アッサラーム夜想曲

『名もなき革命』 - エステル -





 ― 『名もなき革命・四』 ― エステル




 いにしえの大都は、暗雲に覆われた。
 天空には暗雲が立ち込め、今にも雨が降り出しそうだ。彼方から、雷鳴が微かに聞こえてくる。
 昨夜、ザインに入ったシャイターンはまだ戻らない。
 花嫁ロザインは伝令を送った後、エステル達を従えて、ヘガセイアの率いる革命軍と共に西門へ移動した。
 巨大な列柱街路は見上げるほどに高く、いかにも堅牢で、門というより城塞だ。天辺の城壁には警備兵がずらりと並んでいる。
 味方の人数は百五十。
 そのうち百は、本物の革命軍だ。エステル達を含む全員が、胸に白い鳥の刺繍がある、藍色の外套を羽織っている。花嫁も揃いの外套を羽織っているが、中には彼の希望で聖衣を纏っている。

「一刻待ちましょう。シャイターンから指示があるかもしれません」

 先を急ごうとする花嫁の前に、アルスランは腕を伸ばした。花嫁は長身を仰ぐと、首を横に振ってみせた。

「一刻じゃ戻ってこられないでしょ」

「先発隊を行かせますから、殿下はここでお待ちください」

「ですが、我々だけではゴダール家とドラクヴァ家を止められません! どうか」

 横からヘガセイアが口を挟むと、アルスランは舌打ちせんばかりに睨んだ。
 全員の視線が花嫁に向かうと、彼は黒い瞳に決意の光を灯して、力強く頷いた。

「行こう」

「感謝いたします!」

 ヘガセイアは喜びに瞳を輝かせると、砂の丘陵から躍り出た。
 西門の前には、入場規制により立ち往生する、隊商キャラバンの列ができている。
 入場は困難に見えたが、門を守る警備隊はヘガセイアを見ると、あっさり道を空けた。

「気をつけろ、ゴダールとドラクヴァは一触即発だ。じきに出入りが厳しくなる」

 中へ入る際、警備隊の一人が声をかけた。彼も革命軍の仲間のようだ。
 街には、緊迫した空気が流れていた。
 普段であれば、賑わいを見せているであろう石畳に人影はなく、まるで無人の街のようだ。どの家も、扉や窓を固く閉ざしている。
 弊害物の少なさは、騎馬で移動するエステル達には都合が良かった。
 静まり返った街に、蹄鉄の音が鳴り響く。
 殆ど止まらずに駆けると、やがて蒼古な煉瓦の建物――リャンが捕えられているアブダム監獄が見えてきた。
 監獄に続く一本道、坂道の途中には、にわか造りの堤防が築かれていた。
 壊れた家具や土嚢どのうが山と詰まれ、革命軍が固守している。彼等は、ヘガセイアに気付くなり群れてやってきた。どうなった、大丈夫か、と代わる代わる声をかける。

「状況は?」

 ヘガセイアが馬上から声をかけると、彼等は緊張した面持ちで首を振った。

「駄目だ、もうすぐゴダールが来る。くそ、鉄扉に近寄ろうものなら、矢の雨が降るッ!」

「門の前には油が撒かれてる。ゴダールが攻めてこようものなら焼夷しょういする気でいるんだ」

 報告を受けるなり、ヘガセイアは顔をしかめた。

「惨いことを」

 どうやら、彼等はここでゴダール家とドラクヴァ家の衝突を食い止めるつもりのようだ。リャンを助けたくとも、ドラクヴァ家の管轄するアブダム監獄に近寄れないのだろう。

「花嫁をお連れした。交渉してみる」

「何?」

 彼等の視線は、覆面を被ったエステル達の間を彷徨った。花嫁は緊張したように肩を強張らせたが、気付かれた様子はない。
 人垣を押しのけるようにして、エステル達は坂道を駆け上がり、門の傍へと近づいた。

「そこで、止まれぇッ!!」

 空気を引き裂く、鋭い怒号が飛んだ。
 有刺鉄線の向こう、見張塔から指揮官と思わしき、鋭い容貌をした男が敵意も露わに睥睨している。まだ三十前後の若い男だ。
 蔦のからまる外壁の銃眼じゅうがんには、ずらりとくろがね連弩れんどが覗いており、こちらを照準していた。

「アッサラームの光明、シャイターンの花嫁が、リャンの解放を求めている!」

 射程範囲の境から、アルスランは声を張り上げた。

「花嫁だと?」

 すぐには信用されず、問答はいくつか続いた。
 牽制射撃が足場に放たれたると、空気は張り詰め、アルスランは退き色を見せた。
 撤退を感じとったのか、突然、花嫁は下馬して駆け出した。周囲の声を振り切り、外套も脱ぎ捨てる。

「――僕が花嫁です。リャンを連れてきてください!」

 正体を明かした花嫁を、アルスランは射殺そうな視線で睨んだ。エステルも真っ青になって追い駆けた。
 曇天の下でも、白銀の聖衣は眩しく映る。加えて、特異な白い肌と黒髪は、全員の眼を奪った。ヘガセイア達までが、吸い寄せられるように視線を奪われている。
 その稀なる姿を一目見るなり、指揮官も激しく狼狽した。慌てて自陣に武器を下げるよう指示する。

「ですが、リャンはドラクヴァ当主暗殺の、重要参考人です!」

 どうにか冷静さを取り戻し、指揮官は声を幾らか押さえて叫んだ。

「彼を傷つけてはいけないッ! 連れてきてください! 早くッ!!」

 有無を言わさぬ鋭い命令に、全員が委縮した。静寂が束の間流れ――

「リャンを連れてこい」

 見張塔に立つ指揮官は、下士官に命じた。




『名もなき革命』 - エステル -


prev index next