アッサラーム夜想曲

『クロガネの応援歌』





 ― 『クロガネの応援歌・三』 ―





 難航は続く。
 日を追うごとに、ノーアの遅れは悪化した。光希の補佐負担は増し、三人の関係もぎくしゃくし始めた。
 元から協調意識の低いパシャは別として、中心的役割を担っていたスヴェンの、ノーアに対する当たりがきつくなったことが原因だ。彼は、何事も遅れをとるノーアに、次第に苛立つようになった。
 大人しいノーアは、自分を責めて悲壮感を漂わせ、スヴェンはそっぽを向き、パシャは面倒そうな顔でその様子を眺めている。全く、てんでばらばらだ。

「どうしたものかなぁ……」

 離れた所から三人の様子を眺めて、光希はぼやいた。

「ノーアは時間がかかるかもしれませんね」

 ケイトの言葉に、光希も無言で頷いた。とりとめのない雑談をしていると、スヴェンが傍へやってきた。

「何の話ですか?」

 警戒気味に尋ねるスヴェンを見て、

「お早う、スヴェン。三人共頑張っているなって、話していたんだよ」

 ケイトは柔らかく微笑んだ。たちまち頬を染めるスヴェンを見て、光希は微笑ましい気持ちになった。

「先輩達はノーアに優しいですよね。いいなぁ」

「なんで拗ねてるの? スヴェンのことだって、ちゃんと見ているよ」

 そういって光希が笑うと、スヴェンは唇を尖らせた。

「ならいいんですけど……」

「そろそろ朝礼が始まるよ。スヴェンも準備をしておきな」

 ケイトが言うと、少年は素直に返事をして背中を向けた。隣で光希がにやにやしていると、ケイトは微妙そうな表情を浮かべた。

「何ですか?」

「好かれているなぁと思って」

「殿下には遠く及びません」

「いやいや、ケイトには負けるよ」

「いえいえ、殿下には……」

 しまいには肘で突き合っていると、アルシャッドに朝礼の声をかけられた。準備に取り掛かると、忘れていた受注を思い出したノーアが、蒼白な顔で光希の前にやってきた。

「す、すみません! 修繕の件、すっかり忘れていて……ッ」

「あー、それなら平気、やっておいたから」

 気にしないで、と笑う光希を見て、ノーアは強張った顔で肩をすくめた。

「あ、僕……申し訳ありませんでしたッ!」

 肩をいからせて、酷くどもりながらノーアは応えた。
 その悲痛な謝罪の声は、まだ人もまばらな朝の工房に、やけに響いた。スヴェンやアルシャッドも、こちらを見ている。慌てた光希は、ノーアに顔を上げさせた。

「謝らないで、僕の配分がよくなったんだから。ちょっとやり方を考えてみるよ」

 平静さを装い、穏やかに声をかけながら、光希は内心で舌打ちをした。
 いざとなったら自分がやればいい、そう思っていたが、受注の仔細は把握していたのだ。苦戦している状況を判っていたのだから、他の仕事を任せるか、引き取るにしても工程を共有すれば良かった。
 入って間もない新人に、こんな顔をさせるようでは先輩として失格だろう。
 反省した光希は、やり方を改めた。
 良さそうな案件を幾つか抜いて、本人に選ばせようと思い、アルシャッドの手が空いた隙を狙って声をかけた。
 意見をもらいながら、受注書を振り分けていると、

「お前、不器用過ぎだろ。まだできてないのかよ?」

 呆れたようなスヴェンの声を背中に拾い、光希は手を止めた。口調からして軽口のようだが、いささか無遠慮だ。

「殿下?」

 手を休めたままの光希を見て、アルシャッドは不思議そうに首を傾けた。

「あ、すみません――」

 意識を手元に戻したものの……

「本当にさぁ、どうやってクロガネ隊に入ったの?」

 返事のないノーアに追い打ちをかける、スヴェンの心無い一言に再び手を止めた。
 衝動的に立ち上り、つかつかと二人の方へ歩み寄ると、驚く顔で仰ぐ二人の肩に光希は腕を回した。

「こら、喧嘩するんじゃない。同期なんだから、仲良く精進しなよ」

「殿下ッ!!」
「わわわ……」

 眼を丸くしている二人の頭を、悪戯に掻きまわした。

「ノーア、焦らずやればいいよ。皆がついているんだから。スヴェンも手伝ってあげて。ノーアが慣れてくれば、今度は彼が君を助けてくれるよ」

 軽い口調で告げると、二人は神妙な顔で頷いた。先輩風を吹かせているかなぁ、と少々不安になりながら光希はアルシャッドの元に戻った。彼は、菩薩のような微笑を浮かべていた。

「えっと、すみません。どこまで話しましたっけ……」

「成長しましたねぇ」

 しみじみと呟くアルシャッドを見て、光希は面映ゆげに沈黙した。尊敬する先達を前にしては、光希もまだまだ至らない一弟子に過ぎない。
 それに、仲裁はしたもののノーアとスヴェンの空気は良好とは言い難い。
 一日沈んだ顔をしていたノーアは、休みを勧める周囲の言葉に耳を貸さず、終課の鐘が鳴っても工房に残っていた。
 声もかけずに工房を出ていくスヴェンを見て、光希はノーアの傍へ寄った。

「まだやっていくなら、僕の作業を参考に見てみない? 今から中心の竜を意匠するんだ」

 背中に声をかけると、ノーアは弾かれたように振り向き、遠慮がちに頷いた。

「よく見ていて」

「はい」

 薄く伸ばした鉄に、双龍の意匠を筆でかたどる。
 たがねを持つと、迷うことなくつちで打った。軍の象徴でもあるは、これまでに何百と打ってきた。昔は苦労したが、今では光希の得意な柄の一つである。

「すごいなぁ……」

 澄み切った尊敬の眼差しを向けられて、光希は照れくさそうに微笑んだ。

「ありがとう。すぐにノーアもできるようになるよ」

「そうでしょうか……」

「僕も、最初は失敗の連続だったよ。納期前に工房で倒れて、皆に迷惑をかけたこともある」

 眼を瞠るノーアを見て、光希は眼元を和ませた。

「僕はね、ジュリのおかげで、クロガネ隊に入れてもらえたんだ。正規で入隊した他の隊員に対して、最初は引け目を感じていたよ」

「……」

花嫁ロザインとしての気負いもあったし、人より出遅れている分、頑張らないとって思っていた。でも、言葉で不自由したり、基礎で躓いたり、とにかく酷かった」

「殿下が?」

「うん。ノーアよりずっと苦戦していたよ。誰だって、最初からできるわけじゃない」

「……」

「皆、失敗を繰り返して成長していくんだ。前に進む気持ちがあれば、大丈夫。焦らず、できることから、少しずつ始めていけばいいよ」

 ものづくりは試行錯誤の連続だ。
 挫折しない人間なんていない。項垂れ、悲嘆し、打ちのめされ、なおも挫けず挑み、這いつくばって努力を続けた者だけが、その先に輝く奇跡を見るのだ。

「できることから……」

 噛みしめるように反芻するノーアを見て、光希は手を休めた。しょげたように肩を落とす少年を真っ直ぐ見つめる。

「時間がかかっても、ノーアの彫りは細部まで丁寧で、僕は安心して仕上げを任せられるんだ。人には個性があって、それぞれの長所がある。ノーアのいいところを、ゆっくり伸ばしていけばいいよ」

 微笑みかけると、ノーアは眉を八の字に下げて顔を歪めた。

「僕は、人より手も遅いし、居残っても成果を出せなくて、悔しいです。自分が情けない……ッ」

 最後の方は、声が潤みかけた。泣くまいと歯を食いしばる姿に、昔の自分が重なって見える。

「ノーアの頑張っている姿は、皆も認めているよ。投げ出さずに、努力する姿勢は本当に素晴らしいと思う。今はきついかもしれないけど、やめないで欲しいな」

「はい……ッ」

「躓かない人間はいないよ。誰かと比べて落ち込む必要はないし、自分なりに、最大の努力ができればそれでいいと思う」

 ついにノーアは、ほろほろと涙を零した。幾筋もの涙が、頬を濡らしていく。嗚咽を堪える少年の頭を、光希はくしゃりと撫でた。

(頑張れ、ノーア)

 強く、心の中で声援を送る。
 まだ十三の少年なのだ。未熟で当たり前。身の丈を越えた挫折は深く、乗り越えねばならない壁は、遠くて高い。
 今は、努力がなかなか成果に繋がらず、辛かろう。先に進んでいく同期の背中を見て、不安に駆られる気持ちはよく判る。
 だが、努力は決して無駄にならない。
 彼の心を鍛え、自信を与え、いつか苦戦していた受注をこなせる日が、必ずやってくる。経験に裏付けられた光希の確信であった。




『クロガネの応援歌』


prev index next