アッサラーム夜想曲

『天高く』 - カーリー -





 ― 『天高く・一』 ― カーリー




 六歳の夜明け、施設を出て聖歌隊に入った。
 巨大な大神殿に聳える無数の石柱は、まるで栗林りつりんする石の森。圧倒されて、足が竦んだ。
 お目にかかったことのない、美しい衣装――聖歌隊の白い聖衣に着替えて、この先どうなるのかしら、と不安で胸が潰れてしまいそうだった。
 厳しい戒律で知られる宿舎に足を踏み入れ、恐ろしいほどの静けさにおののくカーリーを、三つ年上のエステルは優しい笑みで迎えてくれた。
 大好きなエステル。
 優しくて賢くて、延々続く礼拝の作法も完璧。聖典もすらすら読み上げ、何遍も諳んじてみせる。
 そして、誰よりも上手に歌う。
 高窓から斜めに降り注ぐ朝の陽光を浴びて、天高く、のびやかに賛美歌を歌うのだ。
 彼はいつでもカーリーの前を歩いた。憧れだった。それなのに――

「僕の後任はきっと、カーリーなんだろうね」

 高音域の個人指導を受けるようになった頃、エステルはカーリーを敵視し始めた。
 唖然とするカーリーを苦々しげに見下ろして、背を向けて駆けて行ってしまう。

「待ってよ、エステル!」

 追いつこうと走っても、振り向いてくれない。いつもなら、優しい笑顔で振り向いてくれるのに。
 玻璃のような声だと、確かに周囲は褒めてくれる。
 けれど、エステルより上手に歌えたことなんて一度もない。何度も音階を踏み外すし、譜面も彼のようには読めない。発音だって、歌う度に指導される。
 至らない所ばかりだ。才能があるとは思えない。彼の後任なんて務められない。逃げ出してしまいたい……
 こんなに自信のないカーリーの、一体、何がそんなに脅威だというの。

「カーリーには、判らないよ!」

「待って、エステルッ!」

 声をかけても手を伸ばしても、届かない。エステルは行ってしまう。
 あの頃は、追い駆けるばかりのカーリーが、彼に負担をかけていたのだと気付けなかった。
 次第に、一人で泣くことが増えた。慰めてくれる優しい手は、遠のいてしまったから。

「……どうしたの?」

 陽を浴びて、優しく声をかけてくれたのは、天上人の花嫁ロザインであった。
 慰められる度に、縋りつきたい衝動に駆られた。不安な気持ちを、誰かに聞いて欲しかった。
 けれど、花嫁の親切に甘えてしまえば、増々エステルに嫌われる……そう思うと、素直に縋りつけない。
 友情はもう、戻らないのだろうか……
 どうにかしたいのに、方法が判らない。
 重苦しい憂鬱はしばらく続いたが、暮れの合同模擬演習を過ぎた頃から、エステルの態度は軟化し始めた。
 聖歌隊を卒業した後、エステルは軍に入隊したと人から聞いた。おめでとう、と伝えたくて、声をかける機会を窺っていると、彼の方から声をかけてくれた。
 目が合うのは久しぶりで、お互いに緊張していた。先に口を開いたのは、エステルの方だ。

「ごめんね。大好きだよ!」

 泣きそうな顔をして、謝ってくれた。昔のように肩を引き寄せ、抱きしめてくれる。
 あの時、胸が張り裂けそうなほど嬉しくて、カーリーは大泣きした。

 +

 あれから、四年。
 カーリーは十五歳、エステルは十八歳になった。友情に変わりはない。
 同年代に比べて背も低く、声質はまだ高音域を保っているが、カーリーもとうに聖歌隊を卒業している。
 親友を追い駆けて、アッサラーム軍に入隊した。
 かつては高音域をどこまでも駆け上がっていたけれど、今では鍛錬場を駆け周り、同じ口から剣戟けんげきを繰り出す掛け声を上げている。

「あ、殿下だ……」

 暮れの合同模擬演習が近付く、闘技場。
 演習の合間に水場で休んでいると、菫色きんしょく装飾の回廊を進む、天上人の姿に気がついた。

「お疲れ」

 ぼうっと眺めていると、声をかけられた。同じく休憩中のエステルだ。カーリーの視線を辿り、回廊を進む花嫁を見上げている。

「……ザインに出発されるんだよね」

 横顔に声をかけると、彼はようやく視線をカーリーに戻した。

「殿下の武装親衛隊の配属が決まったよ」

「決まったんだ! いいなぁ……」

 誇らしげに笑う幼馴染を、カーリーはふて腐れた気持ちで仰ぎ見た。

「カーリーは志願したの?」

「したかったけど、推薦してもらえなかった」

「そうか」

 そういうエステルは、志願者の殺到した花嫁の武装親衛隊の枠を見事に射止めた。
 かつて、高音域の天才と呼ばれた少年は、声変りも既に果たしている。落ち着いた男の声へと変貌した親友が羨ましい。

「あーあ……ザインまでどれくらいだろう?」

「戻るのに、四十日はかかるはずだよ」

「そんなに?」

「どんなに遅くても、アメクファンタム皇子の成人式までには、お戻りになるさ」

 親友の言葉に、カーリーも頷いた。
 皇太子誕生、ならびに皇位継承される神聖な日には、聖都の英雄と花嫁も並んで姿を見せるだろう。

「こんにちは」

「「殿下!」」

 振り向いた先に、いつの間にか花嫁がいた。
 世にも稀なる天上人は、出会った日から今でもずっと、気さくに声をかけてくれる。他の同僚に、妬まれることがあるくらいだ。
 嬉しそうに言葉を交わすエステルを眺めていると、花嫁は分け隔てない笑みをカーリーにも向けた。

「カーリー、調子はどう?」

「はいっ! 元気です。あの、どうかお気をつけて」

「ありがとう。カーリーも怪我しないように。よく気をつけてね」

 相変わらず、優しい言葉をかけてくれる。
 殆ど変らぬ目線の人は、手を伸ばしてカーリーの頭を撫でた。嬉しいが……十五の男子として、いかがなものだろう。
 神秘的な黒い瞳に、カーリーはまだ、中庭で泣いていた子供に映るのだろうか?
 どう反応しようか迷っているうちに、手は離れた。惜しいと思ってしまうのは、カーリーが子供だからか。

 期号アム・ダムール四五六年、十三月十日。
 暮れの合同模擬演習を待たず、アッサラーム軍はザインへ向けて出発した。
 意気軒昂いきけんこうとアッサラームを発つ親友の背中を、カーリーは城壁から羨ましい気持ちで見送った。
 いつか――
 追い駆けるのではく、隣に並んで走りたい。
 助けられるばかりではなく、彼が転びそうになった時は、カーリーが手を差し伸べられるように。




『天高く』 - カーリー -


prev index next >>