アッサラーム夜想曲

『クロガネの応援歌』





 ― 『クロガネの応援歌・一』 ―




 大戦が終結し、欠けた人員の補充も兼ねて、クロガネ隊に新人が配属されることになった。
 光希の所属する工作班にも、十名の配属が決まった。
 そのうちの五名は成人したばかりの少年達で、光希より背も低く、整った顔立ちはあどけなさを残している。腰に佩いたサーベルも重たそうだ。
 クロガネ隊の伝統として、一年以上勤務した者には、直属の弟子がつく。光希がアルシャッドに師事するように、他の者にも決まった師匠がいて、自分の成長と共に弟子がつき、技術を後衛へと伝えていくのだ。
 光希は既にクロガネ隊に三年務めているが、特異な身分ゆえ、これまで弟子を持たなかった。
 その暗黙の了解に、一石を投じたのはアルシャッドだ。
 彼は、新人が投入されることを機に、光希に弟子をつけることを提案したのである。中には案じる声もあったが、サイードの後押しもあり実現した。
 一人だけを弟子にして不平が生まれぬよう、ケイトが補佐につく形で、三人の弟子をとることに決まった。
 教育をしたことのない光希は、緊張しつつも楽しみにしていた。自分とアルシャッドのように、良好な関係を築けていけたらいい。

 ――記号アム・ダムール四五三年。四月一〇日。

 初々しい三人の少年達は、背を伸ばし、かかとをきっちりと揃えて光希の前に立った。青い瞳を期待と希望に煌めかせて、まだ丸みのある頬を仄かに染めている。

「お会いできて、光栄です! シャイタンーンの花嫁ロザイン

「いやいや、そんな……」

 一点の曇りもない憧憬の眼差しで見上げられて、光希は頭を掻いた。周囲を見渡せば、工房仲間達は面白そうな顔で眺めている。

「毎年の名物だけど、大戦を乗り切って拍がつきましたなぁ。今年は勢いが違う」

 にやにやとした笑みを浮かべて、禿頭とくとうのサイードがいった。
 苦笑で応えると、面白がるような顔つきのケイトと目が合う。誤魔化すように咳払いをすると、胸に手を当てて少年達に向き直った。

「僕はケイトです。殿下と共に、君達の指導に当たります。判らないことがあれば、遠慮せずに聞いてください」

 柔和な笑みでケイトがいうと、三人は元気よく返事をした。スヴェンはケイトに眼が釘付けになっている。一目惚れか?
 楽しくなりそうな予感に、光希は密かに胸を躍らせた。

 十日も経つ頃には、三人の間に差が生まれ始めた。
 同時に教えていても、呑み込みの仕方や速度が違う。
 最も呑み込みが早いのはスヴェンで、天性の才に恵まれていた。要領も愛想も良く、器用に何でもそつなくこなすので、早くも将来を嘱望しょくぼうされている。純情な一面もあり、頬を染めてケイトに話しかける様子などは見ていて微笑ましい。
 パシャは個性派で、単純な課題を与えても、思いもよらぬ見事な結果で応えてみせる。才能豊かなのだが、いささか飽きっぽい性質をしており、単調な作業が続くとやる気をなくす。
 二人の影に隠れて、あまり注目されないノーアは、三人の中で一番の努力家で、人が嫌がる単調作業も率先して引き受けている。内向的な性質で、自分から人に声をかけることは苦手なようだ。呑み込みも遅く、たがねを持つ段階になると、一度はいらぬ傷をつけてしまう。
 ここ最近よく見かける光景は、失敗の多いノーアをスヴェンがからかい、気まぐれにパシャが口を挟むというものだ。
 三人の中で中心的な役割を担っているのは、スヴェンである。
 日が経つにつれて、その傾向は顕著になった。苦戦するノーアの世話を焼き、我関せずなパシャに声をかけて、三人で励もうとしている。
 互いに切磋琢磨していってほしいものだが、ノーアは大分苦戦しているようだ。他の二人が優秀過ぎて、追いつくことに必死に見える。
 自然と、光希もケイトもノーアに時間を割くことが増えていった。ケイトを好いているスヴェンはこれが面白くなく、些細なことでノーアに突っかかるようになった。
 今も、終課の鐘が終わっても席を立とうとしないノーアを、物言いたげな顔でスヴェンは見下ろしている。

「あと何が残ってるの? 手伝おうか?」

「ありがとう。でも、大丈夫、自分でやれるから」

 申し出をやんわりと断られ、スヴェンは複雑そうな表情を浮かべた。

「ノーアさ、あんまり工房に居残るなよ」

「うん……でも、僕だけ遅れてるから」

「お前があんまり工房に詰めてると、終課で上がる俺等がさぼってるように見えるじゃん」

「え……」

「俺、自分が残るのも好きじゃないけど、人が残るのも嫌なんだよ」

「そっか……んと、気にしないで。これは僕の仕事だし、大分やりかけちゃって、手渡すのも中途半端だから」

「そうか?」

「うん」

「……後で先輩に教えてもらってんの?」

「いや、独りでできる作業だから」

 どこか妬心の滲んだスヴェンの口調に、ノーアも強張った表情で応えている。
 手先を動かしながら、背中に聞こえてくる彼等の会話に光希の意識は引っ張られた。
 隣を見ると、物言いたげなケイトと目が合う。互いに、どうする? と目配せをした。
 声をかけようか、どうしようか……躊躇っているうちに、スヴェンは工房を出ていった。ちなみに、パシャはとうに帰っている。
 独り残ったノーアは、のろのろと手を動かし始めた。気のせいではなく、背中に元気がないようだ。
 人に迷惑をかけずに自力で頑張りたいノーア。そんなノーアを見ていて、効率が悪いと不満を覚えるスヴェン。
 第三者としては、どちらの気持ちも判る。
 三人の中で、ノーアの努力の比重は最も大きいだろう。彼に求められている課題は山ほどある。それは仕方がない。
 ただ、彼等はもっと、お互いの状況に気を配れるようになるといい。できれば、そのことに自分達で気付いて欲しかった。




『クロガネの応援歌』


prev index next