アッサラーム夜想曲

織りなす記憶の紡ぎ歌 4


 蒼とした夜。
 静かに眠る光希の傍に、ジュリアスは寄り添い、離れられずにいた。光希は三日前に倒れてから、懇々と眠り続けている。身体に異常は見られないが、一向に目を醒まさないのだ。
 このまま目を醒まさないのでは――そんな不安に駆られてしまう。
 まんじりともせず夜を明かし、四日目の朝。
 光希はようやく目を醒ました。視点の定まらぬ様子でぼんやりと天幕のなかを見回し、ジュリアスに気づくや、極限まで黒い瞳を見開いた。
「えっ?」
「あぁ、良かった」
 ジュリアスは安堵のため息をついた。手を伸ばし、額にかかった黒髪をもちあげ、額にそっと口づけた。
「え……?」
 光希は、唖然とした表情で額を手で押さえ、ジュリアスを凝視している。
「気分は? 喉が渇いているでしょう?」
「“……誰?”」
 かすかな呟きは、公用語ではなかった。手を伸ばして頬に触れると、光希はぎょっとしたように目を丸くした。どうも様子がおかしい。
 正体不明の違和感を覚えながら、ジュリアスは唇を開いた。
「本当に心配しました。三日も眠っていたのですよ」
 檸檬水を注いだ杯を渡すと、光希はぎこちなく口に運んだ。表情を和らげて何かを呟いたが、訊き取ることはできなかった。
「“あの、ありがとうございます。ここは……?”」
「光希? ……どうして、天上の言葉を?」
 訝しんだジュリアスは、顔を寄せて黒い双眸を覗きこんだ。丸く見開かれた目に、驚愕と戸惑いがくっきりと浮かんでいる。
「“俺の名前、どうして知っているんですか?”」
「光希? 一体どうしたのですか?」
「“誰なんだ?”」
 茫然自失したように天上の言葉を呟く光希を見つめながら、ジュリアスは嫌な胸騒ぎを覚えた。
「祈祷の途中で、倒れたことは覚えていますか?」
「“ここは、どこなんだ……?”」
「……私が判りますか?」
 不安そうに、黒い双眸が揺れる。
 警戒するような眼差し、覚束ない様子で室内を見回す光希を見て、遠い記憶が脳裏をよぎった。
 オアシスで初めて出会った時、光希は今みたいに不安そうにジュリアスを仰ぎ、天上の言葉を喋ったのだ。あの夜を思いだす。
「意識が混濁しているのか……三日も目を醒まさなかったから。サリヴァンを呼んできます」
 腰をあげようとするジュリアスの袖を、光希は切羽詰まった表情で掴んだ。
「English? Who are you? I……“やっぱり、英語じゃないのかな?”」
「……大丈夫。ここにいます」
 不安そうな光希を見て、立ちあがりかけていたジュリアスは再び腰をおろした。座ったまま、天幕の向こうに呼びかける。すぐに応じるナフィーサに、サリヴァンに知らせるよう伝えた。
 間もなくやってきたサリヴァンは、一通り診断を終えると、難しい顔で首を横に振った。
「一時的なものかは不明ですが、殿下は記憶を失くされていらっしゃる」
「記憶を?」
「然様。公用語も理解されていない。伴侶である貴方のことも、認識できていないご様子。ですが、思考はしっかりしていらっしゃる……まるで、初めてお会いした頃に退行されたようですな」
「身体に異常はないのですか? 祈祷の影響とかしか思えません。あの時、何があったのです?」
「聖句を諳んじている者で、他に昏倒した者はおりません。儀式は滞りなく行われました。殿下お一人が、シャイターンの啓示を受けたのです」
「どのような声を訊いたのだろう……」
「神のみぞ知ることでしょう」
 サリヴァンは判らない、というように首を振った。
 身体に異常はなくとも、一時的な記憶障害をきたしているようで、ジュリアスは元より、公用語まで失くしているという。
 不安そうにしている光希を見て、ジュリアスはいったん天幕から人をさがらせた。
「光希の好きな、桜桃の桜漬けですよ」
 甘味を短剣で裂いて口に運ぶと、光希は戸惑った顔をしながらも、おずおずと口を開いた。
「美味しい?」
「“……ありがとうございます”、おいしい」
 咀嚼を終えると、光希は控えめにほほえんだ。後半を、ジュリアスの言葉を真似て返す。
 檸檬水を杯に注いで手渡すと、申し訳なさそうに光希は会釈をした。
「“すみません、何から何まで……あの、俺は光希といいます。俺を知っているようだけれど、貴方は? 名前は?”」
 胸に手を当てた光希は、自分の名前を繰り返した後に、問いかけるようにジュリアスを見て首を倒した。
 冷水を顔に浴びた気分で、ジュリアスは一瞬言葉に詰まった。しかし、すぐに衝撃をやり過ごして笑みを浮かべた。
「……私の名前は、ジュリアスです。どうぞ、ジュリと呼んでください」
 名を繰り返すと、光希は理解を目に灯して、ジュリ、と呟いた。
「ジュリ、“ありがとうございます”」
「はい」
 笑みかけると、光希は照れたように視線を逸らした。愛しさがこみあげて、つい手が伸びる。頬に触れると、光希はびくりと肩を撥ねさせた。手を離そうか躊躇するが、もう少しだけ、と指を滑らせる。柔らかな唇に親指で触れると、光希は途端に身体を固くした。
「……すみません。驚かせてしまって」
 哀切の念を覚えながら、ジュリアスはそっと指を離した。
「え、と……」
「空腹でしょう? 何か食べましょう」
 空気を変えるように、食事する手ぶりを見せると、光希は腹を手で押さえて、そういえば、という顔をした。気まずそうに頷く様子を見て、ジュリアスはほほえんだ。
「遠慮はいりませんよ」
 料理を運ぶ召使を、光希は物珍しそうに眺めていた。
 言葉を発しない光希を見て、ナフィーサは給仕の手を休め、心配そうに眉を寄せた。
「オアシスは蘇ったというのに、殿下の身にこのような難が降り懸かるとは。記憶を失くしてしまわれるだなんて……」
 声の調子で、心配されていると判るのか、光希は戸惑ったように会釈をした。視線を外さずに、じっとナフィーサを見つめる。その様子に、なぜかジュリアスの心は騒いだ。
「光希」
 黒い双眸がこちらを向くと、肩を抱き寄せてナフィーサから遠ざけた。
「ナフィーサ、呼ぶまでさがっていてください。二人で過ごしたい」
「かしこまりました」
 丁寧に頭をさげたナフィーサは、静かに部屋をでていった。
 少々強引に追いだしてしまったが、光希と親しい間柄であっても、この状態の光希の傍に、ジュリアス以外の誰かを寄せるのは嫌だった。
 記憶をなくしている光希に、動揺を与えたくないのもそうだが、他の誰かに真新しい関心を覚えるのを見たくなかった。
「……本当に、忘れてしまったの?」
 光希は不思議そうにジュリアスを見ている。
 俄かには信じられず、幾つか簡単な公用語を口にしてみたが、光希は芳しい反応を示さなかった。
 不安そうな、申し訳なさそうな顔で首を振るばかり。頻繁に口にする、ワカラナイ、という響きを、そういえば昔は何遍も訊いたことを懐かしく思いだした。
 天幕で拙い会話を続けるうちに、陽は傾いていく。
 空は茜色に染まり、やがて裳裾もすそに藍色が広がっていき、夕闇が色濃くなるにつれて青い星が姿を見せた。
「“嘘だろ……”」
 天幕の外にでた光希は、砂漠に膝をついて、幽鬼のような顔で空を仰いだ。
「光希」
 名を呼んでも、反応を示さない。魂を吸い取られたような顔で、ひたすら空を――青い星を仰いでいる。
「光希!」
 不安を掻き立てられ、両肩を掴むと、黒い瞳はようやくジュリアスを見た。
「“なんだって、こんな……”」
「光希……」
「“マジで、どこなんだここ? どうなってるんだ!?”」
 望郷を誘われたように空を仰ぐ姿を見て、ジュリアスは表情を凍らせた。
 再び戻された黒い瞳が、不安そうに瞬くと、急速に思考は回転を始める。霞がかった頭に、信じたくはない事実が否応なしに浸透していった。
 老師のいう通り――光希は、ジュリアスを忘れている。オアシスで出会い、アッサラームで過ごしてきた時間の全てを、失くしてしまったのだ。
 まるで、蘇ったオアシスの代償に、光希は記憶を失くしたように思えた。




織りなす記憶の紡ぎ歌 4


prev index next