アッサラーム夜想曲

『空想の恋』 - サリヴァン -





 ― 『空想の恋・八』 ― サリヴァン




 あれから、四年。

 期号アム・ダムール四五六年。十三月五日。
 東に決勝したアッサラームは、その後、大きな内乱も遠征もなく、平和を享受し、栄耀えいよう栄華の極地にあった。
 間もなく、アメクファンタム第一皇子は成人する。新たな皇太子誕生に伴い、長く治世を守ったアデイルバッハ皇帝は退位し、アースレイヤが即位する。
 新しい御代が始まろうとしている。
 聖都の前途は明るく、希望に満ちていた。祝福に包まれ、生きる喜びに溢れている。
 しかし、光明が射せば影も射す――
 東西戦争の折に、万もの援軍に同意したアッサラームの主要盟友国の一つ、南西に栄えるザイン公国は、激動の端境期はざかいきにあった。
 かつて様々な王朝が覇権を競い、栄枯盛衰を繰り返してきたザインは、聖都アッサラームを仰ぐ敬虔けいけんな信徒であり、広大な土地を神事により選出された公爵家が治める、誇り高い独立自治区である。
 美しい古都は、終戦後に内紛が激化し、著しく治安が悪化していた。その被害は、もはやザイン内域に留まらない。
 この数年。
 荒れるザインの治安に交易は滞り、周辺経済にも影響を及ぼしている。
 治安悪化の原因は、ザインを支配する三家にある。
 三大公爵家――ドラクヴァ家、ゴダール家、グランディエ家のうち、十年に渡りグランディエ家がザインを治めてきた。
 グランディエ公爵、ザインを治める領主の名を、ジャムシード・グランディエという。
 十年続いた覇権を、年明けの聖霊降臨日に返上し、同時に次の宗主家を選出しようとしている。
 ところが、ドラクヴァ家とゴダール家は、覇を賭けて牽制し合い、先日ついにドラクヴァ家の当主が暗殺された。
 ゴダール家の嫡子リャンに疑惑がかかり、ドラクヴァ家は彼を拘束。ゴダール家はリャンの解放を求めるが、ドラクヴァ家は頑として拒否している。
 この問題は、今なお解決していない。
 誰が、ドラクヴァ家の当主をしいしたのか。
 リャンは無実なのか。
 次の覇は、ゴダール家か、それともドラクヴァ家か。
 悪化する治安に、領民からは不満の声が高まり、自由統治を唱える革命軍が乱を発起した。現在、三家と革命軍の緊張は、限界まで高まっている。
 安定しない情勢の中――
 宗主家を務めるグランディエ家から、精霊降臨儀式の招待状が、西における最古最高最大の文明都市、聖都アッサラームに届けられた。
 額面通りに受け取れば、恒例の式典への招待状であるが、その裏には、絶対的な威信の介入により鎮静化を図りたい、公爵家の狙いも見える。
 すなわち――
 東西に決勝した砂漠の英雄、ジュリアス・ムーン・シャイターンと、その花嫁ロザイン、青い星の御使いの立ち合いの元に、聖霊降臨儀式を迎えたいと申し入れたのだ。
 しかし、シャイターンは花嫁を伴うことに難色を示している。
 一方、神の啓示を受けた花嫁は、同行を強く主張している。
 類稀たぐいまれな星のめぐりで出会った二人は、想い合いながらも、近頃は聖霊降臨儀式の参列権を巡って対立関係にあった。
 今朝も早くから、絢爛華麗な「光の間」にて定期宮殿議会が開かれているが――

「僕も行きます」

「認められません」

 強張った表情で花嫁が告げれば、隣に立つシャイターンが即答する。もう何度か、繰り返されている光景である。

「時期が悪過ぎます。判ってください」

「難しいことは判りますが、僕も、どうしても予見を無視できないんです」

「アッサラームと違って、街中でも襲撃があるかもしれないのです」

「親衛隊を連れて行きます」

 鋭い双眸に臆さず、花嫁は堂々と応えた。おっとりしている彼にしては、この件に関して、少しも譲る気配を見せない。

「光希に代わって、できるだけの支援をすると約束します。どうか、アッサラームに残ってください」

「僕も招待を受けているのだから、行く、行かないは僕に決めさせてください」

「内紛の起きている場所に、貴方を連れて行くことはできないと、申し上げているのです」

 彼は、青い光彩を讃えた眼差しで花嫁を見下ろした。無言で睨み合う二人の間に、見えぬ火花が散る。

「警護で苦労をかけるかもしれないけど、僕はザインで起こることを予見しています。役立てると思うけど……」

 いかにも不服げに花嫁が応えると、シャイターンは苛立ちを抑え込むように黙りこくった。
 空気はいっそう張り詰め、数十もの心配げな視線が、シャイターンと花嫁の間を行き来する。
 周囲が口をつぐむ中、アースレイヤはこめかみを押さえ、疲れたように口を開いた。

「まぁ……制圧に行くわけではありませんし、彼に任せてはいかがですか?」

「ですが!」

 反駁はんばくを唱える花嫁を、アースレイヤは視線だけで制した。

「定かでないお告げより、治安の悪化している場所に、大切な花嫁を連れていく懸念の方が、重要な問題ですよ」

 静かに諭され、花嫁は憤懣ふんまんやるかたない様子で、沈黙を強いられた。




『空想の恋』 - サリヴァン -


prev index next