アッサラーム夜想曲

『空想の恋』 - サリヴァン -





 ― 『空想の恋・四』 ― サリヴァン




 期号アム・ダムール四五一年、八月一〇日。
 花嫁ロザインが宮殿から姿を消した。
 陽が昇りきった午後、みやびな宮殿は騒然となった。長い年月の中でも、典雅な宮殿が、あれほど取り乱したことも珍しい。
 天上人の姿を探して、大神殿にも兵はやってきた。
 始めは、姿が見えなくとも、宮殿のどこかにはいるはずだと、皆が楽観的に考えていた。行先も伝言を残していたし、滅多に宮殿の外へ出ない人が、前触れもなく出掛けるとは考えられなかったのだ。
 ところが、事態は思わぬ展開をみせる。
 不在を聞いて宮殿へ駆けつけたジュリアスは、神眼で遠視を行い、すぐに顔色を変えた。

「宮殿にはいません。サン・マルク市場へ向かっているようです」

 その場に集まっていた全員に、小波のように動揺が走った。

「本当ですか?」
「まさか、お一人で?」
「護衛はついておらんのかッ!?」

 口々に驚嘆の声を上げ、すぐに沈黙した。針のように肌に突き刺さる、冷たい冷気が流れたからだ。

「ユニヴァース……ッ」

 蒼白い光を瞳に灯して、ジュリアスは憤懣ふんまんたぎった、低い声を絞り出した。
 神力の顕現けんげんたる青い炎は、蜃気楼に揺らめいた。

「彼は、コーキを連れて単独行動をしている」

 恐ろしい事実を聞かされ、この時ばかりは、サリヴァンも呻きたい衝動に駆られた。
 花嫁の失踪。
 この最悪の状況に、よりによって武装親衛隊の少年兵――サリヴァンの息子である、ユニヴァースが関わっているのだという。
 なんらかの事件に巻き込まれたのか。しかし、破天荒な我が子の性格を思うと、彼が引き起こした可能性も否定はできなかった。
 状況は悪化する。
 彼の不在に気付いたのは、サリヴァン達だけではなかった。
 宮殿の権威たる理財長――ヴァンレンティーン・ヘルベルトもまた、気付いていたのだ。
 大変な有権者である彼が、欠片もなびかぬジュリアスを、日頃から疎ましく思っていることは有名な話である。
 先の聖戦で、過酷な前線へ送りやったのも、英雄ならば鎮圧も容易たやすかろうと、居丈高に会議で言い放ち、アースレイヤ皇太子を頷かせたからに他ならない。
 更に言えば、サリヴァンを籠絡しようとしたこともある。
 不敬にも、砂漠の英雄に代わる“宝石持ち”は他にもいらっしゃる、そう貴顕きけん達の前で、思わせぶりに目配せしたのだ。
 傲岸不遜な態度はサリヴァンの眼にも余ったし、アースレイヤの心中も想像がついた。
 しかし皇太子は、何度も慇懃いんぎんな口調で「是」と応えてきた。そう言わざるをえなかった背景には、歯向かえば、皇太子と言えど命が危ぶまれた事情もある。
 とはいえ、眼に余る淫蕩いんとうぶりが、果たして自衛であったのか、宿痾しゅくあであったのかはようと知れない。
 しかし――
 その後、混迷する宮殿をなだめ、聖戦を乗り切ったことで、彼は才覚を示した。
 頭角を現し始めたアースレイヤにも、理財長は懸念を抱いていた。
 理財長は、皇太子の即位までにジュリアスの立場を弱め、アースレイヤを操る手綱を引き締めたいと考えていたのだ。
 誰もが予期していた“内乱”は起こるべくして勃発した。

「ヴァレンティーン・ヘルベルトを捕えます」

「許可する。花嫁を救出せよ」

 武力による内乱鎮圧――ジュリアスの下した決断を、厳かに皇帝は承認した。

「御意」

 怒気を押し殺した声で、ジュリアスは礼節に則った一礼をした。すぐさま踵を返し、謁見の間を飛び出していく。サリヴァンもその後を追い駆けた。
 もはや一刻の猶予もない。
 最優先される作戦は、花嫁奪還である。当然、ジュリアスが先頭指揮に臨んだ。
 同時に進行する作戦は、ヴァレンティーン・ヘルベルトの身柄拘束、拠点制圧。完全なる武力無力化だ。これは、聖戦で共にくつわを並べたヤシュム、アーヒムらが先頭指揮に臨んだ。

「作戦遂行に、ヴァレンティーンの生死は問わない」

 その日予定していた演習は中断され、緊迫した空気に包まれた滑走場。作戦に向かう各々に向けて、英雄は冷たい声で告げた。

「「御意」」

 数千から万もの兵を指揮する将達は、厳かに一礼した。
 彼等は素早く作戦を共有すると、すぐに滑走場で隊伍たいごを成す、それぞれの部隊の元へ散った。
 責任の一端はサリヴァンにもある。後に続こうとすると、ジュリアスは厳しい眼差しをサリヴァンに向けた。

「サリヴァンは残ってください。ヴァレンティーンを捕えたら、アースレイヤには現場にきてもらわなければならない。貴方には最初から最後まで、内部指揮を任せます」

「かしこまりました。このような事態となり、なんとお詫びを申し上げればよいか――」

「謝罪は本人から聞く。先ずは、光希の救出です。責任を感じるなら、ここで正確な指揮をッ!」

 強い口調で彼は一喝した。空気がびりびりと震え、近くを通った兵士達はおののいたように跪いた。
 狼狽えている場合ではない。サリヴァンも気を引き締め、胸をよぎるユニヴァースへの懸念を切り離した。彼の言う通り、今、最優先すべきは花嫁の救出だ。

「御意」

 端的に応えると、己が使命を果たさんと宮殿へ駆けた。




『空想の恋』 - サリヴァン -


prev index next