アッサラーム夜想曲

『神の系譜』 - 光希 -





 ― 『神の系譜・七』 ― 光希




 見下ろす眺望ちょうぼうは、砂の海原うなばら
 荒涼とした砂漠に、往時を偲ばせる遺跡の数々が、陽や星明かりを浴びて神秘的に煌めいた。
 砂にくずおれた石柱を眺めていると、思いは遥か数千年へと遡ってゆく。

「光希」

 傾いだ姿勢を正すように、腹に回された腕に力が込められた。

「ごめん」

 見入るあまり、いつの間にか前のめりになっていたようだ。姿勢を正すと、こめかに口づけられた。

「疲れましたか?」

「平気。景色に見惚れていただけ」

「もう少し飛んだら、休みましょう。雨が降る」

 西大陸には今、本格的な雨期が訪れている。
 南下する途中も、何度か透き通る雨に南風が溶け込んだ。
 霧雨なら気にせず翔けるが、つぶてのような雨が降る日は、行軍を諦めねばならない。
 よって、飛べる日はひたすら長く、昼夜兼行して飛び続ける。
 操縦を人任せにしている光希でも、長時間を飛竜の背で過ごすのは楽ではない。しかしジュリアスは、始終手綱を握りながらも、その手は少しも危うくなかった。

「少し代わろうか?」

「平気ですよ」

「無理しないで。僕にもたれて、うたた寝していいよ」

 気遣いを申し出ても、ジュリアスは受け入れようとしない。少し意地になると、ジュリアスはくすりと微笑した。

「怖くて、任せられません」

「平気だって」

「お構いなく」

 強引に、ジュリアスの手から手綱を取ろうとすると、ぺしっと手を叩かれた。

「……」

「……」

 何事もなかったかのような、沈黙が流れる。
 飛竜の背にいる間は大体こんな感じで、一度も運転を任せてもらえなかった。

 +

 アッサラーム出発から、十三日。
 古の大都を目前に、ジュリアスは縦隊を四つに分けて、東西南北の門に合わせて配置した。
 ヤシュムは東、ジュリアスと光希は西だ。ナディアやアルスランも一緒である。
 簡素な天幕の中から、しとしと降る優しい雨の連なりを見上げていると、後ろからジュリアスに抱きしめられた。

「寒くありませんか?」

 白い息を吐きながら、光希は首を横に振った。
 確かに、陽がかげり雨が降ると、砂漠を渡る風も冬の息吹のように感じる。朔風さくふうは頬を嬲るが、ナフィーサが山ほど厚着させてくれた。
 間もなく、ザインに入る準備を進める光希達の元へ、先にザインへ入った哨戒しょうかいが戻ってきた。

「伝令! 早朝、ドラクヴァ家が襲撃を受けました。仕掛けたのは、ゴダール家だと。護衛と共に西の郊外まで出迎えると、グランディエ公からの言伝です」

「襲撃って?」

 天幕の内側で聞いていた光希は、思わず外へ顔を出した。
 眉をひそめるジュリアスの横に並ぶと、跪いた男は、呆けたように光希を仰ぎ見た。

「……仔細は?」

 仕方なさそうにジュリアスが口を開くと、伝令は呆けた顔を引き締めた。

「現在、ザインに入った先発隊が調べております。密偵から、これを」

 若い哨戒兵は、ジュリアスに小さな筒状の紙を渡した。中を確かめ、ジュリアスは一つ頷く。

「行ってみないことには判りませんね。出迎えは不要、こちらから伺うとグランディエ公に伝えてください」

「はっ」

 伝令は短く応えると、すぐに引き返していった。

「行くの? 遠視は?」

 懸念が先立ち、光希は思わずジュリアスを仰いだ。額に輝く青い宝石は、シャイターンの神秘の証。千里の彼方を見渡すことができるはず。

「私と関わりの少ない事象では、見ようにも鮮明さに欠けます」

「そう……」

「ザインの様子を見てきます。疲れていると思いますが、もう少しここで待っていてください」

「判った」

「すぐ戻ります。後で隊商宿キャラバン・サライに移動しましょう」

 額に触れるだけのキスをして、身を翻そうとするジュリアスの服を、光希は無意識に掴んだ。青い双眸と視線がぶつかる。

「気をつけて」

「はい。光希も」

「……」

「すぐに戻りますよ」

「うん……気をつけて」

 繰り言に気付き、光希はジュリアスの服から手を離した。

「心配しないで。光希の方こそ、十分に気をつけてくださいね」

「うん」

 遠ざかる背中は、砂漠にそびえる大都へ向かってゆく。
 流れる金髪の奔流を見送りながら、ふと宮殿の庭で見かけた、金色の蛇を思い出した。
 幻が、脳裏をよぎる。
 豪華絢爛なお屋敷、神聖な礼拝堂。
 斜光が降り注ぐ神聖な祈りの場で、敬虔な人達が祈りを捧げている。部屋に飾られている、杯と葡萄の意匠されたドラクヴァ家の紋章旗。
 彼等の背中に、音もなく忍び寄る影。手にした短剣には、月桂樹の紋章――ゴダール家のもの。
 ドラクヴァ家が襲撃されたとは、まさか――

「殿下、天幕の中へ」

 背中にかけられたローゼンアージュの声に、我に返った。
 嫌な予感を断ち切るように、光希は彼方から視線を背けて、静かに天幕に戻った。




『神の系譜』 - 光希 -


prev index next