アッサラーム夜想曲

『遠征王の追憶』 - アデイルバッハ -





 ― 『遠征王の追憶・二』 ― アデイルバッハ




 穏やかな昼下がり。
 巧緻こうち華麗な一室。斜光を弾いて煌めく、青のタイルの美しい調べ。
 淡い銀髪の下、叡知を讃えた蒼氷色そうひいろの瞳で、アデイルバッハは麝香草ティミアンの香る中庭を見やった。
 その隣には、大神殿の権威であり、長年の知己でもある、サリヴァンがいる。成人にも満たぬ頃から傍にいるが、互いに目元に刻む皺は、随分と深くなった。
 穏やかな風に吹かれて、砂漠の彼方を思う。
 退位が近付くせいか、ふとした瞬間に、駆け抜けてきた日々を振り返ることが増えた。
 果敢に攻めた東への侵攻。渾身の制圧に耐え続けもした。アデイルバッハの治世を讃える者は多い。
 東西の決勝を評価する声が大半であるが、微かに聞こえる反論の声もある。
 安寧の訪れたアッサラームを見て、画竜点睛がりょうてんせいを欠くと、嘆く者は少なからずいた。
 砂漠の英雄がいて、その傍らに天上人である花嫁ロザインが寄り添う。知略に富む皇帝が治め、新たな悠久の御代が始まろうとしている。豊かな理想郷だ。
 しかし――
 東西の別は、依然として健在なのである。
 四年前に交わしたサルビアとの和睦に、批判の声もあった。
 東に決勝したことで侵攻気風は高まり“遠征王ならば号令を発してくださる”と、昔を知る幾人かに責める眼差しを向けられた。
 なぜ、侵攻しなかった?
 様々な声を聞きながら、アデイルバッハは生まれた時から歩んできた、東西統一の覇道を降りた。

「神が黒暗淵やみわだを雷鳴で照らし、無名の土くれ、命無き粘土からアッサラームをお創りになり幾星霜……西を総べる聖都アッサラームを、私は強固にしたかったのだ」

 唐突に口を開くと、隣でサリヴァンが微笑した。

「強固でしたとも。陛下の御代こそ、史上の誉れ。繁栄の極地と言えるでしょう」

「完璧ではない。仮初の平和を享受し、繁栄の極地にあってなお、東の脅威は消えなかった」

「東西戦争に、見事決勝したではありませんか」

「勝利だけならば、幾度も納めてきた。ムエザ達を率いて幾夜も翔けて、全てを懸けて闘った。だが、どれだけ年月を賭けても、東の境界線を塗り替えるには至らぬ」

「その日々があったからこそ、アッサラームは栄華の極地にあるのですぞ」

「遠征のさなか、ファティマと皇子を立て続けに失った時は、神はこの地を照らすのを、お止めになったのかと思った」

「深い哀しみでしたな……」

 当時を知るサリヴァンの口調は静かで、アデイルバッハも視線はそのままに首肯した。

「御心に応えようと、全身全霊で尽くす私に、神はこれ以上何をお求めになると思った」

「天界に憩う星の輝きは、幾星霜を経ても変わりませぬ」

「あの時は、そうは思えなかった。私の中で、かくと燃える信仰は一度死んだのだ」

「陛下……」

「征服を諦め、西の結束に眼を向けてからの私は、見る者によっては、茫然自失と映っただろう」

「いいえ。いつであっても、真の賢帝でしたよ」

 友の慰めに、アデイルバッハは首を振って応えた。

「ファティマを喪い、残りの生涯を一人で過ごすだろうと知った。どんな美姫にも心が動かぬ。じきに帝位を譲るのだと……公宮を維持する気も失せてしまった」

「ファティマ様……お懐かしいですなぁ」

 美しく、たおやかな女の面影が胸をよぎった。若くして去った彼女には、随分と苦労をかけたものだ。

「忘我に身をやつして初めて、花嫁を渇望する、お主の境地を知ったのだ。私は、渋るお主に“宝石持ち”の義務だと説き伏せ、妻を娶らせたな……」

「いいえ、陛下。最後には必要な役目だと、理解しておりましたよ」

「お主には、頭が下がる」

 寛容な友と違い、この年になってなお、癇癪も起こすし、時に自説は譲らない。古い知己が自分を語れば、寛容とは無縁と口にすることであろう。

「幸いにして、妻達は私の良き理解者として、支えてくれました。至上の秘蹟ひせきを手にすることは叶わなくとも、幸せは得られるものです」

 柔和に笑むサリヴァンを見て思う。出会った当初の虚ろな眼差しは、いつの間にか穏やかな双眸へと変化した。花嫁に巡り合わずとも、彼は絶望せずに道を進み、今もこうして傍で支えてくれる。

「永く重い帝位を、よく守られましたな」

「褒められると、悪い気はせぬな!」

 ふと愉快がこみあげ、アデイルバッハは哄笑こうしょうを漏らした。

「艱難辛苦の数十年を、お傍で見て参りました。陛下の御代に“宝石持ち”として生を授かったことを、心から感謝しておりますよ」

「花嫁に巡り合えずともか?」

「ええ」

「……全く、感服させられるわい。シャイターンを導くお主の姿は、私の眼には聖者に映る」

「この境地には幾歳月が必要でしたから、彼との出会いが、どうにか成熟の橋が架かる頃で助けられました」

「正直だな」

「若き日の私が彼を見れば、妬みを感じたことでしょう。若者の弱みです、大目に見てくだされ」

 どこかおどけるような口調に、アデイルバッハは再び哄笑した。

「皇子たちも、ご立派になられましたな」

「アースレイヤは、猜疑心が強く酷薄な性格をしているが、人心掌握に長けている。帷幄いあくはかりごとをめぐらし、宮殿の遥か彼方で決勝する天賦てんぷの才にも恵まれた。アッサラームを良く守るだろう」

 自ら先陣を切って駆けた皇帝の言葉に、サリヴァンはたくまざる説得力を感じて頷いた。

「彼の施政には展望があります。陛下がお守りしたアッサラームの栄華に、お変わりはないでしょう」

「昔は東西統一をさかんに説いたものだが、今はそうも思えぬ。彼が導くアッサラームは、私の思想とは別のところにあって良いのだ」

 宝冠の重みを感じながら、アデイルバッハは彼方を見つめた。

「悔いはない」

「そろそろ、休まれてはいかがですか?」

 労いの言葉に、隣に立つ知己を見た。お互いに、ごく自然な笑みを浮かべている。

「長い間、ご苦労だった」

「何をおっしゃる」

「労ってやろう。帝位を譲ったら、外洋を越えてエルノ島までゆこうか」

「美しい神の島ですなぁ」

 表情を綻ばせるサリヴァンを見て、アデイルバッハはにやりと笑んだ。

「傍にいよ! 老いらくの身に付き合え」

「身に余る光栄ですが、神にお仕えする身ですから」

「時には心身を休めるのも、勤めというもの。旅路から戻ったら、まとめて祈ればいい!」

 皇帝の身勝手な申し出に、目じりの皺を深め、サリヴァンは苦笑で応えた。




『遠征王の追憶』 - アデイルバッハ -


prev index next