アッサラーム夜想曲

『織りなす記憶の紡ぎ歌』





 ― 『織りなす記憶の紡ぎ歌・十四』 ―




 激しく拍動する心臓が、鼓膜の奥で煩いほど鳴っている。
 したたる雫をすくったジュリアスの舌が、ねっとりと幹を舐めとっていく。
 息をつめて凝視する光希を、ジュリアスは下から仰ぐように見つめた。

『……ッ』

 淫靡な光景に、身体が震える。逃げようと手をつくと、阻むように強く腰を引かれた。とん、と背中から絨緞の上に倒れる。
 次の瞬間、激しく口淫されて、光希は悲鳴を上げた。そのまま堪え切れずに、ジュリアスの口の中で達してしまった。彼は痙攣をする下肢をまだ離さず、啜り上げて残滓までも奪っていく。

『んぁ、ぁッ、嫌だ』

 後孔をなぞられて、光希は眼を見開いた。慄く身体を宥めるように、ジュリアスは顔を寄せて囁きかける。

「私を忘れてしまっても、甘い身体はちゃんと覚えている……でしょう?」

 青い双眸に欲情を灯して、吐精を遂げた性器をあやすように撫でる。杯を傾けると、絨緞が濡れるのも構わずに、尻のあわいに垂らした。

「大丈夫、恐がらないで……光希は、私に何度も抱かれてきたんです」

 蹴り上げようとした足を絡め取られ、酒の雫と共に、ぬめった指先が後孔に潜り込んだ。
 入浴は済ませているが、そのようなところを指に犯されるとは思っておらず、光希は硬直した。

「痛くないでしょう……?」

『そ、それだけは無理ッ! 抜いて』

 肌のあちこちを吸いながら、より一層、指を奥深くまで潜り込ませてくる。ついに、長い指の付け根まで挿入されて、光希は涙眼で震えた。入口をくつろげるように蠢く指先に、翻弄されてしまう。

『無理だって……動かさないでッ』

 拒絶を無視して、ジュリアスは何度も指を抜き差しした。ぬぷ、と引き抜いた指を舐めて濡らし、再び後孔に宛がう。二本の指で内壁をくすぐられて、光希は淫らに悶えた。

『あぁ……ッ』

 内壁の凝りを掻かれた瞬間、腰が弾けた。未知の快感に全身がふるえる。

「ここ、覚えていますか? 気持ちいい?」

 耳朶に囁かれて、光希は必死に首を振った。
 尻を弄られて、こんなにも深い快感を得られるとは知らなかった。中を弄る指は、心得たように、敏感なそこばかりを擦り上げる。

『う、ぁ……抜いて』

 懇願とは裏腹に、熱くうねる内壁は、ジュリアスの指をきゅうと食い締めていた。

「大分柔らかくなったな……」

 呟きの意味は判らなかったが、光希はこれから起こる展開を恐れて、びくびくとジュリアスを仰いだ。
 美貌が傾き、唇が重なる。ねっとりと口内を舐られながら、三本に増やされた指で後ろを甘く犯される。時折、悪戯に性器も弄られて、前も後ろも、ぐずぐずに蕩けていった。

『あぅっ』

 尻のあわいに舌が這わされる。蕾を舌で突かれ、光希はとろんとした瞳に、僅かに理性を呼び戻した。
 衝撃に呼吸を止めていると、縁をなぞっていた舌は、ぐぐっと中へ潜り込んできた。中を舐められている感覚に、光希はうつぶせたまま、絨緞にしがみついた。

『い、や』

「本当に“イヤ”? 思い出して……私に、こうして触れられていたことを……」

 低い睦言に誘われて、光希は恐る恐る振り返った。光彩を放つ青い瞳に、確かな欲情の灯を見て震えあがった。断片的な記憶が、呼び起こされる――この美しいひとから、蕩けるような愛撫を受けたことが……

「何度抱いても、光希の初々しさは変わらないけれど、今の貴方には少し酷かな……」

 優しく髪を撫でられると、信じられないような羞恥も忘れて、光希の心は熱く震えた。
 身体から強張りを解く光希を見下ろして、ジュリアスは甘く微笑む。

「恐いなら……そうして、私にしがみついていて」

 首に両腕を絡ませると、ジュリアスは光希の身体を持ち上げた。胡坐を掻いた膝を跨らせるように、光希の身体を垂直に下ろす。行為への恐怖が少しでも和らぐよう、ジュリアスは下履きを寛げただけで、光希の眼に性器を見せずに、後孔へ猛った塊を宛てがった。
 ぐぐっと、熱塊が狭い入口を押し拡げて、ゆっくりと挿入はいってくる。
 極度の緊張で光希が身体を強張らせると、ジュリアスは苦しげに呻いた。

「少し力を抜いて」

 低めた声を聴いて、彼も苦しいのだと気付く。
 こうした行為は初めてではないのかもしれないが、今の光希には知る由もない。どうしても恐怖が勝る。強張りを解けず、ごめんなさい、と口走る光希の顔を、ジュリアスは両手で挟みこんだ。

「謝らないで、光希。大丈夫だから……ね?」

 額に、頬に、眼もとに、唇にキスをされた刹那、涙がぽろりと零れた。情欲を堪えて、案じるように光希を見つめる美貌を、眺めて思う。労わるように自分を抱きすくめる彼のことが、どうしようもないほど好きだ。
 ぱぁっと視界が開けた気がした。
 好きだと自覚した途端に、恐怖は急速に遠ざかり、愛しさがこみあげてくる。

「そう、力を抜いて……上手に呑み込めていますよ」

 光希が落ち着くのを見て、ジュリアスは肌のあちこちに唇を落とした。

『ん……』

「なるべく、ゆっくり動きますね」

 首筋を啄まれながら、波間をたゆたうように身体を揺すられた。甘く奥を穿たれて、光希も気持ち良さそうに眼を細める。
 艶めいた吐息が首筋にかかり、ぞくぞくする。自分と同じように、彼もまた感じ入っているのだと思うと、嬉しくて、身体は増々蕩けていった。

『んぁっ』

 膨らんだ前立腺を、先端で擦り上げられて、光希は嬌声を上げた。とてもできないと思ったが、悦楽に沈むうちに、身体は勝手に揺れ始めた。

『あっ、やだ、いぃっ』

 喘ぐ光希の唇を、ジュリアスが奪う。光彩を帯びる青い双眸に、背筋がぞくぞくと震える。
 身体の奥深くまで奪われながら、眼裏まなうらに蒼い稲妻が走った。

『うぁ、いっちゃ、あぁ――ッ』

 身体中の性感帯を刺激されて、光希は悦楽を駈けあがった。
 びくびくと痙攣する光希の奥深くで、ジュリアスも放熱を遂げる。中を濃厚な熱に犯されながら、光希はくたりとジュリアスにもたれかかった。
 首筋を伝う汗を舐めとられて、放熱の余韻の覚めやらぬ身体が震える。

「愛しています、光希……ずっと、貴方だけを」

 言葉は判らなくても、愛を囁かれていると判る。光希はゆっくり上体を起こすと、ジュリアスを見つめて、自分から唇を重ねた。

 彼のことが、好きだ……

 胸にぽっかりと空いていた穴に、暖かな明かりが灯る。金色に燃える焔は、夕陽に燃えるアッサラームにも似ていた。
 光希の場所は、ここだけ……彼の、ジュリアスの傍に在るのだと、今、ようやく判った。




『織りなす記憶の紡ぎ歌』


prev index next