アッサラーム夜想曲

『織りなす記憶の紡ぎ歌』





 ― 『織りなす記憶の紡ぎ歌・十一』 ―




 深夜。
 眼の醒めた光希は、隣にジュリアスがいないことに気付いた。
 最近は、いつもそうだ。光希と同じ寝台で眠ることを、避けているように思う。
 もの哀しく感じながら、いつもであれば眠りにつくのだが、その日はどうにも心細くて起き上がった。

『はぁ……』

 自分でも、驚くほど沈んだため息が零れた。
 あの夜から、ジュリアスは光希に対して一線を引くようになった。あんな風に触れたのに、今になって二人の距離を軌道修正するように、触れなくなったのだ。
 丁寧で柔らかな物腰は変わらないが、光希の常識に合わせるように、紳士的な触れ方しかしなくなった。
 差し伸べる手はどこまでも優しいのに……何かが物足りない。
 一体、何が?
 最初はあんなに戸惑っていたのに、触れられなくなると、離れていく指先を未練がましく視線で追いかけてしまう。
 もう、言い逃れはできない。
 夜毎、身体の奥に焔が揺らめいている。
 記憶も定かではないのに、光希はジュリアスを欲していた。
 こんな思いをするなら、あの夜、彼を拒まなければ良かった……一夜限りでもいいから、抱いてもらえば良かった。
 日が経つほどに、あの夜を後悔している。あの夜が二人の分岐点だったように思える。
 もう、どうすればいいのか判らない……
 夜空を見上げれば郷愁を誘われるが、それ以上にジュリアスに背を向けられることが辛い。
 彼が、離れていってしまう。
 そう思うと、途方もなく胸を締めつけられた。どんな不安よりも、ジュリアスに見放されることが怖い。

『……っ』

 目頭がふいに熱くなり、堪える間もなく、涙が溢れた。ぱたぱたと次から次へと零れて、手を濡らす。
 酷い精神状態で、自分でも制御できない。彼を想うだけで、泣いてしまうなんて。
 あぁ……いつの間に、こんなにも惹かれていたのだろう?
 彼を失うかもしれないと思っただけで、身体が竦んでしまう。
 こうまで追い詰める理不尽な運命が、理解を越えた世界が憎い。一体自分が何をした?
 欲しい説明は、何一つ得られない。
 この世界に、光希の居場所なんてない。ジュリアスの示す居場所に、甘えているだけだ。

『ジュリ……』

 そっと呼んだ名は、夜闇に吸い込まれた。唇を噛みしめると、涙を拭って光希は顔を上げた。
 寝台の傍に置かれた照明に手を伸ばして、火を灯す。ジュリアスの姿を探して、そっと廊下に出た。
 寝静まった屋敷を歩いたことがないので、少々不安であったが、応接間の扉下から、光が漏れていることに気付いて胸を撫で下ろした。

「誰です?」

『あ、あの』

 扉前で立ち尽くしていると、中から声をかけられた。返事に詰まると、こちらへ近付く靴音が聞えた。

「光希?」

 扉を開いたジュリアスは、立ち尽くす光希を見下ろして、眼を瞠った。普段とは違う、襟を寛げたしどけない様子に、光希は視線を逸らした。

『こんばんは……すみません、眼が醒めてしまって』

「こんな時間に……どうかしました?」

 問いかけるような口調に視線を戻すと、光希は曖昧に頷いた。かすかな酒精の香りに、身体が火照りだす。
 そっと部屋の奥を覗きこむと、書斎机に酒杯が置かれていた。一人で飲んでいたようだ。

『……いいな』

 羨ましそうに呟くと、ジュリアスは扉を大きく開いて、光希を中へ招き入れた。紳士らしく、椅子にかけていた上着を拡げて、光希の肩にかけようとする。

『平気です』

「こんな薄着で……一体どうしたのですか?」

 何かに気付いたように、ジュリアスは小さく眼を瞠った。光希のまなじりにそっと指で触れる。少し赤い眼淵まぶちをなぞり、心配そうに眉を寄せた。
 慰めるように肩を撫でられ、光希は誤魔化すように笑みを浮かべた。机の傍へ寄り、酒瓶を見下ろす。

「光希?」

 不作法を心配しながら、恐る恐る杯に手を伸ばす。ジュリアスは見咎めはしなかったが、心配そうな顔をしている。

『やっぱり、お酒?』

 一口含むなり、光希は顔をしかめた。喉が燃えるようだ。随分と強い蒸留酒だが、割りもせずに飲んでいたのだろうか?

「そんなに傾けては、貴方はあまり強くないのですから……」

 杯を取り上げられそうになり、光希は悪戯心で手を引いた。

『俺も飲みたい』

 数歩を下がって杯に口をつけると、ジュリアスは困ったように笑った。書棚にしまわれた硝子箱を空けて、中から小ぶりの杯を取り出す。中に酒を注ぐと、光希に手渡した。

「飲むなら、こちらをどうぞ」

『いいの? 「ありがとう……」』

 杯を受け取ると、光希は絨緞に腰を下ろした。どうやら、ここに居てもいいらしい。

「少し飲んだら、休みましょう」

 想いを持て余して、強い酒を、次から次へと光希は煽った。

「光希? そんなに飲んでは……」

 ジュリアスが杯を取り上げようとすると、光希は拗ねた顔をした。取り上げられてたまるものかと、杯を持った手を遠ざける。

『いいんだ。俺、きっと成人しているから』

「そんなに顔を赤くして。ほら、水を飲んで」

『飲みたいんだ』

 水を勧める手を巧みに躱して、酒を煽る。仕方なさそうに笑うジュリアスを見て、光希は悪戯めいた笑みを零した。
 打ち解けた様子を見て、ジュリアスはほっとしたように、肩から力を抜いた。

「記憶を失くしても、貴方は変わりませんね。こうして傍にいるだけで、本当に、どうしようもなく惹かれてしまう……」

 穏やかな口調に耳を傾けていると、ジュリアスはどこか困ったように視線を揺らした。

「この間は、驚かせてしまってすみませんでした。私が狼狽えてはいけないのに、冷静を欠いてしまって……」

「だいじょうぶ」

 気落ちした声を聞いて、思わず光希はそう口走った。発音はたどたどしいが、正しく伝わったのか、ジュリアスは眼を瞠っている。

「ジュリ、だいじょうぶ。だいじょうぶ……」

 繰り返すと、ジュリアスは間もなく相合を緩めた。青い瞳を細めて、光希を見つめる。

「はい、大丈夫です……」

 黒水晶のような双眸に映りながら、ジュリアスは救われた心地で囁いた。
 巡り逢えたことが奇跡なのだ。
 傍に光希がいて、何を恐れることがあるのだろう。
 記憶を失くしていても、光希は光希だ。今夜も、沈んでいるジュリアスを心配して、夜分に姿を探してくれた。愛する本質は何も変わらない……そう思うと、昏い霧のような諦念は晴れていった。
 優しく慰められてジュリアスの気分は上向いたが、今度は光希の方が沈んだ声を出した。

『迷惑かけて、すみません……』

 注意深く様子を見守りながら、光希の傍にジュリアスは腰を下ろした。肩を抱き寄せれば、柔らかな身体は素直にもたれかかる。

『ジュリは、特別なんだ……それだけは判る。迷惑かけてばかりだけど、見放さないで……』

 潤んだ声を噛み殺すと、伏せた顔をジュリアスの胸に押し当てる。いたいけな姿に、堪らないほど愛しさが胸にこみあげた。

「そんなに風に触れては……」

 強く抱きしめたい念に駆られて、理性を総動員させた。
 固く拳を作り、どうにかじっとしていると、光希の方から抱き着いてきた。




『織りなす記憶の紡ぎ歌』


prev index next