アッサラーム夜想曲

『織りなす記憶の紡ぎ歌』





 ― 『織りなす記憶の紡ぎ歌・十二』 ―




 しがみつく腕の震えに気付いて、ジュリアスはそっと抱き寄せた。背を摩ると、安堵したように強張りが解ける。

「泣かないで……光希が忘れてしまっても、私が覚えています。いつでも話して聞かせてあげる。少しずつ、知っていきましょう?」

 気持ちを抑えられずに、ジュリアスは黒髪をより分けて、額に唇を落とした。
 ここが限界かもしれない。理性が危ぶむ声をかける。
 このままでは、何をしでかすか判らない……離れようとすると、光希は腕に力を込めた。離れまいとしがみつき、潤んだ眼で仰ぐ。少しだけ開いた唇に眼が留まり、ジュリアスの鼓動は撥ねた。口の中が砂漠のように乾いていく。

『ジュリ……俺達は、どんな関係なの?』

 遠慮がちに伸ばされた手が、ジュリアスの頬を撫でる。その手の上に、そっと手を重ねると、光希は視線を揺らした。

「……私が、恐くないの?」

 この間の夜から、避けられている自覚はあった。酔っているとはいえ、今夜はどうしたのだろう?

『俺達は、恋人なの? ジュリは、俺のことをどう思ってる……?』

「え?」

 泣きそうな顔を見て、ジュリアスは咄嗟に伸ばしかけた手を、意識して下ろした。哀しそうな顔を見て、再び手を伸ばす。
 避けられることを恐れたが、光希は逃げなかった。目元を赤く染めている。

『……俺は、独りじゃないのかな……ここで、ジュリと過ごしてきたんだよね、きっと……』

 瞼を伏せる光希を見つめながら、寝癖のついた黒髪を撫でた。腕の中に光希がいる。欲が芽吹いて、唇に指で触れると、光希は恥ずかしそうに視線を逸らした。照れてはいても、嫌がっているようには見えない。
 ゆっくり顔を傾けると、光希は静かに瞼を閉じた。優しく唇を重ねあわせる。顔を離すと、蕩けた眼でジュリアスを仰いだ。

『……ジュリ』

「ん?」

『もう一回して?』

「……?」

 首を傾けるジュリアスを仰いで、光希は躊躇いがちに身を乗りだした。首を伸ばして、唇の端にそっと口づける。

「光希……」

 深い幸福感に包まれて、ジュリアスは言葉を失った。渇いた心の奥底まで、潤っていく。

『……嫌だった?』

 絶句し、唇を押さえるジュリアスを見て、光希は狼狽えたように視線を揺らした。

「私に触れられるのは、嫌ではない?」

 互いに、疑問口調を繰り返して、沈黙する。
 腕の中で大人しくしている光希の顔を覗きこみ、試すようにこめかみに口づけた。光希は、甘えるようにジュリアスに体重を預けてくる。
 許されているとはっきり感じて、欲が疼いた。もっと触れてもいいのだろうか……

「光希……」

 少しだけ身体を離して顔を覗きこむと、光希は潤んだ眼でジュリアスを見た。気がつけば、柔らかな身体を組み敷いていた。もう、堪え切れない――

 視界が反転した。

 襟の紐を解かれて、薄紗の夜着に手が入りこむ。丸い腹を撫で上げられて、光希の頬は燃えるように熱くなった。
 記憶の抜け落ちている光希にとって、直に素肌に触れられるのは、これが初めてだ。
 咄嗟に撥ね退けようともがくと、両腕を頭上でまとめられて、きつく絨緞の上に縫い留められた。仄昏い部屋の中で、額の宝石と青い双眸だけが、不思議な光彩を放っている。

『あ……』

 その瞳の色を見て、ぞくりと背筋が震えた。射抜くような、強い眼差し。知っている――

『う、ぁ』

 つぅと肌をなぞる指先に、乳首を摘まれて、光希は喉を鳴らした。やんわりと刺激を与えられて、甘痒い疼きが走る。
 乳首を弄られている。
 衝撃に狼狽える間もなく、両の尖りを何度も指で愛撫された。繰り返されるうちに、甘い痺れは全身に広がり、腰にまでも達した。

「んん……」

 服をたくしあげられ、肌が青い眼にさらされる。何度も弄られたせいで、そこが尖っているのが見なくても判る。

『見ないで……』

 熱い視線に耐えかねて、光希は羞恥に顔を倒した。上気した端正な顔は、あまりにも扇情的で眼の毒だ。

「……誘ったのは、貴方だ。今夜ばかりは、私を責めないで欲しい」

 艶めいた低い声に、ぞくり、と背筋が慄えた。




『織りなす記憶の紡ぎ歌』


prev index next