アッサラーム夜想曲

『再会』 - 光希 -





 ― 『再会・十』 ―




 ふと、さっきから一言も喋らないローゼンアージュが気になった。

「アージュは、どこかお勧めの場所を知ってる?」

 光希が尋ねると、全員の視線がローゼンアージュに集中する……が、彼は全く動じず、巴旦杏ケルシーの実を頬張っている。
 マイペースな少年は斜め上に視線を動かし、暫し黙考すると、光希に視線を戻した。

「少し遠いですけど、“金の刺繍”という隊商宿キャラバン・サライの一階で、数百種もの紅茶を飲めます。殿下は、お好きかもしれません」

「意外にまともですね……」

 ナフィーサは失礼なことを口走った。ユニヴァースは、合法だろうな? ともっと失礼なことを口走った。

「ありがとう。覚えておくよ」

 不満げなローゼンアージュに慌てて笑顔を向けると、彼は小さく頷き、再び食べ始めた。

「殿下、祝福日なら、旧市街で蚤の市も楽しめますよ。私も時々足を運んで、掘り出しものを見つけるんです。風笛ガイタやアコーディオンの大道芸も楽しめますよ」

 ナディアの言葉に、光希は瞳を輝かせた。

「へぇー! 蚤の市。それも行ってみたいな」

「ジュリは?」

 光希は笑顔のまま、隣に座るジュリアスを見上げた。

「ん?」

「どこかお勧めの場所はある?」

「ありますよ」

 全員の注目を集めたが、後で教えます、と明かしてくれなかった。まぁ、後で教えてくれるのなら文句はない。
 アッサラームに帰るのが今から待ち遠しい。光希はまだ見たことのない、ダリア・エルドーラ市場や蚤の市、茶葉の香る隊商宿キャラバン・サライを思い浮かべて、胸を躍らせた。
 その後も話は盛り上がり、延々と食べて飲んで……朝課の鐘が鳴る頃、お開きとなった。
 光希とジュリアスが退散する時も、ヤシュムやアーヒムは新しい酒瓶の口を切っていたので、まだまだ飲む気らしいが……。
 私室に戻ると、光希は早速アッサラームの地図を引っ張り出した。さっき教えてもらった情報を、紙面に書き留めていく。

「――あ、ジュリのお勧めの場所ってどこ?」

 振り向いて声をかけると、ジュリアスは傍へきて地図を指差した。

「桟橋?」

「荷揚げの終わった、行商のはしけに乗れる場所が幾つかあるんです。きっと光希は気に入ると思いますよ」

「へぇー、それはぜひ乗ってみたい」

 聖都アッサラームは、街中をアール川とカルプロス川の大河が横断する、砂漠の巨大オアシス、水の都でもある。街中には無数の運河が張り巡らされており、情緒ある木造の小型帆船も入ってくるのだ。

「さっきは、どうして教えてくれなかったの?」

「……少し面白くなかったんです。光希が何を聞いても、嬉しそうにしているから」

「ジュリと一緒に行けると思うから、嬉しいんだよ!」

 光希が笑うと、ジュリアスも淡く笑んで光希の頭を撫でた。

「美味しい料理を、食べに行こうね。ジュリアスにご馳走したい」

 自分で働いて得たお金で、ジュリアスに何かしてあげたい。それは、光希のささやかな夢の一つであった。
 クロガネ隊勤務のおかげで、配給金が結構貯まっている。散財は皆無に等しいので、一日遊び倒しても困りはしないだろう。

「なら、昼は光希、夜は私がご馳走するということで、どうですか?」

「いいよ!」

 光希が満面の笑みを浮かべると、ジュリアスは眼を細めて頬にキスをした。

 +

 二人がアッサラームに戻れるのは、年が明けてからである。
 終戦から九十余日。アッサラームを出発してから、実に十ヵ月もの月日が流れていた。




『再会』 - 光希 -


prev index next