アッサラーム夜想曲

『空想の恋』 - サリヴァン -





 ― 『空想の恋・七』 ― サリヴァン




 血の粛清が明けた聖都。
 清らかな早朝の陽光が、大神殿の白檀びゃくだんを照らしている。
 しかし、跪くシャイターンの美貌はかげっていた。近寄ることを遠慮していたが、長く祈りを捧ぐ姿を見るうちに、自然と足が向かった。

「神は勤勉な者をよみしましょう」

「サリヴァン……」

花嫁ロザインは、いかがお過ごしですかな?」

「私の花嫁です」

 声に含まれた苛立ちを感じとり、サリヴァンは眼を瞠った。彼は気まずそうに視線を逸らすと、悔いるように拳を額に押し当てた。

「……すみません」

「お気になさいますな。いつでもお待ちしておりますと、お伝えくだされ」

「ええ……」

 苦悩の滲んだ声を聞いて、サリヴァンは彼のことを気の毒に思った。
 政争でも闘争でも、敢然かんぜんと立ち向かえる偉大な英雄は、超人ではあっても、万能ではないのだ。
 それは、地上に遣わされた天上人も同じこと。悩む英雄の姿を見る限り、花嫁もまた、苦しんでいるのだろう……
 二人が並んで姿を見せるのは、謹慎が明けてからである。花嫁がサリヴァンに気兼ねなく声をかけるには、更に時間を要した。
 背中の傷が乾いた頃、ユニヴァースは特殊部隊――別名、懲罰部隊に配属され、危険を伴う遠征に従軍する。明るい性質の彼は、遠征の過程で次第に自分を立て直した。
 想像しがたい、東西の決戦が近づいてくる。
 中央和平交渉、ベルシア和平交渉が難航する中、花嫁は体調を崩して勤務中に倒れた。心労が祟ったのであろう。
 あの時は、多くの者が花嫁の回復を祈って、大神殿を訪れたものだ。
 稀なる天上人は、常人には考えも及ばぬ孤独を密かに抱えていた。
 それは、魂の行き着く先や星の運行といった、信仰を揺るがす懐疑で、誰にも打ち明けられずにいたようだ。
 深い霊的葛藤の欠片を、意外な形でサリヴァンは知る。花嫁が作ったという、物珍しい望遠鏡だ。大洋を眺める際に使うそれと似ているが、彼が作ったものの方が精度は良い。
 言葉も知らなかった無垢な人が、ここまで成長したのか。零から歩んだ道のりに指輪で報いると、

「ありがとうございます……っ」

 黒い瞳を潤ませ、天球儀の指輪を震える両手で受け取った。指輪を受け取る彼の眼差しは、黒水晶のように美しい。
 その喜ぶ姿を見て、彼はこの先も砂漠の英雄と共に、アッサラームで生きていきたいのだと、サリヴァンにもはっきり判った。
 少しでも長く、彼等の上に優しい霧雨が降ればいい……
 願ってみても、避けられぬ戦いは始まる。
 花嫁は英雄と共に、アッサラームを離れて国門へと向かった。
 血であがなう聖戦に、多くの同胞が青い星へ還ってゆく。
 様々な苦難が、彼等を襲ったことだろう。
 それでも二人は、かつての聖戦のように凱旋を果たした。盛大な歓呼によって迎えられ、アッサラームは祝福に包まれた。
 あの頃を振り返ると、幾つもの光景が胸をよぎる。
 論功前夜――
 激戦を繰り広げ、最も死者を出したノーヴァの戦いを振り返り、アデイルバッハは言ったものだ。

劈頭へきとう乾坤一擲けんこんいってきの空中戦で、ジャファールはサルビアに勝利したのだ。難関地形を恐れず、先頭に立って作戦指揮を務めた。評価に値する男だ」

 多くの議論を呼ぶ戦いに、サリヴァンも彼とおよそ同じ意見であった。彼は更にこう続ける。

「サルビアの敵愾心てきがいしんを煽り、知略に長けた将が、大胆な配置変更で襲いかかった。それでもなお、死地を延命させたのは、彼の手腕に因るところが大きい」

「彼が名将であることは、誰もが認めておりますよ」

「辛い思いをさせた……」

 静かな呟きには、経験に裏打ちされた、苦慮の響きが込められていた。
 あの夜、喉に流しこむ火酒に、皇帝は慰めを求めていたのかもしれない。深酒を控えている人が、九杯も空けていた。

 +

 期号アム・ダムール四五一年、一月一六日。
 揺り香炉の薫る、大神殿。
 論功行賞で祭壇に立つサリヴァンの前に、ユニヴァースは誇らしげにやってきた。

「……よく頑張りましたね」

 知らず口元を緩め、労うと、彼の瞳は喜びに輝いた。

「ありがとうございます。父上」

 天性の陽気に恵まれている彼も、思い悩む日々があった。表には出さぬが、叶わぬ想いに苦しんでいた。
 知っているからこそ、讃えたい。
 灯心草とうしんそうのように真っ直ぐに立ち、澄明ちょうめいな眼差しを向ける我が子は、短い間に、見違えるほど成長してみせた。
 時間の流れは、人を癒してくれる。
 輪廻に縛られぬ西の民であれば、万人に与えられる権利だ。
 利き腕を失くし、前線を離れたアルスランは、以前よりも頻繁に大神殿を訪ねるようになった。

「腕を失くしてから、貴方の言葉をよく思い出します。“いかなる運命が横たわろうとも、最善の努力をしなければならない。後に続く者の、励みになるから”……」

 己に言い聞かせるような口調であった。

「よく戻ってくれました」

 傷に触れぬよう肩に手を置くと、彼は思いふけるように瞼を半分伏せた。

「多くの部下を亡くしました。この喪失感が埋まる日など、永遠にこない気がします」

「残された者の役目です。それでも、貴方は前を向こうとしている」

 逝きし人との行きし日々を胸に――
 命ある者は、いわばしる小川を漕ぎいで、人生の大洋のもたらす波濤はとうを越えてゆかねばならない。
 灰色の朝がきても諦めずに、白い波頭の光る海を見るまで。
 それからの日々、幾日もアッサラームの蒼穹そうきゅうに、弔鐘ちょうしょうが鳴り響いた。

 生き残った者の心に傷痕を残し、東西大戦は終結した。




『空想の恋』 - サリヴァン -


prev index next