アッサラーム夜想曲

『織りなす記憶の紡ぎ歌』





 ― 『織りなす記憶の紡ぎ歌・十三』 ―




 胸元に顔を寄せたジュリアスは、何度も唇を落とした。やがて、先端に舌を這わせる。

『ん、ぁっ』

 漏らすまいと唇を噛みしめていても、あえかな声が漏れてしまう。
 迸りそうになる嬌声を、光希は唇を噛みしめてどうにか堪えた。
 男なのに。胸を弄られただけなのに。そんなところで感じるなど考えたこともなかったのに、たった今の刺激だけで、昇り詰めてしまいそうだった。

「酒を飲んだせいか、いつもより赤く染まっている……どこもかしこも、美味しそうですよ」

『ん、ぁ……ッ』

 低く笑みを漏らしたジュリアスは、唇で乳首を挟み、舌先で先端をねぶった。軽く引っ張られながら、ちろちろと舌先でくすぐられる。甘い疼痛とうつうは、腰にまでも達する。

『ふぅ……ッ』

 先端にちゅうっと吸いつかれて、堪らずに光希は声を上げた。ぴんと伸ばした足の指先が、瞬時にきゅっと丸まる。
 声を堪える光希に気付いて、ジュリアスは顔を上げた。噛みしめた唇を、長い指でそっとなぞる。唇のあわいを行き来し、光希の眼を見つめたまま、口内へ指を潜らせた。

「指を、吸ってみて」

『ん……』

「そう。いい子」

 遠慮がちに舌を絡ませると、褒めるように、口腔の柔らかい部分を指でくすぐられた。
 濡れた音が立ち、途方もなく、いやらしいことをされている気分にる。酒よりもずっと濃密な、淫蕩いんとうな空気に酔ってしまいそう……

「光希は口の中も、敏感ですよね……」

 指先に舌先をくすぐられて、光希は顔を赤くした。零れそうになる唾液を呑み込むと、自然と中をまさぐる指を吸い上げてしまう。眼を細めたジュリアスは、光希の目元に唇を寄せた。

「堪らないな……」

 舌を弄ばれながら、情事を連想させるように上下に抜き差しされて、光希はジュリアスに抗議の視線を送った。指に歯を立てると、ふふ、とジュリアスは愉しげな笑みを零した。

「かわいい……いとけない貴方に、口淫をさせているようだ」

『んぅ』

 乳首を指で弾かれて、光希は甘い声を上げた。
 下肢を強く押しつけられる。布越しにも判る猛った熱を感じて、思わず眼を見開いた。

『う、ぁ……うぅっ』

 唾液を纏って濡れた指に乳首を弄られながら、もう片方を熱い舌で舐られる。内股を擦り合わせる光希の痴態を眺めながら、ジュリアスは悩ましげに息を吐いた。

「はぁ……やっぱり、欲しい」

 ジュリアスは光希の腹を撫でた。慄く身体を押さえつけたまま、下肢に手をもぐらせる。

『だめ』

 肩を押えようとしても、ジュリアスはびくともしない。後ろへ逃げようとしたが、下着の奥までも潜り込んだ指先に先端を撫でられた。

「……濡れていますね」

『うわ、ちょっと』

 焦る光希を見下ろして、ジュリアスは蠱惑的に微笑んだ。逃げなくては、そう思うのに、手際よく衣服を脱がせられてしまう。

「触れますよ?」

『待って!』

 腹を打つほど反り返った屹立を、大きな掌に扱かれる。くちゅりと濡れた音が立ち、光希は羞恥に眼を瞑った。強烈な快感に襲われて、肩に手を当てたものの、押し退ける力が湧かない。
 抵抗の殺がれた光希を見て、ジュリアスは本格的に手淫を始めた。中心を扱きながら、一方でやわやわと蜜袋を揉みこむ。

『いやぁ、あ、ぁッ』

 淫靡に指がなぞり上げる度に、腰が跳ね上がる。先走りの蜜を飛ばしながら、光希は幾度も喘いだ。

「久しぶりだから、溢れてきますね……たくさん、良くしてあげる」

 赤く腫れた性器に、ジュリアスは息を吹きかけた。慄いた光希はそこを隠すように手を伸ばしたが、それよりも早く口に含まれた。

『ちょッ!?』

 舐められている――理解が追いつかない。あまりの光景に、光希は鈍器で頭を殴られたような衝撃を受けた。




『織りなす記憶の紡ぎ歌』


prev index next