アッサラーム夜想曲

『遠征王の追憶』 - アデイルバッハ -





 ― 『遠征王の追憶・一』 ― アデイルバッハ




 鼻孔をくすぐる、仄かに甘い蜜蝋の香り。
 揺らめく灯を眺める度に、繰り返される遠征の記憶。一人捧げた晩祷を思い出す。
 青い燐光は砂を覆い、蒼い空と渾然こんぜんとなった。
 青い星を見上げてばかりいたが、この先、アデイルバッハもそう長くはないであろう。天命を終えたら、ようやく彼等に詫びることができる――
 思いふけっていると、衛兵から来客の知らせを受けた。
 夜分に私室を訪ねたアースレイヤを、アデイルバッハは夜着のまま迎え入れた。

「遅くに申し訳ありません」

「良い」

 用件は判っている。
 夕方、花嫁ロザインの訪問を受けて、ザインへの同行を承認すると共に、アースレイヤとシャイターンには軍を発する指示を出した。早速、仔細の報告を持ってきたのだろう。
 杯に酒を注いで勝手に飲み始めると、アースレイヤは書面に眼を落としたまま、口を開いた。

「明日には編隊を開始します。五日もすればザインへ発てるかと」

「うむ」

「なかなか忙しいですよ。陛下にお願いするとは、花嫁も粘りましたね……シャイターンには、私から正式に遠征の権限を与えても?」

「良い。兵は好きに使え、宗主国としての役目を果たせと伝えよ。有事の判断も、全てシャイターンに任せる」

「御意」

 聖霊降臨儀式を前に、大きな抗争が起きないとも限らない。有事には、内乱鎮圧の指揮を執ってもらわねばなるまい。
 間もなく雨期も明ける。乾期が訪れ、交易が活発化する前に、鎮圧に乗り出す方が得策だ。

「聖霊降臨儀式に列席する首領にも、援軍要請の書状を送っておけ」

「はい。もう用意してあります」

「うむ」

 有事にアッサラーム主導で介入して解決してしまっては、他国の面目が立たない。体裁上の共同戦線である。

「ところで……近く、公宮を縮小することに決めました」

「ほぉ?」

 意外な告白に、アデイルバッハは酒を呑む手を休めた。窓辺に寄ったアースレイヤは背を向けており、その表情は判らない。

「隠れ蓑はもう不要か?」

 背中に問いかけると、心を読ませない如才ない笑みで振り向いた。

「隠れ蓑だなんて。心地良い楽園ですよ。即位しても変わらず、足を運びますとも」

「施政はついでか」

「割と好きですけどね。ただ、凝り過ぎると肩も凝ります」

 軽く応える口調に、苦笑で応えた。まぁ、彼の持ち味だ。退位した後は、煩く言うつもりもない。好きにすればいい。

「私は“遠征王”とは呼ばれないでしょう」

「好きにせよ」

 明言すると、アースレイヤは静かに頷いた。彼が遠征に乗り気でないことは、昔から知っている。

「東西統一に翔けた陛下を、心からお慕いしております。アッサラームにも感謝しています。けれど、子供の頃をどうしても忘れられない」

 本心を明かさぬ彼にしては、珍しいことだ。少々意外な思いで耳を傾けていると、更に続けた。

「“倉に隠れておいで。ここは快適だから”と弟に言い聞かせ、床を鳴らす杖の音を耳にすれば、いつでも笑みを貼り付け振り向いた。“ご機嫌いかがですか?”と私の顔に眼を注ぐ男を、千の夜に渡って欺いた――とうに去った日々なのに、今でも“悟られてはいけない”と気を張る子供の私を夢に見ます」

 恨めしくはないが、告白には深淵の響きが秘められていた。

「苦労をかけたな」

 甘いはずの酒をふと苦く感じていると、アースレイヤは、亡き妃によく似た顔に微苦笑を浮かべた。

「陛下は、慣例を緩めてくださった。これは……感謝や尊敬とは、別のところにある感情なのです」

 アデイルバッハ自身は、古い慣例に沿って、即位の際に脅威となる兄弟を全て処刑している。その重い業を、アースレイヤにはルーンナイトに服従を誓わせることで免除していた。

「重圧を背負い、悲惨がこの身に浸透していくことが、厭わしいのです。いかな権威にあっても、それらは全て周囲に撒いてしまいたい」

「お前らしい」

「アッサラームを導く手助けはしますが、主力は他の者であってもらわねば困ります」

「良い。思い描くようにすれば良い」

「……」

「他に、私の許しが欲しい案件は?」

 黙りこくるアースレイヤの顔が、ふと年相応の青年に見えて、アデイルバッハはくつくつと喉を鳴らした。

「そうそう。軍がザインへ発つ際には、陛下から号令をかけてくださいますか?」

「……そんなもの、お前がすれば良かろう」

 遅れた返事には、嫌そうな響きが滲んだ。
 長く続く行軍を、注目を浴びる檀上から起立して見送るのは、老いた身には苦行だ。

「いえいえ、陛下でないと。私はまだ、皇帝ではありませんから」

 その通りなのだが……この会話の流れに、笑ったことへの仕返しを感じた。




『遠征王の追憶』 - アデイルバッハ -


prev index next