アッサラーム夜想曲

『再会』 - 光希 -





 ― 『再会・三』 ―




 私室に戻った後も、光希の涙は止まらなかった。ジュリアスに抱き寄せられて、蓋をしておいた弱さを、片っ端から開けられてしまったのだ。

「ごめん……こ、んな、泣くはずじゃ……っ」

「我慢しないで」

 子供を抱っこするように、膝上に乗せられた。背中をさすってくれるジュリアスの首に両腕を回して、ふと彼が重傷を負っていたことを思い出した。

「ごめん! 肩っ」

「平気です。もう殆ど治っているから」

「重傷だったんでしょう?」

「それなりに……今は平気ですよ」

「見せて」

 沈黙が返った。青い双眸には、心配そうな色が浮かんでいる。光希が、散々泣いてしまったせいだろう。

「いつかは、見るよ。僕はその時、泣くかもしれない……だったら、どうせ今泣いてることだし、今見せてよ」

 視線を逸らさずに見つめていると、ジュリアスはやがて諦めたように上着を脱ぎ、その下のシャツも脱いだ。肩を覆う包帯も、剥がしていく。
 傷は、ほぼ塞がってはいるが、まだ治りかけだ。右肩から斜めに走る傷痕が痛々しい。どれだけの血が流れたのだろう……
 動揺が表情に出ないよう、歯を食いしばり、目を見開いていたけれど、やっぱり涙は溢れた。大きな手に頬を撫でられると、堪らずその手に縋りついた。

「こんな、こんな、怪我を……」

「見た目程、深くないんですよ」

 嘘だ。かなりの血が流れたに違いない。死んでも、おかしくなかったかもしれない……

「もう、戦わないで」

「光希……」

「次は、絶対、耐えられないよ……」

「判っています」

「どこにも行かないで」

「行きません」

 迷わずに即答されたけれど、光希は素直に受け取れなかった。
 半年前、捻じ伏せた感情が、心の片隅でくすぶっていたのだと思い知らされる。傷痕を見て、あのいきどりが再燃した。
“宝石持ち”だから。神剣闘士アンカラクスだから。総大将だから……そう言ってジュリアスは最前線に向かっていった。誰も止めなかったけれど、本音を言えば、光希は泣いて喚いて引き留めたかった。

 ――我慢したんだよ、必死にっ!!

 抱きしめようとする腕を跳ね除けて、光希の方からジュリアスの腕を掴んだ。

「僕は、ジュリが心配なんだよっ!!」

「光希」

「ジュリが死んだら、生けていけない。置いていかないで……っ」

「置いてなど――」

 顔を寄せる気配を感じて、光希は大きく仰け反った。傾いだ身体を、ジュリアスは腕の中に引き寄せる。そのまま、唇を奪われた。

「ん――っ」

 キスが欲しいわけじゃないのに、もがいても離してくれない。手首をきつく掴まれて、隙間なく身体を引き寄せられた。
 頭の後ろを手で支えられ、口づけは増々深くなる。舌を差し挿れられた拍子に、彼の右肩に手を置いて、思いきり力を込めてしまった。
 掌に、ざらついた皮膚を感じる――光希は、眼を見開いて身体を強張らせた。

「ごめ……っ、……んぅっ!」

 謝罪は言葉にならなかった。散々泣いた後なので、情熱的なキスは少し苦しい。酸素を求めて顔を傾けた後も、唇の端に何度も口づけられた。

「光希を置いて、死ぬわけがない」

 見下ろす青い眼差しは、とても真摯な光を灯していた。

「絶対に、光希を置いて先に死んだりしない」

 まるで誓いの言葉のようだ。

「ジュリの姿を見せてくれって、ずっとシャイターンに祈っていたんだ……でもちっとも叶えてくれなかった」

「“光希”の名を宿した剣は、ずっと私を守ってくれましたよ」

 優しい慰めに、光希はようやく少しだけ微笑んだ。

「良かった。その剣は、戦場に行けない、僕の代わりだから……」

「ハヌゥアビスと戦った時も、シャイターンがこの剣に力を貸してくれました」

「……僕の願いは聞いてくれないのに、ジュリには力を貸すんだ。いいけどさ」

 ふて腐れたように呟く光希の頬を、ジュリアスは愛しそうに手の甲で撫でた。額に優しい口づけを落とす。

「きっと、剣を振るう私の姿を、光希に見せたくなかったのでしょう」

「どうして?」

「……愛する人に、嫌われたくないから」

 今度は光希の方から、ジュリアスの頬を両手で挟み込んでキスをした。

「刀身に名前を入れたのは、僕だよ。昔、剣を振るうジュリの姿を、鳥になって見たこともある。ジュリが何をしても、嫌いになんてならないよ」

「……」

「ジュリを、愛している。その為に、僕はアッサラームへきたんだ」

 青い双眸は、うっすらと涙の膜に覆われた。潤んで煌めく様は、まるで宝石のよう……どんな宝石も、ジュリアスには遠く及ばない。光希の至宝だ――




『再会』 - 光希 -


prev index next