アッサラーム夜想曲

『神の系譜』 - 光希 -





 ― 『神の系譜・八』 ― 光希




 雨が上がり、曇った空の奥から西日が射す頃。
 ザインから戻ったジュリアスは、光希の待つ天幕を訪れた。光希を見て、一瞬顔に安堵を浮かべるも、すぐに硬い表情に変わる。

「ドラクヴァ家の人間が、ゴダール家の刺客に襲われたそうです」

「刺客!?」

 驚嘆の声を上げる光希を見て、ジュリアスは厳しい表情で頷いた。

「聖なる礼拝堂を、血で穢したのです」

「礼拝堂……」

 唇が戦慄わなないた。あの恐ろしい幻が、現実に起こってしまった。
 震える光希の身体を、ジュリアスは宥めるように抱きしめた。悪夢から逃げるように、光希も強く縋りつく。

「誰か、死んだの?」

「十数名の死傷者が出ました。当主を二度も襲われたドラクヴァ家は激怒し、ゴダール家に全面抗争の宣告をしたそうです」

「そんな!」

 身体を起こしてジュリアスを仰ぐと、思慮深い眼差しには、厳しい色が浮かんでいた。

「事態は深刻です。もう、花嫁ロザインの存在をもってしても、平和的な解決は難しいでしょう」

「刺客って、ゴダール家が?」

「残された短剣には、ゴダール家の紋章が入っていたそうです」

「ゴダール家は、なんて?」

「否定していますが、リャンの解放を求めて、彼等も武力抗争に踏み切ると宣戦布告しました」

「いつ!?」

「明日の昼までにリャンを解放しなければ、アブダム監獄を襲撃すると」

「あ、明日? まだゴダール家の仕業と、決まったわけではないんでしょう?」

 行動を起こすにしても、ザインへ入った後のことだと思っていた。到着早々の展開について行けず、光希は青褪めながら口元を押さえた。

「今のところは。ですが、もう真相など重要ではないのでしょう。リャンが解放されたところで、衝突は避けられないかもしれません」

「ザインの街中で……?」

「今から、ザインの当主、ジャムシード・グランディエに会いにいきます」

「僕も行く」

 思わず、ジュリアスの両腕を強く掴むと、ジュリアスは厳しい顔で首を左右に振った。

「駄目です」

「でも」

「治安が悪過ぎます。今夜は、隊商宿キャラバン・サライに泊ることも控えた方がいいでしょう。念の為、光希の影武者を連れて行きます」

「ジュリは? 一人で行くの?」

「ナディアも行きますよ。そんな顔をしないで。私にも護衛はいますから」

「でも……」

 頼りない声が出た。光希の不安げな表情を見て、ジュリアスは勇気づけるように光希の両肩を包みこんだ。

「すぐ戻ります」

「戦うの?」

「いざとなれば」

 迷いのない返答に、不安を掻きたてられた。あれだけの大都に軍が押し入れば、民間にも被害は及ぶだろう。

「街の人達は、避難しているの?」

「一部の地区では……光希、心配しなくても、こちらから戦いを仕掛けたりしませんよ」

 そうは言っても、いざ武器を持った者同士が戦えば、無傷とはいかないだろう。

「不安だ」

「できる限りのことはしますが、危険は冒しません。そもそも、聖霊降臨儀式に招かれただけなのですから」

「うん……」

「光希」

 両の頬を挟まれ、上向かされた。青い瞳には、不安そうな表情の光希が映っている。頬を撫でるジュリアスの手に、自分の手を重ねた。

「無茶は、絶対にしないで」

「約束します」

 抱擁を解くと、ジュリアスは外套を羽織り直した。覆面で額の宝石も、金髪も隠し、眼だけを覗かせる。
 天幕の外へ出ると、トゥーリオの手綱を引いてナディアがやってきた。いよいよ行ってしまうと思うと、知らず手はジュリアスの袖を掴んでいた。

「……闘いが始まる時、酷く雨が降るかもしれない。どうか、気をつけて」

「はい。光希も……」

 意志の力で離した手を、ジュリアスに取られた。覆面を下げると、光希を見つめたまま指先に口づける。
 心臓を鷲掴みにされた。叶うことなら、引き留めたい……いつまで経っても、見送ることに慣れない。
 想いが溢れて、胸が張り裂けてしまいそうだ。
 唇を引き結ぶ光希を強い視線で見下ろすと、ジュリアスは今度こそ背中を向けた。光希に扮した兵をトゥーリオの背に乗せて、自分もその後ろに跨る。
 最後に光希の姿を青い瞳に映すと、霧けむる砂漠を駆け出した。




『神の系譜』 - 光希 -


prev index next