アッサラーム夜想曲

『織りなす記憶の紡ぎ歌』





 ― 『織りなす記憶の紡ぎ歌・一』 ―





 ――期号アム・ダムール四五四年六月。

 アッサラームより南東の小さな集落は、稀に見る大旱魃かんばつに見舞われた。
 オアシスの地下水を延々と集落まで引いて、井戸から汲み上げているのだが、数ヶ月に及ぶ厳しい日照りが、供給源たるオアシスを枯渇させた。
 そのオアシスこそ、光希がアッサラームに導かれた始まりの場所である。
 天候を読むのは大神殿に従事する、星詠神官メジュラの仕事である。神力に長けた者であれば、祈祷を用いて、晴れた空に雨雲を呼こともできる。
 宝石持ちであるサリヴァンは、星詠神官の最高位神官シャトーウェルケに就いており、祈祷における達人でもあった。彼は三度に渡り雨を呼んだが、その地に根づく不運の連鎖は深く、一時潤っても、すぐにまた枯れてしまう。
 この事態を、最も完結に、つ奇妙珍事のように結論づけたのは、アースレイヤだ。
 彼の話を総括する。
 言わずもがな、海で隔たれた広大な大地を、それぞれの神が守護している。
 覇を競う二神は、互いの守護大地を脅かさんとし、先の東西大戦では西が決勝した。面白くない東の神――冥府のハヌゥアビスは腹いせに、嫌がらせを仕掛けているのだと。
 まるで呪いではないか……不安を掻き立てられた光希は、祭壇で密かに交わしたこの話を、サリヴァンにも話した。彼は笑わなかった。むしろ厳しい顔つきで肯定した。

「長い歴史を紐解けば、大戦に勝利した国には、しばしば不遇が続きます」

「不遇?」

「然様。大戦に勝利しても、勢力範囲を伸ばせぬ最大の要因がこれです。勝利した国には、天災や事故といった不運が重なり、侵略の機会を阻まれるのです」

「では、アッサラームに試練が課せられると?」

「旱魃、嵐、内乱……様々な不遇に治世を乱される。栄華を築いても、勢力範囲を伸ばすには至らない」

「やっと、大戦を乗り切ったのに……」

 まさか、本当に自然外の力が働いているとでもいうのであろうか?

「夜空にあまねく大海原にどれだけ眼を凝らしても、地上にいては天のことわりを紐解けはしません。これは仮説ですが、東西大戦を決勝に導く為に、今回は、シャイターンがより大きな犠牲を払ったのではないかと考えております」

「犠牲、ですか?」

「連綿と続く東西の拮抗を考えると、強大な神においても、何らかの制約がある可能性が考えられます。全面戦争で決勝しても、勢力範囲を伸ばせない。勢いを殺がれる何らかの制約により、もう一方が力が蓄え……戦力が再び拮抗した時に、激突は起こるのではないかと」

「……」

「地上では西が決勝しても、天空ではハヌゥアビスが余力を残しているのかもしれません」

 その荒唐無稽にも取れる説を、光希はどう受け止めればよいか判らなかった。ただ漠然と、シャイターンの払った犠牲とは、時空を越えて、光希を呼んだことではないか……そんな不安に駆られた。
 まさか光希のせいで、西に不遇を招くとは考えたくもないが……
 黙りこくった蒼白な顔を見て、サリヴァンは心中を察したように、皺の浮いた手を光希の肩に乗せた。

「殿下。貴方がこの地にいらしたのは、紛れもなく、アッサラームの思し召しです。その点において、不安に思うことは何一つありませぬ」

「……僕の力では、計り知れないことが多過ぎて、時々、無力感に打ちのめされそうになります」

「貴方は、尊い天上人であると同時に、アッサラームの民でもある。地上と天空に住む二人のシャイターンは、必ず殿下をお守りしてくださるでしょう」

 理解しきれたわけではないが、その言葉には思い遣りがあり、光希は小さく頷いた。
 その日の夜。団欒の一時に、同じことをジュリアスにも訊ねてみた。

「ジュリはどう思う?」

「確かに、宿敵は討ち取りましたが、冥府の神は牽制を仕掛けてくるかもしれません」

「そんな」

「東西大戦のような衝突には至りませんよ。ただ、師のいう通り、アッサラームへの試練は続くかもしれませんね」

 黙す光希を見て、ジュリアスは安心させるように微笑んだ。

「案じても、時に試練は訪れるものです。これまでも二人で乗り越えてきたではありませんか。次も同じことです。ね?」

「……うん」

 頷いたものの、顔は下を向いた。ジュリアスは光希の垂れ下がった両手を掬い取ると、励ますように小さく揺らした。そのまま腕を引かれて、広い胸に抱き寄せられる。
 何事も起きなければいい。腕の中で祈りながら、光希は瞳を閉じた。




『織りなす記憶の紡ぎ歌』


prev index next