アッサラーム夜想曲

『空想の恋』 - サリヴァン -





 ― 『空想の恋・二』 ― サリヴァン




 前線到着から、数日。
 一陣の風が、砂を撫でていった。
 薄暗い黎明の空の下でも、茫漠ぼうばくたる砂漠は青い燐光に覆われ、視界に困らぬほど明るい。
 見渡す限り続く青い燐光。一つ一つの光は、同胞の魂である。それだけ多くの同胞が、ここで死んだということだ……
 聖衣を纏ったサリヴァンは、悲壮な光景を見つめながら、とう々と十五編の聖典をそらんじた。
 横隊に並んで跪く兵士達は、厳かに黙祷を捧げている。

「……我々の終油の秘蹟ひせきは、金色こんじきの聖都にあります。シャイターンのたなごころは、彼等を必ず導いてくださる」

 全てを読み終え、最後にサリヴァンが締めくくると、幾人も頷いた。声もなく涙する同胞を、隣の者が慰めている。
 鎮魂の儀は、聖戦による殉教者への手向けであり、また残された者の慰めでもあった。
 更に数日――
 決勝を喫した拠点は、早くも撤収準備を開始した。
 夜になると、決勝を祝して、または聖都への帰還を祝して、あちこちで酒盛りが開かれた。
 普段であれば、晩祷ばんとうならびに終課に勤めるところであるが、ここへきてからは、サリヴァンも何度か彼等の輪に混じった。
 信仰は飲酒を禁じていない。シャイターンが敬虔な信徒にも、飲酒をお許しくださる神で良かった。
 花嫁ロザインと二人で過ごしたいのであろう、年若いシャイターンが姿を見せることは稀であったが、挨拶程度に顔を見せることもあった。
 そうして拠点での生活に馴染むうちに、ようやく花嫁に引き合わせられた。
 約束の日。
 宛がわれた天幕に、ジュリアスとジャファールに付き添われ、くだんの花嫁が姿を見せた。

「はじめまして」

 世にも高貴な青い星の御使いは、ぎこちない口調で頭を下げた。
 素朴な容姿ながら、話に聞いていた通り、肌は白く、瞳も髪も艶やかな黒であった。東西に通じる神聖色である。

「こんにちは、よくぞおいでくださいました。ムーン・シャイターン、そして花嫁」

 ゆっくりとした発音で告げると、花嫁は礼儀正しく頷いた。
 花嫁に寄り添う彼は、実に穏やかな眼差しをしている。青い双眸には、花嫁へ寄せる確かな愛情が窺えた。
 その姿を見てもなお、サリヴァンの胸には祝福しか沸いてこなかった。渇望に苦しみ、愁嘆しゅうたんに暮れた葛藤も、今では昔のことだ。

「コーキ、この方はサリヴァン・アリム・シャイターン。私と同じ“宝石持ち”です。サリヴァン、こちらが私の魂の半身、コーキです」

 戦場に立つ勇ましい姿からは、想像もつかぬほど優しい声であった。サリヴァンは少しばかり眼を瞠ったが、花嫁を見つめる英雄は気付いていない。

「こんにちは。僕は光希です。貴方が勉強を?」

 互いの紹介を終えると、花嫁は黒い眼差しに喜びの光を灯して、サリヴァンを仰ぎ見た。その通りだと応えると、花が綻ぶように笑みを閃かせる。

「ありがとうございます!」

 微笑ましく見ていると、花嫁は隣に立つジュリアスを見上げて、はにかんだ。

「ジュリ、ありがとう」

 すると彼は、いまだかつて見せたことがないであろう、優しい笑みを浮かべた。慈しむように花嫁の髪を撫でてから、天幕の外へ出てゆく。
 言葉に不自由しながら、天上人である花嫁は謙虚によく学んだ。その姿に、サリヴァンの花嫁に対する印象は、早くも上書きされた。
 柔らかな頬は幼さを感じさせるが、黒水晶のような瞳には、知性の光が灯っている。見た目より、年は上なのかもしれない。
 花嫁は地図を凝視するなり、方角をすぐに理解した。スクワド砂漠が地図上のどこに位置するかを知り、オアシスとの距離感を掴んでみせる。
 言語の他にも、あらゆる学問を教えてさしあげたい。
 学者精神が疼いたこともあり、その考えはサリヴァンの中に留まった。
 ある日、天幕に向かうジュリアスを見かけて、そういえば、と呼び止めた。

「アッサラームに花嫁をお迎えしましたら、大神殿にお招きしてもよろしいですか?」

「大神殿に?」

「はい。聡明なお方ですし、知識欲も探究心もある。ぜひ言葉の他にも、天文学をお教えしたい」

 良い提案だとサリヴァンは思ったが、ジュリアスは複雑そうな表情を浮かべた。

「凱旋の道のりも長くなりますし……アッサラームに戻ったら、穏やかに過ごしてもらいたいと考えています」

 どうやら、他意はないサリヴァンの言葉を、いささ穿うがって捉えたらしい。彼の言葉には多少の警戒が滲んでいた。

「それは良い。美しいお屋敷を建てたと聞いておりますよ。花嫁もさぞお喜びになるでしょう」

 安心させるように言葉をかけても、端麗な顔に浮かぶ気鬱は晴れない。サリヴァンは微苦笑を浮かべた。

「少々、気が急いていたようです。確かに、勉学の前に先ず、公宮での生活に馴染むことが先でしたな」

「いいえ。馴染まなくてもいい。欺瞞ぎまん奸計かんけいに満ちた公宮など、煩わしいだけです。コーキに無理をさせたくありません。離れの私邸で、穏やかに過ごして欲しいのです」

 どこか厳しい口調で告げる年若いシャイターンを見て、サリヴァンはどう応えたものかと口を閉ざした。
 花嫁を公宮第一位の権威として迎えることは、しきたりに則った決定事項だ。周囲から遠ざけたい気持ちも判らないではないが、公宮の頂点に君臨する花嫁が、人前に全く出ないわけにもいかないだろう。

「ふぅむ……懸念がないとは言えませぬが、公宮が美しい楽園であることも、また事実。案内してさしあげれば、花嫁は喜ばれるのでは?」

 公宮に囲われた多くの女達と違い、花嫁には出入りも許されている。

「もちろんです。ただ、私の花嫁に関わることは、何であれ十分に見極めるつもりです」

 案じる言葉の裏には、花嫁を独占したいという恋情が透けて見えた。

「出過ぎたことを申しました。お許しくだされ。おっしゃる通り、アッサラームは遥か遠い。先ずは長旅に気を配るとしましょう……」

 一礼して言を下げると、英雄は黙して頷いた。
 若者らしい、微笑ましい心中を察し、サリヴァンは口元が緩むのを堪えねばならなかった。




『空想の恋』 - サリヴァン -


prev index next