アッサラーム夜想曲

『栄光の紋章』 - ジュリアス -





 ― 『栄光の紋章・三』 ― ジュリアス




 朝課の鐘が鳴る頃、隊商宿キャラバン・サライへ戻った。
 夜も更けているが、まだ休むわけにはいかない。照明を灯して、卓上にザインの地図を広げると軍議を再開した。
 もはや、和議は不可能――いつ抗争が起きてもおかしくはない。
 リャンの救出について話しが及んだ時、ゴダール家の遣いの者が訪ねてきた。バフムート・ゴダールとは、先ほど屋敷の前で別れたばかりだ。
 訝しみながら部屋に招き入れると、使者と共に現れたのは公爵本人であった。

「どうしたのです?」

 ジュリアスが声をかけると、バフムートは厳しい顔つきで一礼した。その場にいる全員の眼が彼に集中した。

「ご無礼をお許しください。どうしても、お伝えしたいことがありまして……リャンは、彼は、革命軍なのです」

 予想外の告白に、その場にいた全員が眼を瞠った。

「ゴダール家の嫡子が、なぜ革命軍に?」

「若者は、何でも議論の種にするものです。孫もまた、親しい者と論を交わすうちに熱くなり、私が気付いた時には革命軍、それも率いる立場にありました」

「それは、グランディエ公爵も知っているのですか?」

「公にはしておりませんが、恐らく気付いているでしょう」

「今朝の件といい、先代のドラクヴァ公爵の件といい、リャンが関わっているのですか?」

「いいえ! あの場では、ドラクヴァを罵りましたが、仕掛けたのはジャムシードです。我々もドラクヴァも彼の奸計かんけいに嵌められたのです」

 苦々しい想いを吐き捨てるように、バフムートは言い切った。

「嵌められた? そうと知りながら、ドラクヴァに宣戦布告したのはなぜです?」

「真実を明かしても、無意味です。ドラクヴァは報復がしたいのではなく、領主の座を競う相手を滅ぼしたいのです。身を守る為には、こちらも武装するしかありません」

 一応、筋は通っている。ナディアに視線を向けると、強い視線が返された。彼も、同じことを考えているらしい。いよいよ抗争が起きる――

「もう、衝突は避けられません。ならば、ドラクヴァがリャンを殺す前に、こちらから仕掛けるつもりです」

「それでは、他の二家の思う壺ではありませんか?」

「止むを得ません。明日は血の雨が降ります。どうか安全なところに、お隠れになっていてください」

 一礼して、退出しようとする。和議や戦略の相談にきたわけではないのだろうか?

「それだけを伝える為に、ここへ?」

 背中にジュリアスが声をかけると、バフムートは覚悟を決めた瞳で振り向いた。

「我等三家、元はアッサラームの藩屏はんぺいです。金色こんじきの聖都は、心にかくと燃える、信仰そのものです。御目にかかれて、誠に光栄でした」

 バフムートは、叡知を湛えた眼差しでジュリアスを見ると、大樹のように背筋を伸ばし、見事な一礼で応えた。

 +

 バフムートを見送った後、ジュリアスは臨戦態勢に入る決断を下した。

「休む暇がなくなりました。これから先は、有事を前提に進めます」

 彼の言葉が本当なら、明日は数千の兵がザインに入ることになる。

「あの男の言葉を信じるのですか?」

 思案げなナディアの問いかけに、ジュリアスは首肯で応じた。

「否定できない以上、対策を取らないわけにもいきません。とはいえ、先に軍は動かせないので、ゴダールの機動に合わせて突入します」

「各国の部隊もですか? 外に三千は待機しておりますよ」

 図面に駒を置き始めると、今度は別の将が懸念を口にした。

「百ずつ四方に配置するよう、伝えてください。戦闘ではなく、領民の避難と退路確保を任せます。帰還後にアッサラームから褒賞を送るとも」

 それで彼等の体裁と面子は保たれるだろう。制圧が目的でもない市街で、俄か部隊を率いるつもりは毛頭ない。

「雨で烽火ほうかが使えない場合は、鏑矢かぶらやで合図してください。四方、中央の見晴らしの良い場所に、各隊の伝令を二名ずつ配置するように」

 地図上の四方を順に差しながら駒を置いていくと、全員が瞳に焼き付けて首肯した。

「繰り返しますが、制圧が目的ではありません。無益な血は流さぬよう、黒牙を汚さずを美徳としてください」

 明日は、理性の戦いを求められるだろう。
 図面を睨みながら隊の配置、伝令を走らせるジュリアスの横で、ナディアは少々不満そうな顔をした。

「我々が鎮圧に踏み切ることを予期して、彼は情報を流したのでしょうか?」

「いや、打算はないと思いますよ。アッサラームへの忠誠心で、独りでここへきたのでしょう」

「しかし、これでは共同戦線を張ったも同然ですね」

 不本意そうなナディアの指摘に、ジュリアスは僅かに口元を緩ませた。確かに、リャンの身柄を確保するところまでは、協力姿勢を取ることになるだろう。

「構いませんよ。リャンの救出に協力すると、光希にも約束していますから」

 作戦会議は夜通し続けられ、空が白み始めた頃、遣いにやった伝令が戻ってきた。

「南門、ヤシュム将軍から承知と」

「東は?」

「同じく、ユニヴァース少尉から、承知と」

重畳ちょうじょう

 間もなく、四方を守る将の全てに情報が行き届いた。
 到着早々に慌ただしいが、事前に情報を掴めたのは幸いであった。おかげで、準備する余裕がある。
 どうにか作戦の見通しが立ち、一息ついたところで、慌ただしく伝令が駆けてきた。

「伝令ッ! 西門から、花嫁が革命軍と共に、ザインへ入った模様!」

「どういうことです?」

 ある種の恐怖を覚えながら、ジュリアスは一切の表情を消して尋ねた。

「殿下は、リャンの知己、ヘガセイア・モンクレアと名乗る革命軍幹部の男と行動を共にしております。その者を連れて、監獄へ行くと伝言を預かりました」

「は――……」

 思わず、深いため息が零れ出た。光希にあるまじき行動は、典礼儀式の啓示のせいだろう。しかし……

「――護衛は?」

「武装親衛隊、アルスラン将軍がついております」

 アルスランがついていながら、なぜ……
 伝令と行き違いになった? いや、そうではない……判った上で、光希の命令を優先したのか。
 鋼腕を手にする過程で、彼は光希に傾倒した。その忠誠心を知っているから、西門の将をアルスランに任せたのだ。裏目に出たのか?
 黒牙を抜いて、刀身に刻まれた“光希”の文字に触れた。神眼で光希の気配を探ろうとすると、阻むように神の視界は靄がかった。

「――なぜ、邪魔をするッ」

 声を荒げると、幾つものおののいた視線がジュリアスに向かった。それを気にかける余裕はない。
 神は、リャンの元に駆けつける花嫁を良しとするのか? なぜ、引き合わせようとする?

「花嫁を探しましょう」

 肩を叩かれ、我に返った。ナディアの平静さを見て、ジュリアスはどうにか怒りを抑え込んだ。

「アブダム監獄に向かいます。南門に動きがあれば、合図してください。その時は、一斉に突入します」

「「御意」」

 覇気を帯びるジュリアスを仰ぎ、全員がしっかと頷いた。




『栄光の紋章』 - ジュリアス -


prev index next