アッサラーム夜想曲

織りなす記憶の紡ぎ歌 3


 ――期号アム・ダムール四五四年七月二五日。

 夜も明けきらぬ、黎明の空。
 砂に囲まれたオアシスの天空には、無数の星屑が瞬いている。
 美しい満点の星空を仰いで、光希は両腕を広げた。肺一杯に懐かしい空気を吸いこむ。そうして深呼吸を繰り返していると、背中から抱きしめられた。
「久しぶりだね。ここへくるのは」
 腹部に回された腕にそっと手を置いて、光希は静かにいった。
「光希……」
 声に滲んだ幽かな不安を嗅ぎ取り、光希はジュリアスの腕を軽く叩いた。
「大丈夫だよ」
 あまり口にしないが、ジュリアスは光希がオアシスへくることを、長い間恐れていた。
 ここは、始まりの場所だから。
 星を越えて、光希が初めて砂を踏んだ場所。あの泉の底から、異次元の扉を開いてやってきたのだ。同じ場所から、天空へ還ってしまうかもしれない――そんな不安に駆られてしまうのだろう。
「そろそろ、着替えてくるね」
 そういって光希は、抱擁を解いた。到着したばかりだが、夜には祈祷が始まる。その準備をしなければならない。
 天幕にさがる光希の背を、ジュリアスは複雑な気持ちで見送っていた。

 朝の静けさのなか、儀式を執り行えるよう、急ぎ祭壇は整えられた。
 身支度を終えた光希が祭壇の前に現れると、要人たちは手を休めて一礼した。
 光希は、いつもの銀糸の聖衣ではなく、金銀の円盤が一面に縫いつけてある伝統的な衣装を着ている。雨乞いをする神官装束である。
「僕は、祭壇の前にいて良いのでしょうか?」
 首を傾げる光希に、サリヴァンは首肯で応じた。
「はい。殿下は私の後ろで、この泉が満たされることをお祈りください」
「祝詞をあげなくても平気ですか?」
「その役は、ナフィーサが勤めます。想いは祈祷の根源。殿下は、心で呼びかけてくだされ。声なき祈りを、天は拾いあげてくださいます」
「判りました」
 光希はサリヴァンの後ろで着座した。師の傍で、ナフィーサは真剣な顔つきで学んでいる。
 ここへくる前に、光希が提案したのだ。オアシスでは光希の身の回りの世話よりも、師の傍で学んで欲しいと。
 それは儀式に疎い光希の補佐の為でもあるが、ナフィーサの後学にも良いだろうという目論みもあった。光希の傍仕えとして心を尽くしてくれている彼が、ゆくゆくは星詠神官メジュラの道を歩みたいと考えていることは知っていた。前途ある少年の時間を、光希の傍にいることで全て取りあげてしまうのは忍びない、以前からそう思っていた。
 砂の上に、焔が揺れる。
 絹織のかけられた祭壇の上、無数の蝋燭に火が灯された。
 神官たちは祭壇を輪になって囲み、神聖な音を奏でて、祈りの場を清める。厳粛な気が満ちて、清涼な風が吹き始めた。
 両手を胸の高さに持ちあげて、サリヴァンが聖句を唱えると、輪になって座す神官たちが復唱する。水晶が共鳴するように、波紋が広がってゆく。
 彼等は、砂に敷いた絨緞の上に胡坐をかいたままの姿勢で、拝礼をした。
 光希も礼節通りに、絨緞の上で三度、身体を平伏する。|滔々《とうとう》と流れる祈祷に耳を澄ませながら、心の中でシャイターンに呼びかけた。
(オアシスが満ちますように……)
 一心に祈りを捧げていると、やがて、瞼の奥に神秘的な光が揺らめいた。
 蒼い燐光に包まれた朧な輪郭――シャイターンが見える。彼の神が自らの姿を見せるのは、これが初めてのことかもしれない。
 流れる豪奢な金髪。涼しげな蒼い瞳。褐色の肌をもつ、威風堂々たる美丈夫だ。
 顕現した戦神は、つと手を伸ばし、光希を指した。
“怨嗟を絶つ為に、試練が課せられる。それは永久ではない、想いがあれば乗り越えられる……”
 彼の声は、頭のなかに直接響いて聞こえるようだった。
 どのような試練かは判らないが、期待されていると知り、光希は緊張した面持ちで頷いた。
 刹那――音を立てて蒼い空は落ちた。
 視界は暗闇に覆われ、身体は虚空に突き落とされる。無尽の静寂に包まれた。
 胸に大穴を開けられたような、凄まじい衝撃がして胸元を見れば、金色の砂粒がさらさらと零れ落ちているではないか。
「うわっ……」
 溢れでる砂を手で堰き止めようとするが、指の合間から、砂の粒子は流れて落ちていく。
(何これっ!?)
 痛みはないが、途方もない焦燥感と喪失感に襲われる。大切な何かを、失ってしまう気がする。
 最後の一粒がこぼれ落ちる瞬間、ジュリアスの顔が脳裏をよぎった。
 視界が戻ると、駆け寄る本人の姿が見えた。いつでも冷静な彼が、心配そうな顔をしている。
「光希!」
 大丈夫。そういいたいのに、瞼が重い――力強い腕を感じた瞬間、意識は途切れた。
 くずおれる光希の身体を、ジュリアスは両腕でえ抱きとめた。
 辺りが騒然となった時、天を覆う雨雲から、ぽつ、と雫が垂れた。唖然と空を仰ぐ面々に、雫は次々と降り注ぐ。
 恵みの慈雨は三日降り続け、その間、光希は一度も目を醒まさなかった。




織りなす記憶の紡ぎ歌 3


prev index next