アッサラーム夜想曲

『空想の恋』 - サリヴァン -





 ― 『空想の恋・五』 ― サリヴァン




 聖都アッサラームは、暗雲に覆われた。
 領民には扉を固く閉ざすよう触れが出され、宮殿を中心に厳しい哨戒しょうかい網が敷かれた。聖戦をくぐり抜けたアッサラーム軍の精鋭が、隊伍たいごを成して真昼の聖都を駆け抜ける。蹄鉄ていてつが石畳を叩いて、火花を蹴立てた。
 宮殿では、アースレイヤとサリヴァンを中心に、緊急会議が続けられている。
 もはや、花嫁の捜索に話は留まらない。
 内乱鎮圧・花嫁奪還。
 遠征に臨めるだけの戦闘力を兼ね備えた、ジュリアス直属の麾下きか精鋭達。一騎当千の将――ジャファール、アルスラン、ナディア、ヤシュム、アーヒム達を先頭に編隊された隊伍は、複数拠点制圧に向けて、同時に兵を動かした。
 戦況の様子は、日中でも眼に留まる、黒い煙を天空に昇らせる烽火ほうかにより、すぐさま宮殿に伝えられた。
 全ての戦況を正確に把握しうるのは、軍議に立つサリヴァン達だけだ。

「伝令! 東二区で開戦いたしました!」
「伝令! 東北三区、およそ五百と開戦いたしました!」

 次々と開戦の知らせが届いた。
 苦戦している拠点、手薄な拠点には援軍を送り、任務を遂げた隊には次の指示を出す。優先順位を決めて、的確な指示を出すには相当な集中力を要した。

「編隊が崩れている。あそこはもう機能しない、引いて立て直しを……ッ」

「いや、時間が惜しい。近く、ジャファールがいます。“その場で立て直せ”と伝えよ。上手くすれば、そのまま拠点の中心に飛びこめるでしょう」

 回避策を訴える将の弁を遮り、沈着冷静にアースレイヤは告げた。
 劈頭へきとうから見事な指揮能力を披露する彼に、サリヴァンは密かに賞賛を贈った。冴えわたる炯眼けいがんは、この非常時においても、同時進行で繰り広げられる戦況をよく捉えている。揺るがぬ精神力も大したものだ。
 彼に欠けたところがあったとしても、補って余りある才能に恵まれていることは確かだ。

「伝令! 西の拠点に援軍が終結しています。か、掲げる紋章旗は……ハグル家、バンセ家にございますッ」

 息を切らせて駆け込むなり、伝令は悲壮な顔で告げた。

「なんだとッ 共同戦線を張っているのか!?」
「なんだ、それはァッ!」

 耳にした将達が、青褪めるのもむべなるかな。
 どちらも大変な有力者だ。ヘルベルト家の起こした内乱に合わせて、反旗を翻したというのか。
 押さえねばならぬ拠点は、僅かの間に倍増した。制圧と同時に、民衆の安全も確保しなければならない。
 進軍は、退路は、損害は、兵力は、拠点数は、指揮する将は――
 各々が、必死の形相で目まぐるしく計算している。気持ちは判るが、彼等の焦燥ぶりは逆にサリヴァンを冷静にさせた。

「……細かく隊を分けるとしましょう。深入りせず、浅く攻めてゆけば、どこかに必ず綻びが見えてくる。穴の開いた拠点を見つけたら、一点集中の指示を出します。近い部隊はこれに応じ、確実に制圧していきましょう」

 砂漠と違い、場所の限られた街中では、機動の制限が多い。決勝部隊がどこかに潜んでいたとしても、援軍として駆けつけるには時間を要する。
 兵力を問えば、圧倒的にこちらが有利なのだ。
 同時に反旗を翻し、機動の混乱を招きたいようだが、冷静に対処しさえすれば、逆に敵は兵力を分散させたが故の弱体化が顕著になる。

「どれだけ火を噴いたところで、アッサラーム全域に哨戒網を張り巡らせている、こちらの有利に変わりはありませんからな」

 落ち着いたサリヴァンの声は、呻いていた一同を黙らせた。それぞれが険を和らげ、首肯で応じる。
 すぐさま、作戦は前線に伝えられた。
 応じる前線の将も見事なもので、サリヴァンの意図を正確に汲み取り、浅い牽制を繰り返しては敵の苛立ちを誘った。
 同時に開戦した拠点にも、やがて様々な違いが見え始めた。くみしやすい拠点へ集中砲火の指示を出すと、蜂が襲いかかるように、瞬く間に制圧してみせる。作戦が機動に乗り始めるまでに、そう時間はかからなかった。

「……シャイターンも人が悪いと思いましたが、納得がいきました。聖者とは思えぬ采配ぶりです」

 どこか悪戯めいた光を瞳に点して、アースレイヤは賞賛を口にした。サリヴァンと同じように、彼もまたサリヴァンを測っていたらしい。

「年の功ですよ」

「ご謙遜を。隣にいてくださると、心強いですよ」

 おもねるでもなく、アースレイヤは繕いのない微笑を浮かべた。
 かくして――
 花嫁は無事に救出された。
 首謀者である、ヴァレンティーンを拘束。この世の春を謳歌していたヘルベルト家の栄華は、地に堕ちた。
 私財没収。私領も差し押さえられ、新たな当主を擁立することも叶わず、一家断絶の極刑を、擁護してきたアースレイヤに申し渡されたのだ。




『空想の恋』 - サリヴァン -


prev index next