アッサラーム夜想曲

『神の系譜』 - 光希 -





 ― 『神の系譜・五』 ― 光希




 困り顔で沈黙する光希を見つめて、ジュリアスはおもむろに口を開いた。

「リャン・ゴダール……私から光希を奪う者ではないと、誓えますか?」

「もちろん!」

 自信を持って即答したが、ジュリアスの表情は余計にかげった。

「只でさえ内戦の起きている危険な場所なのに、そんな啓示を聞かされては、とても頷けませんよ」

「味方もいるよ! 覆面で顔がはっきりしないんだけど、彼を見つければ、たぶんうまくいく」

「憶測でしょう」

「きっとうまくいくよ」

 言い直したが、ジュリアスの表情は硬いままだ。

「あのさ、仮にリャンの子供が“宝石持ち”だとして、どうだと言うの? 僕は既にジュリと結婚しているし、年も二十歳を越えてる。立場からみても、年齢からみても、その子供と僕が、どうにかなるわけがないでしょ」

「そんなもの、なんの障害にもなりませんよ」

 苦々しい口調で、ジュリアスは吐き捨てるように言い切った。

「成長した“宝石持ち”が、自分の花嫁にめぐり逢えたら、脇目もふらずに手に入れます。立場や年齢なんて、なんの抑止にもなりません」

「でも、その子の花嫁が、僕とは限らない……ていうか、また話が逸れてる。そもそも、仮の話で」

「絶対に反対です」

 きっぱりと言い切られ、光希は会話の運びに失敗したことを悟った。説得の道のりは、遥かに遠のいた気がする……

「……とりあえず、軍部に行かない? この話は帰ってからにしよう」

 典礼儀式には、もう間に合わないだろう。疲れた心地で腰を浮かすと、ジュリアスに手を取られ、よろめく身体を抱きしめられた。

「今この場で、はっきりと約束してください」

「ジュリー……」

「でないと、とても離せません」

「僕だって、乗り気じゃないんだよ。ただ、眼を背けようとすると、シャイターンが怒るんだ」

「怒る?」

「“行きなさい”って、物言わぬ幻や不思議で僕を責める。もう、覚悟を決めて、ザインへ行って、解決して、すっきりしたいのッ!」

 やけくそ気味に叫ぶと、意外にも、今こそジュリアスは青い双眸に迷いを浮かべた。

「お願い。僕を連れて行って」

 頬を引き寄せ、唇に触れるだけのキスをすると、ジュリアスは光希の背中に腕を回して、口づけを深めた。
 長いキスを一つだけして顔を離すと、ジュリアスはなんとも複雑そうな顔をしていた。

「……神意に背けぬということは、判ります。身をもって知っているから。私も剣を持つ度にそうでした」

「ジュリ、一緒に行こう?」

「はぁ……」

「よし、決まった」

「貴方は、私だけの花嫁です」

「もちろん」

 表情を明るくする光希に反して、ジュリアスは苦しげに眉を寄せた。

「今、伝えておきます。光希を奪おうとする者は、誰であれ絶対に許しません」

「……」

「例えば、リャン・ゴダールでも。その子供だとしても。絶対に許さない。どこまでも追い詰めて、必ず報復します」

 真顔で告げられ、応えあぐねていると、柔らかく唇を吸われた。

「覚えておいてください」

「そんなに、心配しないで」

 ぴりっとした空気を誤魔化すように笑みを繕うと、唇を指でなぞられた。

「軽く考えないでください。私は本気です。私がどれほど残酷になれるか、知らないわけではないでしょう」

 強い眼差しに気圧され、押し黙ると、ジュリアスはどこか脅すように光希を見つめた。
 青い瞳は、仄かに光彩を帯びている。
 動けずにいると、正面から抱きしめられた。見つめ合ったまま顔を傾けると、頭部を丸く包まれ、キスはたちまち深まる。甘く貪られ、逃げる舌をからめ捕られた。

「……っ、んぅ」

 想いを植え付けるような深い口づけは、今さっきの恐ろしい言葉が、正真正銘、彼の本気であることを伝えていた。




『神の系譜』 - 光希 -


prev index next