私室に戻ると、ナフィーサが心得たように紅茶を煎れた。桜桃の砂糖漬を見て、光希は表情を綻ばせている。

「美味しい?」

「おいしい」

 頬を膨らませて、光希はジュリアスの言葉を真似た。幸せそうに咀嚼する姿がかわいらしい……

「良かった。光希の好きな菓子の一つでしたよ」

 照れくさそうに視線を逸らす光希を見て、ジュリアスは頬杖をついて、彼に魅入っていたことに気付いた。

「少し失礼」

 席を立つと寝室に入り、大切にしている宝石箱を手に戻った。
 中には光希からもらった指輪や耳飾り、帯や鞘の装飾といった様々な貴金属が収められている。
 光希は興味深そうに眺めると、そろりと手を伸ばしつつジュリアスを窺った。

『触っても平気ですか?』

「どうぞ。全部、光希が作ってくださったんですよ」

 揃いの二つの指輪を手に取り、光希の掌に乗せる。光希は、しみじみと銀色の円環を眺めた。
 それは、光希がクロガネ隊に勤務するようになり、しばらくした頃に贈られた最初の指輪だ。自分の装飾品は滅多に造らない光希が、珍しく自分とジュリアスの分を揃えて作った。恋人の証なのだと、はにかみながら指に通してくれて……

『これは……イニシャル? にしては長いな……』

 不思議そうな声に我に返り、ジュリアスは光希の手元を覗きこんだ。指輪の裏に刻まれた文字に気付いたようだ。

「結婚の記念にと、名前と時を刻んだ指輪です。とても嬉しかったですよ」

 手元が落ち着かず、互いに日頃は指輪を外しているが、外出する際は身に着けている。

『ペアリングみたい……あれ、ちょうどいい?』

 首を傾げ、光希は少し小さい指輪の方を自分の薬指にはめた。すんなり収まる指輪を見て、不思議そうに首を傾げている。思わずジュリアスが微笑を漏らすと、問いかけるような視線を向けられた。

「それは光希の指輪だから……これは私」

 もう一つの指輪をジュリアスは薬指にはめた。ぴたりと収まる指輪を、光希は眼を丸くして凝視する。

『えッ、なんで? え……?』

「今から二年前、私達はアッサラーム中の祝福を浴びて婚姻を結びました」

『ちょっと待って……俺とジュリは、一体どういう関係なんだ?』




『織りなす記憶の紡ぎ歌』


prev index next