アッサラーム夜想曲

『神の系譜』 - 光希 -





 ― 『神の系譜・一』 ― 光希




 神々しい朝陽が昇る、聖都アッサラーム。
 幾星霜を経た綱をしっかと握りしめ、今朝も、老僧がカリヨンを打ち鳴らす。清らかに澄み渡る暁の空に、澄んだ鐘の音色を響かせるのだ。
 典礼儀式に参列している光希は、内陣に座り眼を閉じていた。今日も瞼の奥に、不思議な光景が広がる。
 南西に栄えるいにしえの大都――ザイン。
 抗争に脅かされる街。
 木蔦のからまる、煉瓦の建物。
 有刺鉄線の向こう、すすけた壁の傍には、うち捨てられた木工の作業台。縮れた織糸、褪せた絨緞。頭布を巻いた咎人達が、はたを織っている……
 死の匂い立つ昏い建物。
 その奥深く、血のこびりついた部屋に、倒れ伏す男がいる。
 恐ろしくて、眼を背けようとすると、シャイターンはしきりに“見ろ”と囁く。
 顔はよく見えない。薄暗い部屋の中、彼の額の辺りだけが、青白く輝いて見える。まるで“宝石持ち”を暗示するように。
 彼は瀕死で、とても弱っている。衰えた四肢は鎖に繋がれ、自力で抜け出せない、昏くて汚穢おわい満ちた場所に、酷い状態で閉じ込められている。
 味方はいないのか。
 いや、助けようとする者がいる。
 砂漠に立つ、覆面をした男。顔を覆う厚布の隙間から、灰青色の瞳が覗く。左目の下に、ほくろが一つ。
 やがて砂漠は消え――
 豪華絢爛なお屋敷、神聖な礼拝堂が見えた。
 斜光が降り注ぐ神聖な祈りの場で、敬虔な人達が祈りを捧げている。部屋に飾られている、杯と葡萄の意匠された、ドラクヴァ家の紋章旗。
 彼等の背中に、音もなく忍び寄る影。手にした短剣には、月桂樹の紋章――ゴダール家のもの。
 殺されてしまう……!
 逃げてと言いたくとも、幻の相手には届かない。
 いつもこうだ。彼等が無事に逃げおおせるのかどうか、予見では判らない。現実に起きることなのかどうかも――

「……光希?」

 幻は霧散し、意識は現実へ呼び戻された。
 聖水を配る幼い神官が、不安そうな顔で光希の前に立っている。

「あ、ごめんね」

 慌てて杯を受け取ると、少年はほっとしたように頬を緩めた。恭しく頭を下げると、次なる信徒の前に立つ。

「行きましょうか」

 差し伸べられた手を見て、光希は重ねることを躊躇した。中途はんぱに持ち上げた手を、ジュリアスの方から握りしめた。
 思わずため息が出かけた。この後に予定している宮殿議会を思うと、気が重くなる……
 影の射した光希の顔を見て、ジュリアスもまた頬を固くした。その様子には気付かず、光希はジュリアスと並んで大神殿を後にした。
 ザインへ促すシャイターンの啓示は、日々繰り返されるのだが、ジュリアスは光希の懸念を聴きれようとしない。
 年明けにザインで行われる聖霊降臨の儀式に、アッサラームを代表して列席するジュリアスは、光希を連れていくことに激しく反対していた。
 対する光希は、同行を主張している。
 平行線をたどる攻防に、心身は疲弊する一方だ。いつ見ても凛々しいジュリアスと違い、光希の表情は大分疲れていた。
 気を張って臨んだが――
 宮殿会議は、和やかな雰囲気とはほど遠かった。
 彼等を説得しようと躍起になることに、疲れてしまった。本音を言えば、もうザインのことで気を揉みたくない。
 気落ちした光希は、クロガネ隊へ直行せず、気分転換に中庭を訪れた。
 石畳に座りこみ、らちもない思いにふけっていると、草叢くさむらの合間に、黄金色の鱗が光った。
 現れたのは大きな蛇だ。
 優美に頭をもたげて、叡知を湛えた蒼い眼で光希を見つめる。語りかけるように、赤い舌を覗かせた。
 恐怖はない。
 無言で殺傷しようとするローゼンアージュを、光希は手で制した。
 龍の尾のような、錦の蛇。あれは、シャイターンの化身だ。光希を見つめて、無言で語りかける。

「殿下! お下がりください」

 危ぶむ声を発したのは、近衛の一人だ。剣を構える彼等を、光希は今度も手で制した。唇に指を当てて、静かにと合図する。
 魔性の蛇と見つめ合うと、瞼の奥に、稲妻が走った。
 未来が見える。
 ザインの支柱はひび割れ、わざわいの雨が降る。
 翳った空に翻る、ゴダール家とドラクヴァ家の紋章旗。
 残酷で非情な抗争が起こり、垂直に降るつぶてのような雨は、石畳を穿うがち、彼等の血で河を作る。
 雨滴の伝う、鈍色の絞首刑具。
 絞首刑執行人が、目隠し布をされた男に縄をかける。留金でとめた鉄輪に吊るそうと……!
 恐ろしい未来に、立ち向かう者がいる。
 白い鳥を意匠した旗を掲げる、革命軍だ。先頭に立つ男の、左目の下にはほくろが一つ――

「殿下?」

 訝しむローゼンアージュの声に、我に返った。
 蛇は、光希を泰然と見据えて、舌を覗かせている。声なき声で“行きなさい”と囁くように。

「はぁ――……判ったよ……」

 しばらく見つめ合い、やがて、諦めて返事をすると、蛇は満足したように頭を下げた。ゆっくりと丸い頭を巡らし、長い身体をくねらせながら、草叢をかき分けて消えてゆく。
 とはいえ――
 ザインへ行くことを、ジュリアスは認めようとしない。アースレイヤも乗り気ではないし、光希の劣勢は明らかだ。
 思い悩み、サリヴァンに相談すると、アデイルバッハへ申し入れることを暗に勧められた。
 考えなかったわけではない。
 ただ、間違いなくジュリアスは怒るだろう。彼とこれ以上険悪になるのは避けたいが、覚悟を決めるしかないのか……
 腹をくくって皇帝に話すと、渋りはしたが、シャイターンの啓示だと説く光希を、最終的に受け入れた。
 その日のうちに、権威の頂点からジュリアスに勅命が下り、彼は不機嫌も露わに屋敷へと戻ってきた。
 絨緞の上で団欒している光希を見つけるや、まなじりを釣り上げて速足に寄ってくる。

「納得したはずでは?」

 挨拶もなく、棘のある声が頭上に降る。
 美貌に冷たく見下ろされ、一瞬、怯みかけた。覚悟はしていたが、本気で怒っているジュリアスは恐い。

「……しているわけないよ」

「陛下に進言するなんて、卑怯ですよ」

 吐き捨てるように罵られ、光希はむっと顔をしかめた。

「大勢の前で、僕をやりこめたジュリに比べたら、マシじゃない?」

「やりこめた?」

 瞳に鋭い光を走らせると、ジュリアスは低めた声で応えた。肌が粟立つのを感じながら、光希も負けじと睨み返す。
 今朝の宮殿会議には、光希も腹を立てていた。
 皆を説得できるものならとジュリアスが言うから、注目に耐えて会議に臨んでいるのに、あの態度はなんだ。皆の前で、光希の意志をへし折りたかっただけではないのか?




『神の系譜』 - 光希 -


prev index next