アッサラーム夜想曲

『栄光の紋章』 - ジュリアス -





 ― 『栄光の紋章・二』 ― ジュリアス




 覆面を外したジュリアスは、、アッサラーム軍として正式にザインへ入った。
 隊商宿キャラバン・サライに直行し、いかにも花嫁を送り届ける振りをする。本物が狙われない為の防衛だ。
 黄昏が翳る中、ナディアと共にジャムシード・グランディエ公の屋敷を訪ねた。
 赤銅色の煉瓦に、雲間から漏れた柔らかな斜光が当たり、淡く輝いている。繁栄を続けてきた一門らしく、蒼古でありながら、手入れの行き届いた壮麗な屋敷だ。
 重厚な玄関の左右には、七弦琴リラを意匠された紋章旗が飾られていた。高雅な人物と聞いているが、確かに趣味は良いらしい。
 くだんのジャムシード・グランディエ公は、柔和な笑みを浮かべてジュリアスらを迎え入れた。

「慌ただしいお出迎えとなってしまい、申し訳ありません」

「ゴダール公とドラクヴァ公は?」

 果たして、要人はきているのだろうか。

「ゴダール公はお見えになっておりますが、ドラクヴァ公からは欠席すると、連絡がありました」

「シャイターンの命だと、ご存知ではないのですか?」

 横からナディアが口を挟むと、ジャムシードは顔に罰の悪い表情を浮かべた。

「私も申し上げたのですが、今朝の一件のせいで、気が昂っているご様子でして、ゴダール家の人間と同じ席につくのは嫌だと……」

 歯切れの悪い口調に、ナディアは冷めた眼差しで応えた。確かに子供じみた言い訳だ。
 しかし、アッサラームの不興を買うと知っていて断ったのだとしたら、ある意味で感心する。
 案内された応接間には、矍鑠かくしゃくとした男が立っていた。
 彼が、バフムート・ゴダール公爵だろう。年は八十を越えると聞いているが、鋭い眼光に衰えは感じられない。

「お会いできて光栄に存じます」

 深く一礼するゴダール公に、ジュリアスは手を上げて応えた。全員が席につくと、すぐに豪勢な食事と酒が振る舞われた。
 傍に見目良い酌人しゃくにんがやってきて、どうぞ、とジュリアス達に勧める。

「長の旅路でお疲れでしょう。遠慮はいりません。どうぞ、お寛ぎください」

 主人が手を鳴らすと、心得たように弦琴リラを抱えた楽士が入ってきた。紋章旗に意匠された琴と同じ、七弦を張った古来から伝わる琴だ。

「ザインで起きている、詳しい状況をお聞かせください」

 旋律が流れ出すと、ジュリアスは早速本題に入った。

「お聞きください! ドラクヴァはゴダールの仕業とぬかしとりますが、駄法螺だほらです。私達は今回の件も、その前の公爵暗殺にも全く関わっていないのです」

 待ち構えていたように口を開いたのは、ゴダール公だ。

「しかし、今朝の件、残された武器にゴダールの紋章が入っていたと聞いていますが?」

「濡れ衣です! ドラクヴァの自演に決まっとります。聖霊降臨儀式が迫り、難癖をつけて我々ゴダール家を滅ぼしたいのでしょう」

 辟易したように、バフムートは言い捨てた。
 その後も彼の舌鋒は止まらず、杯を景気よく空けながら、とう々と語り続けた。
 初見では寡黙な人物に見えたが、よほど不満が溜まっていたと見える。
 一方、宥めるように酒を勧めるジャムシードは、柔和な笑みを崩さず、言葉をあまり発しない。

「ジャムシード公爵。混乱があるようですが、予定通り、聖霊降臨儀式に臨めますか?」

 問いかけると、男は柔和な笑みで頷いた。

「難しい状況ですが、大切な神事を延期するわけには参りません。年明け、必ず蓮花はすの聖殿で行います」

 迷う素振りは一切見せず、ジュリアスの眼を見て言い切った。

「今朝の襲撃で、その儀式を司る神官も倒れたと聞いています。適任者は決まっているのですか?」

「再選をしております。ザインの威信にかえて、必ずや遂行してみせます」

「日を改めた方が、よろしいのではありませんか?」

 予定通りに行えば、十年謳歌した領主の権威を、年明けに返上することになる。欠片も惜しくはないのだろうか?
 気遣う口調の裏の意図を読んだように、ジャムシードは思慮深い微笑を浮かべるや、指を天に向けた。

「天井をご覧ください」

 その言葉に、全員が眼を上げた。
 広い天井には、今にも降ってきそうな星々と、精緻なシャイターンの絵画で飾られている。部屋に入った時から、胸の内で密かに賞賛していた。

「聖霊降臨日の様子を描かせたものです。まほろばの天界に憩う神が、源泉となる光を、地上に届けてくださる」

「眼を奪われます。美しい絵画ですね」

 隣でナディアが賛辞を贈ると、ゴダール公爵も感嘆のため息をついた。

「ザインに眠る古い聖霊が地上に再生する、世俗からは想像もつかぬほど尊い日なのです。我々の都合で、妨げるようなことがあってはなりません」

 穏やかだが確固たる口調には、確かな信仰心が窺えた。

「儀式の日まで、どうぞ安心してこの屋敷でお寛ぎください。野営の補給や、必要なものがあれば、ご遠慮なくお知らせください。全て用意いたしましょう」

「ありがたく」

 歓待を受ける気はないが、補給の申し出はありがたい。
 温厚なジャムシードの話術は巧みで、広汎こうはんな知識を披露した。ジュリアスが穿うがった質問を投げても、必ず即答してみせる。
 十年間、ザインを導いた経綸けいりん手腕は本物のようだ。
 ただ、この評判通りの好漢を、なぜか額面通りに受け入れる気になれない。違和感というよりは、嫌悪を覚えるのだ。
 原因が判らず思案していたが、会話の途中に閃いた。
 なるほど、宮殿でしばしば顔を合わせる、貼り付けたような笑みの、あの男に似ているのだ。
 夜も更けて、暇を告げるジュリアスを、ジャムシードは当然のように引き留めた。
 花嫁を待たせているから、と断りを口にしたところで、奥の回廊から獣じみた呻き声が聞こえた。
 老人の声のようだ……
 駆け寄る召使の足音が幾つも続き、間もなく声は止んだ。ふとジャムシードを見ると、濁った眼で回廊の奥を見つめていた。柔和な表情も剥がれ落ちている。ジュリアスの視線に気付くと、無表情を溶かして微笑を浮かべた。

「病の家人がおりまして……大変、失礼いたしました」

「いえ、お大事に」

「お気遣い、ありがとうございます。聖霊降臨日に、花嫁にお会いできることを楽しみにしております」

 穏やかな表情は元通りだが、光を失った瞳の印象は、ジュリアスの中に強く残った。




『栄光の紋章』 - ジュリアス -


prev index next