アッサラーム夜想曲

『空想の恋』 - サリヴァン -





 ― 『空想の恋・九』 ― サリヴァン




 黄金色の黄昏。
 議会を終えて、大神殿の書斎に座っていると、手元の書物に影が映り込んだ。
 窓辺に風が流れて、夜に咲くジャスミンが薫る。
 羊皮紙に書き留められた昔の記憶を読み返していたサリヴァンは、照明を灯して筆を執った。記すのは、日々欠かさぬ手記である。
 いつの日かまた、次なる“宝石持ち”が現れる。
 その者が、花嫁とめぐり逢えるとは限らない。横たわる運命に茫然自失し、愁嘆しゅうたんに暮れるかもしれぬ。
 その時、その者を導く灯の一つになれるように、この生涯を記しておく――

「サリヴァン様」

 控えめに扉を叩く音に、サリヴァンは顔を上げた。

「どうぞ、お入りください」

「殿下がお見えになりました」

 扉を開いたのは、かつて聖歌隊で高音域の独唱を務めた少年――エステル・ブレンティコアだ。
 声変りを迎えた少年は、伸ばしていた髪も短く切り揃え、凛々しいアッサラームの獅子に成長した。現在は、ユニヴァースと同じ第一騎馬隊に所属している。
 軍舎で共同生活を送る傍ら、大神殿の書物の殿堂にも足を運ぶ、勤勉な信徒である。

「お通ししてください」

 筆を置いて席を立つと、間もなく、エステルは花嫁ロザインを連れて戻ってきた。出会った頃から殆ど変らぬ背丈で、花嫁はサリヴァンを仰ぎ見た。

「こんにちは、サリヴァン」

「こんにちは、花嫁」

 笑みかけると、花嫁は疲れた愛想笑いを返した。

「お忙しい中、すみません」

「いえいえ、構いませんよ」

 こちらの勧めるままに絨緞に腰をおろし、煩悶はんもんするように腕を組む。
 大分悩んでいる花嫁の様子に、サリヴァンは皺の刻まれた顔に苦笑を浮かべた。

「お疲れですなぁ……」

「僕では、ジュリを説得できそうになくて……ご相談に上がりました」

「あのご様子では、私が申し上げても聞かぬでしょう」

「ううーん……無視できたら僕も楽なんですが、シャイターンは何度も呼びかけるんです。実は、さっきも中庭で金色の蛇を見て……」

「ふむ……」

「サンベリア様の時みたいで、嫌な予感がするんです」

 深刻そうに呟くと、花嫁は重いため息をついた。彼は、以前にも啓示を受けて、暗殺の危機からアースレイヤの東妃を救ったことがる。
 あの時のように、それぞれのシャイターンの板挟みになり、苦労しているようだ。

「啓示は、変わりありませんか?」

 夜のように黒い瞳は、眼に映らぬ世界を見るように、神秘的に煌めいた。

「いえ、今日は例のすすけた建物の奥で、倒れている男性を見ました。彼がきっと、捕えられているリャンなんだと思います」

「顔は見ましたか?」

「うつ伏せに倒れていて、はっきりとは……手足を鎖に繋がれていました」

 花嫁は顔を苦しげに歪めると、呻くように呟いた。
 ドラクヴァ公爵暗殺疑惑のかけられているゴダール家のリャンは、ドラクヴァ家に拘束されている。その様子を覗いたのなら、惨い光景であったかもしれない。

「神はなぜ、彼の様子を見せたのでしょうな」

 ふと浮かんだ疑問を口にすると、花嫁は閃きの光を瞳に灯してサリヴァンを見た。

「薄暗い部屋の中で、彼の額のあたりだけ、青く輝いていました。もしかしたら、彼の系譜は“宝石持ち”に関係しているのではないでしょうか?」

 どこか緊張した様子で、花嫁は声をひそめて告げた。

「ははぁ、なるほど……」

 シャイターンの系譜は、明るみにしてはいけない。みだりに口にしてもいけない。利益追求が生まれぬよう、世俗と限りなく無縁でなければ……。
 只人の手に託せぬ事態を、神は花嫁に託したのだろうか。
 東西の決勝は、神の領域だ。
 善きも悪しきも記される天の書といえど、神同士が関わった戦いの先は不確かで、高次元の存在であっても見通せないのかもしれない。
 与えられる断片的な情報は、定まらない未来の欠片か。
 見捨ておけず、リャンの子孫に“宝石持ち”が生まれる可能性の芽を、神は守れとおっしゃっている……?

「ふぅむ……手段を問わないのであれば、シャイターンを説き伏せる方法がないわけではありませんぞ」

「方法?」

「賢者の上に立つ権威が、たった一つあります」

 この国の頂点、皇帝の勅命であれば、賢者の称号を持つシャイターンであっても無視はできない。
 言わんとすることを察し、花嫁は苦々しい表情で沈黙した。恐らく、彼も考えなかったわけではなかろう。

「……権力で説き伏せるのは」

「無理にとは申しませぬ」

 花嫁は鎮痛な面持ちで沈黙した。少々気の毒に思いながら、サリヴァンは安心させるように微笑んだ。

「今の話は、どうか内密に。けれどシャイターンには仔細をお伝えして、彼の采配にお任せしてみては?」

「いいえ……判りました。陛下にお窺いしてみます」

 迷いの表情を消すと、花嫁は重々しい口調で呟いた。




『空想の恋』 - サリヴァン -


prev index next