アッサラーム夜想曲

『再会』 - 光希 -


 桧山光希ひやまこうき――シャイターンの花嫁ロザイン

 聖戦の最中、スクワド砂漠の南西に位置するオアシスに降臨し、青い星の御使い、シャイターンの花嫁として聖都アッサラームに迎え入れられる。
 シャイターンの“宝石持ち”ジュリアスと婚姻を結び、およそ半年間を公宮で過ごした後、アッサラーム・ヘキサ・シャイターン軍に入隊。クロガネ隊加工班専任、非戦闘隊員、伍長勤務上等兵に任命される。

 東西戦争では通門拠点である国門に後方支援隊として遠征に同行。現場では補給、斥候せっこう、衛生等に率先して務め、将兵らの士気向上に貢献する。
 開戦から八十余日。期号アム・ダムール 四五二年九月二五日。
 総大将を欠いたサルビア軍から、アッサラーム軍に和睦調停の申し入れがあり、アルサーガ宮殿の印可いんかが降りた二十日後――正式に東西戦争は終結した。
 終戦後、ジュリアス率いる山岳中央拠点の本陣は、国門を目指し、順次撤収を開始。

 終戦から三十余日。中央本陣は、半年ぶりに国門への帰還を果たそうとしていた。




 ― 『再会・一』 ―




 光希は城壁に立ち、びょうとした青空を仰いだ。
 頬を撫でる風も、大分冷たくなったものだ。ここへ来たばかりの頃は、暑くて詰襟の上着を脱いでいたけれど、今では着用しないと肌が粟立つほど寒い。
 彼方の稜線りょうせんに、待望の青い軍旗はまだ見えない。けれど、きっともうすぐ――

「殿下!」

 背中に声をかけられて、光希は振り向いた。哨戒しょうかいから戻った兵士が、笑顔で駆け寄ってくる。

「間もなく、お戻りになりますよ」

 嬉しい報告に、光希は溌剌はつらつとした笑みを浮かべた。今は、笑顔でいない方が難しい。もうすぐ、ジュリアスが帰ってくるのだから。
 報告に来てくれた兵士が去った後も、光希はその場に残った。
 ついさっきまで、日課業務に就いていたのだが、皆が気を遣って光希から仕事を取り上げるのだ。手持無沙汰になり、先ほどからこうして彼方を見つめている。

「昼には戻ってくるかな?」

 後ろに控えるローゼンアージュに尋ねると、恐らくは、と彼は首を傾けた。

「待ってるのって、落ち着かないな……騎馬して、迎えに行ったら駄目かな?」

「落ち着いてください」

「はい……アージュも、久しぶりにユニヴァースに会えるね」

 反応がないので振り向くと、どうでもいいです、と言われた。つれない返事だが、なんとなく嬉しそうに見える――ような気がする。

「――あ」

 彼方に、待望の風になびく青い軍旗が見えた。先頭の騎馬隊が姿を見せると、次々と青い旗が閃いた。

 ――あぁ、帰ってきた!

 先頭を行く親衛騎馬隊の後ろに、間もなく、将を乗せた天蓋付の二輪装甲車が現れた。あれに乗っているのは佐官以上の将、ジュリアス達だ。

「殿下、そろそろ下りましょう」

「うん……」

 そう言いつつ、彼方から目を離せない。勿体なくて動けない。あと少しで、見えるはずなのだ。
 きた――
 シャイターンの意匠の入った二輪装甲車を見つけて、光希の胸は燃えるように熱くなった。姿は見えなくても、乗っているであろう想い人の凛々しい姿が目に浮かぶ。

「殿下」

「うんっ、行こう!」

 催促されて、今度は光希も即答した。
 胸を弾ませて中庭へ下りると、既に多くの兵士達が集まっていた。英雄の帰還を出迎えようと、皆、仕事の手を休めて外に出てきているのだ。彼等は光希に気付くと、笑顔で道を空けてくれる。恐縮しながら道なりに直進すると、やがて馴染の顔ぶれを見つけた。

「殿下! こちらへ」

 アルスランに呼ばれて傍へ駆け寄ると、アルシャッドやナフィーサも一緒にいた。

「ナフィーサ、ごめん。午後は仕事に戻るよ」

 午前中は日課業務の諸々を、殆どナフィーサに押しつけてしまった。ジュリアスを出迎えたら仕事に戻ろう……そう思ったのたが、

「いいえ! ごゆっくりなさっていてください!」
「殿下」
「そうですよ、今日くらい……」
「周りに気を遣われるだけですよ」

 その場にいる全員から反対された。少々照れくさいが、皆の心遣いが嬉しい。光希は、お言葉に甘えて、と笑った。

「なんだか、緊張してきました……」

 光希の隣で、ナフィーサは深呼吸している。その様子を見ていたら、光希まで緊張してきた。

「あ、来ましたよっ!!」

 ついに、先頭の騎馬隊が国門の正門を潜り抜けた。
 英雄達の帰還に、割れんばかりの拍手喝采、大歓声が飛び交う。更に将を乗せた二輪装甲車が入ってくると、一際大きな歓声が上がった。
 光希も首を伸ばしてジュリアスの姿を探した。人が多くて視界が悪い。気付いてもらえるか心配になったが、入り乱れていた兵士達は左右に割れて、彼へと続く道を空けてくれた。

「光希!」

 車から降りたジュリアスは、すぐに光希を見つけた。半年ぶりに見るジュリアスは、相変わらず神々しいくらい美しい。

「お帰り、ジュリ!」

 肩に重傷を負ったと聞いて、ずっと心配していたのだが……ちゃんと自分の足で真っ直ぐ歩いている。五体満足で帰ってきてくれた。

「良かった……」

 もっとよく彼の姿を見ていたのに、いざ本人を前にしたら、気持ちが溢れて、たちまち視界は潤んだ。

「会いたかった」

「僕も」

 力強い腕で光希を抱き寄せると、ジュリアスは唇に触れるだけのキスをした。途端に、周囲から大歓声が沸き起こる。注目を浴びて非常に恥ずかしかったが、それ以上に嬉しかった。
 旅塵りょじんにまみれ、漆黒の軍服には砂がついていたが、光希は構わず顔を埋めた。これ以上に幸せなことなんてない――そう思いながら。
 抱きしめてくれる、力強い腕。
 耳触りの良い声……彼だけが、名前を呼んでくれる。
 額やこめかみに触れる、優しい唇。
 心地いい体温。確かな鼓動。
 包みこむような安心感。
 溢れるほどの幸せ。喜び……

「お帰り、待ってた……ッ」

 最高の幸福に包まれながら、光希はくぐもった声で囁いた。頭上で優しく微笑する気配がする。

「ただいま、光希」

 その一言を聞いた瞬間、光希は心の底から満たされた。




『再会』 - 光希 -


prev index next