アッサラーム夜想曲

『名もなき革命』 - エステル -





 ― 『名もなき革命・五』 ― エステル




 灰色の空から、雫が垂れた。
 石畳にぽつぽつと、濡れた染みが広がってゆく。
 張り詰めた緊張感が続く中、看守に挟まれ、手枷をつけた男がやってきた。
 彼が、リャン・ゴダールか……!
 項垂れ、その表情は判らない。痩せた長身、薄汚れ、破れた衣服の合間から覗く肌は、赤く鞭の跡が残っている。
 憐みを誘う無残な姿を見るなり、花嫁は顔を歪ませた。

「酷い……」

 掠れた呟きを耳に拾い、看守は恐縮しきった様子でリャンの手枷を外した。
 今にも泣きだしそうな花嫁を見て、エステルは動揺したが、ローゼンアージュは冷静にリャンの容体を判断した。

「殿下。大丈夫、生きています。死にそうにありません」

 身もふたもない言い様に、花嫁は複雑そうな表情を見せたが、蒼白な顔色はいくらか和らいだようだ。

「リャン! 無事かっ?」

 下馬したヘガセイアが駆け寄ると同時に、革命軍の仲間が数人駆け寄り、傷ついたリャンの身体を左右から支えた。
 項垂れれていたリャンは、のろのろと顔をあげると、ヘガセイアを認めて、憔悴した顔に笑みらしきものを浮かべた。

「遂に幻が見えるぞ……なぁ、煙草を一本くれないか?」

「何言ってる! 殿下の御前なんだぞ」

 ヘガセイアは焦ったように怒鳴った。リャンもようやく花嫁に気付くと、口をぱかっと開けた。

「嘘だろ……」

 これでもかと眼を瞠り、花嫁を凝視する。

「良かった、やっと会えた!」

 花嫁が熱狂的に告げると、リャンは驚愕の表情のままに、勢いよくヘガセイアを見た。

「どうなってる?」

「ゴダール家とドラクヴァ家の抗争が始まる。その前にリャンを解放しようと、花嫁の御力をお借りしたんだ」

「抗争? ゴダール公は!?」

「リャンの解放を求めて、ドラクヴァ家に宣戦布告した。お前が無事だと判れば、引き下がってくれるかもしれん」

 ヘガセイアとリャン、傍らに立つ花嫁を革命軍の同志は輪になって囲み、息を呑んで彼等の発言に聞き入っている。

「来るぞぉ――ッ!!」

 怒号が会話を割った。門に注意を払っていた革命軍は、動揺を見せた。

「ヘガセイア、坂の下は封鎖されたッ!!」

 駆けてきた哨戒しょうかいが、息を切らして叫んだ。
 ゴダール軍の威容は、高所を押さえるこちらからよく見える。説得は間に合わないと知り、ヘガセイアは覚悟を決めてリャンの肩を掴んだ。

「リャン、花嫁と逃げろ」

「お前も来いッ!!」

 弱った腕を伸ばして、リャンはヘガセイアの袖を強く掴んだ。

「私は残る!」

 リャンの手を振り払い、ヘガセイアは周囲に向かって声を張り上げた。

「同志よッ!」

 全員の眼が彼に集まると、更に続ける。

「行く道は険しく困難だが、恐れてはいけない! 黒牙を抜けッ!!」

 ヘガセイアが抜刀すると、幾人も従った。恐怖と興奮をないまぜた顔で、一心に彼を見つめている。

「リャンは希望だ! 彼を生かしてザインを生かす! 私達ならできる!」

「「オォッ!」」

「ここで闘うんだ! 恐怖したら隣を見よ! 同じ心を持つ同志が立っている!」

「「オォッ!」」

「必ず成し遂げられる! 恐れるな! 立ち向かえッ!!」

「「オオォッ――!!」」

 威風堂々たる声は空気を振動し、その力強い言葉は彼等を鼓舞する。闘いへの恐怖を克服させた。
 彼が足に不自由しながらも、人を引き付け、愛される理由が垣間見えた。
 革命が始まろうとしている。死を覚悟した瞳で、幼い子供までもが大弓に手をかけた。
 射程範囲の境に立つゴダールの指揮官は、こちらを見据えて、息を吸いこんだ。

「邪魔立てする者は容赦しないッ! 堤防を壊し、ドラクヴァに鉄槌を下してやるッ!!」

 双方の怒号が飛び交い、戦いの火蓋は切って落とされた。

「あの堤防じゃ、いくらも持たない。来い。無駄死にするだけだ」

 アルスランは乱暴にリャンの襟を掴むと、エステルに向けて放った。慌てて自分より長身の男を受け留める。

「待って、ヘガセイアが!」

 手を伸ばす花嫁を、ローゼンアージュは抱えるように持ち上げる。逃走に踏み切るさなか、蹄鉄の地響きが聞こえてきた。
 震動は膨れ上がり、瞬く間に耳をろうする騒音に変わる。

「止めろぉ――ッ!!」

「リャンは無事だ! 監獄へ行くな! 罠だッ! リャンは無事だッ!!」

 革命軍が繰り返し叫んでも、闘争心に燃えるゴダール家の者には届いていない。
 刃は火花を散らし、鮮血を噴き上げる。ザインを想う者達が、それぞれの志を胸に互いを滅ぼし合う。
 その時――
 けたましい鈴の音が曇天に響いた。
 曇天に向けて垂直に、味方が鏑矢かぶらやを放ったのだ。進軍の合図だ。
 この局面で、ついにシャイターンは軍を動かしたということか。強制鎮圧が始まる……ッ!

「待てッ、シャイターンがくる! ここで合流しよう」

 空を見て判断すると、アルスランはこちらを向いた。

「エステル、アージュ! 花嫁を守れ」

 言われるまでもない。最敬礼で応えると、ローゼンアージュと共に花嫁を背中に庇う。花嫁は焦ったように手を伸ばした。

「アルスランはッ!?」

「味方が通る道を確保してきます。殿下、今度こそ大人しくしていてくださいよ」

 彼は、不敬にも花嫁を指差して睨んだ。しかし、花嫁の不安そうな顔を見て、表情を和らげる。

「すぐに、きてくださりますよ」

 一言告げると、騎馬隊と共に堤防へ向かってゆく。もう前線は人の衝突で見通しが利かない。
 最初の衝撃ですり潰された兵士達は、既に倒れ伏していた。白い石床は瞬く間に血に染まり、昇魂――蒼白い燐光が昇り始めている。
 最後衛に隠れる花嫁は、その様子を辛そうに見ている。視界を遮ろうと前に立つと、震える手でエステルの腕を掴んだ。

「大丈夫、判るんだ。ジュリがくるって」

 遠くにあった雷鳴は、すぐそこまで近づいてくる。つぶてのような雨に混じって、青い稲妻が空を引き裂いた。
 耳を聾する雷鳴は、シャイターンの咆哮だ。我を忘れて剣をふるっていた者達ですら、慄いたように天を仰いだ。

「火矢を放てッ!」

 指揮官が攻撃を命じると共に、稲妻の一筋が、地上を貫いた。否、天を突く剣先に降りて、凄まじい一閃で周囲を蹴散らした。

「ジュリ――ッ!」

 喧噪の中、花嫁の上げた声を彼は正確に拾った。
 美しくも力強く、騎乗のシャイターンは、武装した軍勢をものともせず、一直線に駆けてくる!




『名もなき革命』 - エステル -


prev index next