アッサラーム夜想曲

『栄光の紋章』 - ジュリアス -





 ― 『栄光の紋章・一』 ― ジュリアス




 古き蒼穹の日。
 天地創造の日に、神はアッサラームをお創りになった。
 金色こんじきに輝く聖都が、西にあまねく文明の揺籃ようらんの地であることは、論をたない。
 いしずえは四方へと根を拡げた。砂の波濤はとうを越え――時代と共に様々な異人種が流入し、南西に栄えし都、ザインが誕生したのだ。
 厳しい自然に、歴史を積み上げてきた都市の威容は、誇り高く美しい。
 大通りの左右には、高級な旅籠や酒家が建ち並ぶ。
 視線を巡らせた先で、豪奢な金色のいらかが、西に傾く斜光を反射して鹿毛かげ色に煌めいた。
 アッサラームを仰いで暮らす人々は敬虔で、部族は皆が平等という思想の元に、相互補助の精神が讃えられてきた。
 しかし――
 覇権が長引くと、身勝手な利益追求が生まれる。
 有権者の支配に繋がり、軍閥の跋扈ばっこ、被害は市井へと降り懸かる。
 かく語りき、平等の精神はいずこへ。三家がザインを支配し始めたのは、いつからであったろう?
 市街は不安に満ちている。
 西門に到着した後、ジュリアスは光希を砂漠に残し、少数を連れてザインへ入った。
 人目を引く外見は、覆面で頭髪と額を覆い哨戒しょうかいを装っている。アッサラーム軍の隊服を着た馬上のジュリアスを、まばらに歩く領民は不安そうに見上げた。
 街の様子をざっと眺めてから、手配させた隊商宿キャラバン・サライに入ると、予め潜入させていた密偵が計ったように戻ってきた。

「報告します。襲撃を受けたのは、ドラクヴァ家の新しい当主、ガルーシャ・ドラクヴァです」

 長年使っている隠密は、床に跪き、覆面の奥から淡々と応えた。

「死者は?」

「当主は無事ですが、列席していたドラクヴァ家の者と、神官合わせて十数名の死傷者が出ております」

「襲撃したのは?」

「残された武器には、ゴダール家の紋章が入っていたそうです。ゴダール家は否定しているようですが、亡き公爵の祈祷を穢され、二度も襲撃を受けたドラクヴァ家は、ゴダール家に全面抗争を宣告しました」

「真相はどうなのです?」

「今、詳しく調べております。ゴダール家はリャンの解放を求めて、武力対抗する姿勢を見せています」

「アッサラームの介入に合わせて、和議の申し入れは無かったのですか?」

 横から口を挟んだのはナディアだ。跪いた男は、そのようです、と淡々と応えた。
 宗主国の介入を知った上で、武装を解かないとは……ドラクヴァ家に勝算はあるのだろうか?

「リャンについては?」

「アブダム監獄を見てきましたが、堅牢な城塞そのものです。近付くことはおろか、侵入は極めて困難でしょう」

 彼が捕えられている監獄はドラクヴァ家の領地にある。左右を絶壁に守られた難関地形で、辿り着くには一本道の斜面を駆け上がるしかない。

「領主については?」

「評判はすこぶる良いですよ。温藉おんしゃ高雅で廉直れんちょく公平。有能の士であれば、身分問わず要職に就かせる。病床の両親を世話する孝行者です。二家が荒れていることもあり、傑出した円満な人柄は、領民の支持を集めています」

「領主の模範ですね。ですが、真に潔白ですか?」

「判断するには材料が不十分です。ただ、証拠はありませんが、革命軍が何人か行方不明になっており、グランディエ家の仕業だという噂を耳にしました」

「それぞれの軍事規模は?」

「ゴダール家の主力部隊は三千、豪族と同盟を結んでおり、外壁の外にも五千潜んでいます。ドラクヴァ家は軍資金を募り、腕の立つ傭兵を五千以上、集めているようです」

「大体、拮抗していますね。和議がなれば話は早いのですが……」

 この後会いに行く予定でいるグランディエ公には、二家も招くよう伝えてある。その場で和睦を成せれば、事は穏便に運ぶだろう。

「傭兵なら、忠誠も薄いでしょう。買収してはいかがですか?」

 思いふけっていると、ナディアが提案した。
 悪い手ではない。東西大戦の折には、多額の資金援助を材料に、東のベルシアに、サルビアへの従軍離反を約束させたこともある。
 しかし、ジュリアスの思案を絶つように密偵は首を振った。

「金品では、解決に至らないでしょう。今朝の一件で、両家とも臨戦態勢。いつ火蓋が切って落とされてもおかしくはありません」

「……ご苦労。およそ把握しました。グランディエ公に会いに行きます」

「すぐに向かわれますか?」

 ナディアの問い掛けに、軽く首を振って応えた。

「一度、光希の所に戻ります」

 事態は思った以上に深刻だ。野営を続けることになるが、ザインへ光希を迎え入れるのは、少し様子を見た方がいいだろう。
 陽が傾いてゆく――
 西の拠点に戻ると、一兵卒に扮した光希が心配そうに駆けてきた。
 彼の無事な姿を見て安堵したが、すぐに行かねばならない。経緯を話して発とうとするジュリアスを、光希は不安そうに見上げた。

「闘いが始まる時、酷く雨が降るかもしれない。どうか、気をつけて」

「光希も……」

 本音を言えば、この状況で光希の傍を離れたくない。西の拠点は、信の置ける将を配置してあるが、不安はある……

 ――命に代えても、光希を守れ。

 視線に声なき声を乗せて、ジュリアスは光希の護衛を一瞥した。鋭い眼光に気圧される者もいたが、全員がしっかと最敬礼で応えた。




『栄光の紋章』 - ジュリアス -


prev index next