アッサラーム夜想曲

『再会』 - 光希 -





 ― 『再会・五』 ―




 久しぶりに、穏やかな午後をジュリアスと共に過ごした。
 満ち足りた、贅沢な時間。延々と話は弾み、合間に甘く爽やかな葡萄酒で喉を潤した。
 いつの間にか、眠ってしまったらしい。
 眼が覚めた時には、寝台の上で、外はもう暗かった。光希はジュリアスの姿を探して、控えの間にいるナフィーサを訪ねた。

「ジュリは?」

「お目覚めですか? 少し前に、アルスラン将軍に呼ばれて出て行かれました。じきにお戻りになりますよ」

「そう……」

「殿下、今のうちにご入浴されますか?」

「そうだね」

 軽い口調で応えたが、光希はかなり緊張していた。夜が色濃くなると、これからの時間を考えてしまう。昼間はこの緊張を忘れたくて、ついつい飲み過ぎてしまったように思う。
 恐らくジュリアスは、光希を抱きたいと言うだろう……
 けれど、彼の酷い傷痕を見た後では、負担のかかる行為に懸念が先立つ。
 迷いつつ、光希は専用の浴室に足を運んだ。ナフィーサは、かなり前から準備していたに違いない。馥郁ふくいくたる香りの湯が、浴槽にたぷんと張られている。
 今夜は、ジュリアスに負担をかけないよう、光希がリードするべきかもしれない……
 煩悶はんもんを振り切り、ほてった身体に冷水をかけて浴室を出ると、灰青色の繻子しゅすの上下に着替えた。
 身支度を終えても、往生際悪く長居してしまった。
 観念して廊下へ出ると、涼風と共に、どこからか美しい旋律が流れてきた。
 音色に誘われて、光希は石壁に穿たれた銃眼じゅうがんに身を寄せた。
 姿は見えないが、誰かが、涙滴るいてき型のラムーダを奏でているのだろう。寄り添う月型の竪琴シタラ、タンバリンの音。微かに、歌声、笑い声も聞こえる。
 いい夜だ。
 涼しい風が、ほてった肌に心地良い。
 天には星が瞬き、青い星の清かな光が、国門の突き出た稜堡りょうほを蒼銀に染めている。包みこむような光は、ジュリアスの纏う青い燐光のよう。
 光希は、自然と口元に微笑を浮かべた。恐れることはない。大好きな人と、幸せな時間を過ごせるのだから。
 緊張が剥がれ、肩から力が抜けると、迷いのない足取りで私室に向かった。

「あ、お帰り……」

 部屋に戻ると、窓辺にジュリアスが立っていた。しどけない様子に光希の胸は高鳴った。

「仕事は終わったの?」

「報告だけ。今日は、何もしませんよ」

 傍へ寄ると、腰を引き寄せられた。熱を帯びる、青い双眸。密度の高い光。満ちる、青――

「ん……」

 どちらからともなく顔を寄せて、唇を重ねた。愛情を伝えあうように、触れあうだけのキスを繰り返す。微笑する気配を感じて、うっすら瞳を開けた。

「きてくれないのかと、心配していました」

 からかうように言われて、光希は照れ臭げに笑った。

「いや、正直、緊張してる……」

 心臓がおかしいくらい、早鐘を打っている。眼を合わせられずにいると、そっと抱き寄せられた。
 触れ合う鼓動は、光希と同じくらい速い。大きな手に頬を包まれて、そっと上向かされた。

「ん……っ」

 口づけはたちまち深くなり、熱い舌で口腔こうこうを探られた。音が立つほど、激しい口づけ。風に吹かれて、湯冷ましをしたばかりなのに、身体は燃えるように熱くなる。中心に熱がたぎる――

「――っ」

 ジュリアスも同じだ。
 隙間なく抱きあっているから、互いの昂りが判る。つい逃げ腰になると、強い腕に腰を押さえつけられた。訴えるように、腰を擦りあわせられる。
 口づけを繰り返しながら、爪先が浮くくらい抱きしめられて、そのまま寝台に運ばれた。
 ゆっくり寝台に降ろされて、滑らかなシーツの上に背中から倒れる。追い駆けるように、ジュリアスが覆いかぶさってきた。

「大丈夫だから……」

 右肩に触れずにいる光希を見下ろして、ジュリアスの方から光希の手を取って、肩に乗せた。

「……手当した?」

「もう塞がっていますよ。そろそろ包帯も不要です」

 そういって、ジュリアスは上を脱いだ。肩を覆う白い包帯が痛々しい。

「そんな顔をしないで」

「痛かったでしょ」

「……多少は」

「嘘でしょー」

 どうして、そんな見え透いた嘘をつくのだろう。死ぬほど痛かったはずだ。




『再会』 - 光希 -


prev index next