アッサラーム夜想曲

『空想の恋』 - サリヴァン -





 ― 『空想の恋・六』 ― サリヴァン




 澄明ちょうめいな、遥かなる蒼穹そうきゅう
 円形の闘技場には澄んだ空気が流れ、悠々と流れゆくコンドルが影を落としている。
 花嫁を無事に救出し、安堵に包まれたのも束の間、アルサーガ宮殿は重たい緊張感に包まれていた。
 その日は、ユニヴァースの公開懲罰が施行される日であった。
 円形闘技場に軍幹部は全員召集された。
 血縁者であるサリヴァンも列席している。周囲の者から同情の眼差しを寄せられる中、シャイターンはいつもと変わらぬ、まっすぐな視線を寄こした。

「ご迷惑をおかけいたしました。深く、お詫び申し上げます」

 一礼すると、彼は静かに頷き、

「処罰の後は、立ち入りを許します」

 絶対零度の湖水を思わせる冷貌の中に、僅かな気遣いを見せた。再び頭を下げるサリヴァンの横を、今度は無言ですり抜ける。
 石柱の木陰から陽の下に出ると、眩しい日射しに足を止めた。
 我が子の過ちを、不始末だと嘆きはしない。ただ、よく晴れた青空が心に突き刺さった。
 大勢が集まっているにも関わらず、闘技場の空気は鎮痛で重く、静かであった。高みから見下ろすシャイターンの纏う空気が、氷の息吹のように冷たいからか。
 二階の中央からは、何もかもよく見えた。
 懲罰を受けるユニヴァースは、舌を噛まぬよう口に丸めた布を食まされ、裸の背中を向けて、鉄棒に両腕を高く戒められている。
 重いため息が隣から漏れた。精悍な体躯を黒い軍服に包んだ、五番目の息子のサンジャルだ。その隣には、こんな場でも眼にもあやな衣装を着ている、七番目の息子、浮世離れしたランシルヴァがいる。
 間もなく始まる懲罰を前に、日頃は顔を合わせれば賑やかな二人が、随分と大人しい。
 非情の獄吏が鞭を振るった。
 強い茨鞭は、鍛えた肉体であっても、皮膚を破る。
 空気と肉を裂く、しなる鞭の音。衝撃に耐える呻き声。
 背中から血を流す姿を見るうちに、サリヴァンは身に宿る神力が昂るのを感じた。人より感情は希薄といえど、我が子が無抵抗のままに傷つけられていく姿は見ていて辛い。
 隣を窺うと、二人共平静を保っているように見えて、攻撃的な神力が漏れていた。
 七回の鞭を、ユニヴァースは耐え抜いた。
 縄を解かれた途端にくずおれる身体を、傍にいた兵士が支える。サリヴァンが立ち上がるよりも早く、サンジャルが傍へと駆け寄った。

「ユニヴァースッ!」

 意識は既になかった。
 一瞬、死んでしまったのかと危ぶんだが、すぐに胸が上下する様子に気がついた。背中に触れぬよう運び出すさなか、高みから見下ろすシャイターンと視線が交錯した。
 纏う空気に怒気を滲ませたのは、日頃はユニヴァースを疎ましく思っているサンジャルであった。

「サンジャル」

 攻撃的な潜在下の神力を高める彼を、サリヴァンは諫めた。すると、彼も不敬に気付いたように視線を逸らし、傷ついたユニヴァースへと視線を戻した。

「すみません」

「いいえ。早く、治療してやりましょう」

 衛兵の手を借りて運び出すと、やがてユニヴァースは眼を開けた。
 うつ伏せの背中には包帯が巻かれており、止血が追いつかず、ところどころ黒く変色している。傾けた視界に長身のサンジャルを映して、眉をひそめたかと思えば、サリヴァンに気付いて今度は眉を下げた。

「ご迷惑を、おかけしました」

 彼にしては抑揚のない、昏い声が静かな病室に落ちた。

「もういい。よく、耐えた」

 頭を撫でてやると、ユニヴァースは横に倒していた顔を、白い円形の枕に埋めた。

「……もう、会えないのかなぁ」

 両肩を微かに震わせ、くぐもった声で独りごちる。
 その愁嘆する姿を見て初めて、サリヴァンは彼の秘めし想いを知った。傍に立つ二人も、僅かに眼を瞠っている。
 なんということだ――
 それでは尚更、繰り返し悔恨に襲われ、今は苦しかろう……

「お前でも、落ち込むんだな」

 皮肉を発したのは、サンジャルだ。しかし、いつもほどには声に棘がない。無言で応えるユニヴァースの頭を、ランシルヴァは優しく撫でた。

「可哀相に……なんて、痛そうなんだ。しばらく、背中は見ない方がいいよ」

 まるで自分の背が傷ついたかのように、ランシルヴァは顔をしかめた。色彩に富む、優しげな風貌をしたこの青年は、最も美しい詩句を書くとアッサラームでも評判の詩人である。

「そんなに酷い……? てゆうか、ランシルヴァはともかく、どうしてサンジャルが?」

「俺がいては不満か」

「正門警備はどうしたんだよ」

「すぐに戻る。その前に、これだけは言っておく。貴様がどう振る舞おうが関係ないが、父上に迷惑をかけるな」

 潔癖な息子は、軽蔑しきったように鼻を鳴らした。一方、ユニヴァースは気まずそうに沈黙する。

「……サンジャル。よしなさい」

 見かねて口を挟むと、サンジャルは態度を改め、礼節に則った一礼をした。仕事を抜け出してきたからと、早々に部屋を出ていく。

「姉さん達も心配していたよ。元気になったら、顔を見せに行くといい。喜ぶんじゃない?」

 部屋に静寂が訪れると、ランシルヴァはのほほんとした表情で、優しく声をかけた。

「うん……」

「ね、殿下ってどんな方?」

 好奇心の滲んだ問いに、ユニヴァースは沈黙で応えた。その質問は、今は酷であろう。

「……ゆっくり休みなさい」

 一人にさせてやろうとサリヴァンが席を立つと、ユニヴァースはぽつりと、可愛い人、と呟いた。

「そっかそっか」

 伏せているユニヴァースの頭を、ランシルヴァは無造作に掻きまわした。
 外見に気を使うユニヴァースは、髪を盛大に乱されても、文句も言わずに伏せていた。
 この後――
 政争に敗れたヘルベルト家は、全面的に反旗を翻す。傘下の私兵を集めてアースレイヤに宣戦布告。
 最後の抵抗は、苛烈を極めた。
 対するアッサラーム軍は、これを容赦なく徹底的に弾圧する。皇帝の印可の下、万軍をものともせず十日で制圧。ヘルベルト家は劣勢を覆せぬまま、敗れた。
 抗争の明けた翌朝、石畳は見渡す限り、青い燐光に覆われ、その戦闘の激しさを物語っていた。
 粛清は皇帝の勅命である。しかし、凄惨な結末は、シャイターンの逆鱗に触れたことも起因していただろう。

「許さぬ! 許すものかッ!」

 凋落ちょうらくし尽くした様相で喚く男の身体を、兵士が押さえつける。乱れ髪からは想像もつかぬ、かつて宮殿を牛耳り、この世の春を謳歌したヴァレンティーン・ヘルベルトだ。
 ついに処刑台の上に頭を乗せられ、男は深淵に溺れるように顔を下げた。

「触るな! 私を誰だとォ……ッ、宝冠を支えし石柱は、貴方が自らの手で砕くのだ。奈落へと転落する様を、とくと見よ! これぞ、未来の貴様の姿よ。栄華など泡沫の夢に過ぎないと、思い知るがいいッ!!」

「終わりです。ヴァレンティーン」

 アースレイヤは、激昂する男に穏やかに応えた。

「聖都よ、落日に沈め。崩れ堕ち、呪われるがいい……ッ」

「人を呪うのに、どうして自分は呪われないと思うのです? この顛末は、全て貴方が引き寄せたもの」

「黙れえぇッ!!」

 冷然と見下ろすアースレイヤは、肘掛椅子に泰然たいぜんと座すシャイターンに視線を投げた。無言のうちに、承認は交わされる。

「首を刎ねよ」

 高みから執行を命じるは、美貌の皇太子、冷然と首肯したのは、偉大なる砂漠の英雄であった。
 命を絶つ、非情の大鎌が振り下ろされる。血の連なりが弧を描いた。




『空想の恋』 - サリヴァン -


prev index next