アッサラーム夜想曲

『神の系譜』 - 光希 -





 ― 『神の系譜・二』 ― 光希




 嫌な沈黙が流れた。
 耐えかねて、先に視線を外したのは光希の方だ。無言で立ち上り、背を向けて螺旋階段に向かうと、後ろからジュリアスが追いかけてきた。

「待ってください」

 腕に手をかけられても、両足に力を込めて、振り向くことを拒んだ。

「ごめん、休憩しよう」

「光希」

「今日はもう」

「光希、待って」

「ごめん、一人で考えたい……」

 背中を向けたまま告げると、ジュリアスは宥めるように光希の肩に手を置いた。込められた力に抗えず、仕方なく振り向いた。

「行かないでください。問題を長引かせるだけです。もう少し……座って話しましょう?」

 ため息をつきたい衝動を堪え、光希は肩に置かれた手をやんわりと外した。

「ジュリは、いつでも落ち着いてるね」

「私が?」

 沈黙で応えた。苛立っている自覚がある。態度が悪いとも。だが、平静を保てそうにない。
 こういう時、光希は一人になりたいといつも思うのだが、ジュリアスは嫌がるのだ。

「貴方に責められて、冷静ではいられませんよ。でも、光希に関することだから、後回しにしたくありません」

 理性に長け、桁はずれの頭脳を持つ彼は、何でもその場で解決してしまおうとする。

「ジュリと話していると、こんな時でも、僕は講釈を聞いている気分になる……ごめん、もう行かせて」

 顔を伏せると、俯けた視界にジュリアスの手が映った。大袈裟に身体を傾けて、その手を避けてしまった。

「……会議では、私も強く言い過ぎたかもしれません。すみませんでした」

 彼の素直な謝罪は、光希の複雑な心中を更にかき乱した。

「いいよもう、お互い様だから。続きは、明日にしよう」

「光希。納得していないのに、終わらせようとしないで」

 冷静な口調にカチンときた光希は、つい睨みつけるようにジュリアスを見上げた。

「僕はジュリみたいに、いつでも正しい判断ができるわけじゃないんだ」

 平淡な声が出た。真っ直ぐな眼差しから逃げるように、掌で視界を覆う。理性を総動員させて、淡い笑みを顔に貼り付けると、ゆっくり手を剥がした。

「明日は笑ってみせる。だから、今夜は一人にさせて」

「光希……」

「お願い」

「……判りました」

 落胆した声を聞いて、光希の胸にも苦い想いがこみあげた。ささやかな勝利を得たものの、後味は極めて悪い。

「ナフィーサも、下がらせてください」

「え?」

「私を遠ざけるというのなら、今夜は他の誰も傍に寄せないで。護衛も、視界に映らぬ配置で」

 恋情の覗く勁烈けいれつな眼差しに、光希は反論を呑み込んだ。

「……判った」

「ですが」

 了承すると、後方に控えるナフィーサから戸惑いの声が上がった。窘めるように、ルスタムは手でナフィーサの動きを制している。
 彼の八つ当たり気味な嫉妬を責める資格など、先に短気を起こした光希にはない。
 逃げるように視線を外すと、背を向けて、一人で二階へ上がった。

「はぁ――……」

 慣れ親しんだ私室に入るなり、ため息が落ちた。
 心も体も、鉛のように重い。指を動かすことすら億劫だ……
 殆ど停止した思考で、のろのろと着替えた。水を一杯飲み干すと、照明を落として、早々に寝台へ上がる。
 もうこれ以上、悩みたくない。今夜はせめて、安らかな眠りに慰めて欲しかった。




『神の系譜』 - 光希 -


prev index next