アッサラーム夜想曲

『神の系譜』 - 光希 -





 ― 『神の系譜・三』 ― 光希




 穏やかな陽の光で眼を覚ました。
 覚醒すると共に、何一つ解決していない現状が、重たく圧し掛かる。荒んでいた心は静まったものの、憂鬱が晴れたわけではない。
 あのやりとりを繰り返すのかと思うと、朝から気が滅入る。
 ジュリアスの言う通り、時間を空けたところで、苦しみを長引かせただけかもしれない……
 のろのろと着替え、処刑場に向かう心地で下へ降りると、紅茶を運ぶナフィーサと鉢合わせた。

「お早うございます、殿下」

「お早う……」

 穏やかな笑みに、光希の張り詰めた心は幾らか和らいだ。
 十六歳を迎えたナフィーサは、声変りを経て男らしくなった。
 出会った頃は、光希の胸までしかなかった背丈も、今では見下ろされるほどだ。天使のようにあどけなかった容貌も大人びて、清廉とした美貌へと変わった。伸ばした髪を後ろで結い上げ、背中に長く垂らしている。
 白い聖衣に、光希が施した巧緻こうちなジャスミンの意匠の入ったサーベルを履く姿は凛々しく、気品を備えた騎士そのものだ。

「沈んだ顔を、なさらないでください。シャイターンが一日千秋の想いでお待ちですよ」

 隣で光希が物憂げなため息をつくと、ナフィーサは困ったように微苦笑を浮かべた。
 茶器を運ぼうと足を向ける彼に並んで、光希も仕方なく重たい足を動かした。
 しかし、扉のない部屋の向こう、窓辺で寛ぐジュリアスの姿が視界に映ると、胃は鉛を流しこんだように重たくなった。護衛に立つルスタムが一礼してくれるが、応える心の余裕がない。

「う――……気まずい。会いたくないなぁ」

「殿下……」

 気遣わしげに足を止めるナフィーサの腕を軽く叩き、光希は気合いを入れて部屋に足を踏み入れた。泰然と絨緞に寛ぐジュリアスと、視線が絡んだ。

「お早う、光希」

「お早う」

 不自然に映らぬよう気をつけながら、ジュリアスの傍に腰を下ろした。傍でナフィーサは、慣れた手つきで茶器を用意している。

「ご機嫌いかがですか?」

 皮肉な挨拶に、頬が引きつりかけた。気分は溌剌とはほど遠いが、昨夜、約束した通りに、どうにか笑顔をこしらえてみせる。

「……っ」

 唐突に腕を引かれ、傍にナフィーサがいるというのに、唇を奪われた。

「んんっ!」

 咄嗟に拒めず、緩んだ唇の合間から、容赦なく舌を挿し入れられた。顔を背けようとしても、頭部を固定されて動けない。音が立つほど、激しく舌を吸われる。
 執拗なキスからは、苛立ちしか伝わってこない。光希は渾身の力を振り絞って、ジュリアスを突き飛ばした。

「嫌だ!」

 本気で怒鳴ると、ようやく腕を解かれた。周囲に視線を走らせると、ナフィーサを始め、給仕の者は既に姿を消していた。人影は見当たらない。
 文句を言ってやろうと、抗議の視線をジュリアスに戻すと、彼もまた強い視線で光希を射抜いた。

「一夜で何が変わったというのです」

「人前ではやめてと、いつも言ってる!」

 責める口調を跳ね返すと、ジュリアスは厭わしげに眉をひそめた。

「私を遠ざけ、機嫌を直してくださらない」

「ジュリが怒らせるからだよ」

「“会いたくない”など、貴方の口から聞きたくない!」

 きつい口調で責められ、光希は小さく息を呑んだ。さっきの何気ない言葉を、彼は耳にしていたのだろうか。

「……すみません、声を荒げて」

「さっき……」

「私は、遠ざけられている間も、光希のことしか考えられませんでした」

「あれは、ごめん。気まずくて、つい……」

 聞かせるつもりはなかった、言葉の切れ端だ。狼狽える光希を見つめて、ジュリアスも伏目がちに吐息を零した。

「仲直りをしてください。心がすれ違っていては、たったの一晩でも拷問でした」

「でも、典礼儀式もあるし……帰ってからにしない?」

 朝から一戦やり合いたくない。

「いいえ。どうせ気になって、何も手につきやしませんよ」

 答は間髪を入れずだった。

「はぁ……」

 彼の真っ直ぐな想いは、もちろん嬉しいのだが……融通が利かないったら。はぐらかすとか、とりあえずとか、後回しと言った言動は、ジュリアスに限っては通用しない。

「ため息をつかないでください」

 どこか拗ねたような口調で請われ、光希はあわやつきかけた重いため息を、寸前で堪えた。




『神の系譜』 - 光希 -


prev index next