アッサラーム夜想曲

『クロガネの応援歌』





 ― 『クロガネの応援歌・四』 ―




 少しずつ、状況は好転していった。
 ノーアは適度に周囲を頼るようになり、一方で人の三倍の努力を続けた。自分の力量の少し上、ぎりぎりこなせる受注に挑戦して、実力を少しずつ伸ばしていった。
 今日も、終課の鐘が鳴ってもノーアは作業を続けている。
 彼がやっているのは、そう難しくない平面装飾だが、根気のいる作業で、精緻な蔦模様を全面に入れなければならなかった。
 物言いたげなスヴェンの視線にも動じることなく、たがねを打つ横顔は、真剣そのものだ。疲れた顔をしているが、いい顔をしている。
 ノーアは、七日をかけて見事に受注を終えた。

「やるじゃん」

 丁寧な装飾を見て、スヴェンは感心したようにいった。賞賛を受けて、ノーアは嬉しそうに肩から力を抜く。

「ありがとう!」

 てらいのない笑顔でノーアがいうと、傍で見ていたパシャも肩を叩いた。
 ノーアの努力は本物だ。
 相変わらず作業に時間を要するが、精度は高い。謙虚な性質も変わらず、皆が嫌がる根気のいる作業にも率先して取り組む。
 自然と、周囲の対応も変わっていった。
 もてる技術を共有して、彼の成長を助けている。スヴェンの態度もここしばらくの間に軟化し、もたつくノーアに苛立ちながらも、好意的な助言をかけることが増えていった。
 善良な者が、努力を積む姿には勇気づけられるものだ。
 人は成長するものだと、感じずにはいられない。
 鏨を持つ手つきも様になり、最初は右往左往していた材料選びにも、迷わず棚から持ち出すようになった。
 十日を要した受注を、五日で終えるようになった。
 自分の受注だけでなく、人の受注を意識するようにもなり、どのような装飾、工程を要するのか情報を得るようになった。
 あんなに内気で臆病だったノーアが、自分から声をかけにいく姿を見た時、光希は思わず涙ぐんでしまった。

「あの子、成長したよね」

 しみじみと呟く光希を見て、ケイトは微笑んだ。

「よく頑張っていますね」

 彼の成長が、我がことのように嬉しい。
 クロガネ隊は素晴らしい工房だ。彼等と共に働けることが、光希は嬉しかった。
 怒涛の日々は、過ぎゆく。
 大量受注の目途もたち、クロガネ隊の面々にも生気が戻ってきた。サイードも然り。彼は三人の歓迎会をしようと工房仲間に呼びかけた。こういった誘いを、普段は遠慮する光希だが、この時は三人を歓迎してやりたいと思った。

「ジュリに聞いてみます。許可をもらえたら僕もいきます」

 即答で断らない光希を見て、サイードは嬉しそうに破顔した。

「なんなら、総大将もご一緒されるといい」

「はは……一応、聞いてみます」

 断られるだろうなぁ、と思いつつ光希は愛想笑いを浮かべた。
 その日の夜。屋敷に戻ってきたジュリアスを捕まえて、光希は早速切り出した。

「ジュリ、僕も歓迎会に行っていいかな?」

「歓迎会?」

「クロガネ隊の皆で、新人歓迎会をするんだ。最近ようやく落ち着いたし、僕もいきたい」

「場所はどこですか?」

「詳しくは知らないけど、サンマール広場の周辺みたい」

「いつ?」

「まだ決まってない。早ければ三日後?」

 思案気な顔になるジュリアスを見て、光希は続けた。

「一応、帽子と覆面はつけていくよ。隅に座っていれば、人目につかないと思う。アージュも連れていくから、いいかな?」

「判りました」

「えっ、本当!?」

「店を貸し切って、見えないところに護衛を配置します。軍車で、送迎をさせてくれるなら」

「ありがとう!」

 嬉しそうに笑う光希を見て、ジュリアスも表情を緩めた。

「たまには、いい気分転換になるでしょう。楽しんできてください」

 まさか本当に許可が下りるとは思っていなかった光希は、満面の笑みで頷いた。

「ジュリも一緒にいく?」

「私がいては、皆を緊張させてしまいますよ」

「そんなことないよ。喜ぶと思うよ」

 何より、光希が嬉しい。ジュリアスは微笑みを浮かべると、腰をかがめて光希の額に唇を落とした。

「私のことは気にせず、楽しんでいらっしゃい」

「……そう?」

「後で話を聞かせてくださいね」

「うん。今度、二人で飲みにいこうね」

 手を繋いで微笑みかけると、ジュリアスも嬉しそうに頷いた。

 +

 翌日。
 許可が下りたことを工房仲間に告げると、皆が笑顔になった。光希が同僚達と工房の外で飲みにいくのは、これが初めてかもしれない。
 どこから聞きつけたのか、ヤシュムとユニヴァースも出席したいといい出した。わざわざ工房に顔を出して、サイードに直接交渉したのである。

「いやぁ、殿下と飲めるなんてめったにないし!」

 へらりと笑うユニヴァースを、サイードは隻眼を眇めて呆れたように見下ろしている。

「こいつはともかく、お前もか?」

 視線を向けられて、ヤシュムはからりと笑った。 

「酒が飲めると聞いてやってきたぞ!」

「一応、うちの新人の歓迎会なんだがな」

「なら、うちも第一騎馬隊から適当に新人を連れてくる。殿下と一緒に呑めるなんて僥倖ぎょうこう、滅多にないから喜ぶだろう」

「適当に連れてくるな」

 面倒そうな顔をするサイードを見て、ヤシュムは哄笑こうしょうを飛ばした。その様子を笑顔で眺めている光希を見て、ユニヴァースは不思議そうに首を傾げた。

「それにしても、よく許可が下りましたね。もしかして、総大将もくるんですか?」

「いや、ジュリはこない。アージュはくるよ」

 ね、と後ろを向くと、同意を求められた青年は、どうでも良さそうな視線をユニヴァースに投げた。ついでに一言。

「邪魔」

「俺が? 酷くない?」

「面倒」

「ふふん、俺は殿下と楽しく飲むんだ。羨ましいだろう? お前はしっかり警護を務めろよ」

「……」

 空気がひんやりとして、光希は二人に間に割って入った。

「ほらほら、喧嘩しないで。ちょっとくらい、アージュも飲んで平気だよ。外にも護衛はいるだろうから」

「殿下は、優しいなぁ」

 大袈裟に腕を拡げて抱き着く真似をするユニヴァースの顔面を、ローゼンアージュは無言で鷲掴んだ。
 くぐもった声で、意味不明に喚くユニヴァ―スを見て、光希は愉快な気持ちで笑った。




『クロガネの応援歌』


prev index next