アッサラーム夜想曲

『空想の恋』 - サリヴァン -





 ― 『空想の恋・十』 ― サリヴァン




 花嫁ロザインの訪問を受けた、翌夜。
 朝課の鐘も鳴った遅い時間に、サリヴァンは皇帝の私室に呼ばれた。呼んだ張本人、黒貂くろてんを纏ったアデイルバッハは、やってきたサリヴァンを見るなり、不服そうに睨んだ。

「お主、花嫁に何を吹き込んだ? 決死の表情で訪ねてきたぞ」

「人聞きの悪いことを、おっしゃいますな。相談に乗っただけですよ……許可されたのでしょう?」

 文句を聞き流しながら傍へ寄ると、彼の趣味であろう、精緻な金工象嵌ぞうがんの寝椅子を勧められた。

「仕方あるまい。神意に背くわけにはゆかぬ」

 苦々しい口調に、サリヴァンは無言のまま、一礼で応えた。

「だが、迷ったぞ。悩ましいことだ。あちらに応えれば、こちらが立たぬ……シャイターンには恨まれるであろうな」

「恨むなど……」

 今朝は典礼儀式に姿を見せなかったが、やはり、昨日の助言が後を引いたのだろうか。彼が腹を立てるとしたら、アデイルバッハではなく、花嫁に対してであろう。
 ここ最近の二人を思うと、少々心配になる。仲違いをしていなければ良いのだが……

「本当は私も、花嫁を連れていくことには反対だ。だが、神の啓示と言われては、無視するわけにもゆかぬ」

 腕を組み、悩ましげに呟く皇帝を見て、サリヴァンも重々しく頷いた。

「ザインだけではなく、西全域に関わる神託かもしれませんからな」

「雨期は天空も荒れやすい。あの土地に大兵乱が起こるぞ。シャイターンには、軍を発する許可を与えた」

 僅か一日の間に、皇帝はザインへの軍事介入を決断した。潔い彼の性格もあるが、神託はそれほど重要なものだ。宗教と政治が渾然こんぜん一体となったアッサラームでは、ごく自然な思想とも言える。

「聖霊降臨儀式に参列するだけでは、済まなくなりそうですな……」

 制圧が目的ではないが、有事に備えた軍事編成となるだろう。花嫁を連れていく以上、特別な武装親衛隊も必要だ。

「全く、退位まで待てぬものか。形式上ではあるが、他国にも援軍要請を出すようアースレイヤに命じたわい」

 建前上の書状でも、アッサラームの呼びかけに応じない首領は、西にいないであろう。いよいよ事態は、西の盟友諸国を巻き込む様相を帯びてきた。

「せめて、異国で迎える一年の除夜が、穏やかであると良いのですが……」

「ええい、アースレイヤめ。私に号令を発せよとは、面倒ごとを押し付けよって!」

「は、は、は……」

 駄々をこねるような口調に、サリヴァンはつい笑みを零した。

「退位したら、国を空けてやろうか。私に代わって踏ん張れば良いのだ」

 人の悪い笑みを浮かべて、皇帝は愉快げに企んでいた。

 +

 天なる星が見下ろす、夜の静寂しじま
 休む前の一時に、指から外した天球儀の指輪を指先にいらう。支点で留められた三連の輪は、天球をかたどり、星の運行を連想させる。
 廻る世界のどこか――
 恋い慕う人はいるのだろうか。
 指輪を弄び、やがて、あてどない想いを閉じるように、三連の輪を一つに畳んだ。静止した指輪を寝台の傍に置き、静かに横になる。
 眠りは安らぎだ。
 瞳を閉じて、束の間の空想の恋を楽しむ。
 今生では起こりえぬこと。“もし”……花嫁にめぐり逢えていたら。
 どれだけ年老いても、命が続く限り、君を待ち望む。いつまでも探し求めるのだろう……
 瑠璃色の空の下、アッサラームを並んで歩けたかもしれない。偉大な英雄のように、祝福されし歓呼で迎えられたかもしれない。
 それはきっと、サリヴァンの心を奪う丁香花リラの薫る人。鏡のように凪いだ池の傍に立ち、蓮の浮かぶ水面に、その姿を映す。
 対岸に立つサリヴァンが視線を上げれば、おぼろな輪郭の中に、笑みを湛えてこちらを見つめる、唯一の人と目が合う。

「貴方ほど、美しい人はいませんよ」

 本心から告げれば、目の前に立つ花嫁は幸せそうに微笑み、応えるように頷いてくれる。

「ずっと、ずっと、お会いしたいと思っておりましたよ」

 手を差し伸べれば、彼女も繊手を伸ばしてくれる。陽だまりのような笑みを浮かべて、同じ言葉を返してくれるのだ。

“愛しい人。ようやくお会いできましたね”

 眠りに落ちゆく瞬間。なんとも、幸せな心地であった。




『空想の恋』 - サリヴァン -


prev index next