アッサラーム夜想曲

アーヒム・2





 ― 『中央山岳狭路の戦い・二』 ―




 中央山岳狭路での二日目の戦い。
 翌朝は早くから陣を並べた。サルビアも負けじと早くから朝飯を澄ませて、陣立てを整えている。
 狭路の向こうになびく赤い旗を眺めていると、ヤシュムが傍へやってきた。立ちこめる靄を見て、うんざりしたように「砂漠が恋しい……」とぼやく。全く同感である。

「ヤシュム、そのなりで行くのか?」

 ヤシュムは鎧も隊帽も全て外し、背中にサーベルをくくりつけた、生身に近い出で立ちだった。手には杖と革紐が握られている。

「兵にも同じ格好をさせてるぞ。合図を心待ちにしている」

「風に煽られて、落ちるなよ」

 ヤシュムはにやりと笑うと「お前こそ、死ぬなよ」と肩を叩いてきた。
 間もなく陣は整った。
 騎乗したムーン・シャイターンに視線で問われて、いつでも、と敬礼で応える。若き覇王は黒牙をすらりと抜き放つと、誰よりも先に敵陣へ駆けた。
 オォッ!!
 狭路を恐れず疾駆するムーン・シャイターンに、勇猛果敢な第一歩兵隊がときの声を上げて続く。
 サルビアの重装歩兵隊も鋼鉄の盾を前に突き出して、分厚い鋼の壁を築き上げた。それを、ものともせずにムーン・シャイターンが乗り越えてゆく――。

「道が開いたぞぉ! 続け――っ!!」

 腹から声を出した。
 昨日の敗退に苦い思いを味わった前線の新兵は、剣を合わせた当初こそ及び腰だったが、次第に瞳に闘志を宿して声を張り上げた。
 攻め込みもしないかわりに、押されもせず前線で踏ん張る陽動作戦の副次効果だ。自分達の力で前線を保てているのだと、自信を取り戻したのだろう。

「あそこだ! シャイターンがいるぞ!」

 敵の声に、ムーン・シャイターンの姿を探した。
 金色の髪が風に靡く様は、戦場においてもよく目立つ。しかし下馬して斬り込むとは、陽動にしてもやり過ぎだ。思わず舌打ちすると、ムーン・シャイターンの傍に馬を寄せた。

「下がられよ!」

 闘志に燃える青い瞳がアーヒムを仰ぎ見る。サルビア兵を前に、シャイターンの支配が大分強まっているようだ。それでも、深入りし過ぎたことを自覚したように前線を下がった。

「総大将が景気よく前へ出過ぎですぞ! 目をつけられる!」

「済まない」

 向こうの布陣の中心には、将を守る手練れがいる。敵の最強部分との激突は、序盤では避けたかった。せっかく高まった士気が下がってしまう。

「一度下がります。ここは任せました!」

 ムーン・シャイターンから前線を引き継ぐと、押し込んでは引いて、日が暮れるまで不退の姿勢で耐え抜いた。
 二日目が終わる――。
 アッサラーム、サルビアの両軍共に手ごたえを感じて、それぞれ野営地へと引き上げた。
 こちらは重装歩兵隊を相手に渡り合えたという自信、あちらは前線を防衛しきった自信である。敵と味方の双方を欺いた、大掛かりな心理戦に成功したのだ!
 当然アーヒムらも手ごたえを感じていた。
 野営地に戻りムーン・シャイターンと合流すると、伝令から首尾よくヤシュムが配置についたと知らせを受ける。思わず、互いの肩を叩かずにはいられなかった。

「よくやりました」

「貴方も!」

 アーヒムはほくそ笑んだ。サルビアはさぞ甘美な優越感に酔いしれているのだろうが、それも今夜までだ。

 +

 中央山岳狭路での三日目の戦い。
 不慣れな山岳での闘いということもあり、兵達の顔に疲労が見え始めていた。
 騎乗しているムーン・シャイターンはどうかと隣を窺うと……こちらは流石に涼しい顔をしている。

「向こうの陣が整ったら、半刻置いて下げましょう」

「御意」

 昨日よりも更に早い時間に陣を完成させた。サルビアへの嫌がらせだ。向こうも慌てて布陣を急いでいる。
 準備が整い、暫し睨み合った後に、アーヒムは前線を解いて狭路の奥へと退却させた。
 剣も交えず退却するアッサラーム軍を見て、サルビアは声も高らかに野次を飛ばしてきた。それを拾い、血気づく若い兵士に「下がれ!」と何度も言う必要があった。
 早朝から苦労して陣を引いたのに、あっけない退却に兵達も不満そうにしていたが、野営地に戻り昼まで自由に過ごせと言うと、大半の者は喜んだ。
 アーヒムも腹ごしらえしようと天幕へ寄ると、騎乗したムーン・シャイターンが傍へ寄ってきた。

「上出来です、アーヒム」

「ムーン・シャイターン。作戦通りです。しかし、新兵は煩くて敵いませんな……何度か、斬り捨てそうになりましたよ」

「ふ、いい働きでしたよ。ここが超越困難な障害地形で助かりました。向こうは一歩も動けず、あの装備で待機せざるをえないのですから」

 ムーン・シャイターンの痛快な台詞に、アーヒムも大きく頷いた。

「今のうちに休んでおきましょう。昼過ぎから大仕事が待っていますぞ」

 狙い通り、昼を過ぎると、サルビア兵はすっかり疲弊しきっていた。待てど敵は来ぬと見切りをつけ、もとの野営地へ引き返し始める。
 その隙に、密かに各隊に出撃準備を急がせた。
 こちらはたっぷり休憩をとり、昼飯も食べている。くだびれたサルビア兵など敵ではない。

「ムーン・シャイターン、私は左から」

「判りました。では右から」

 互いに先頭を率いて駆け出すと、敵の背中を左右から叩いた。

「攻めて来たぞぉ――っ!!」
「止めろぉ――っ!!」

 慌てふためいたサルビア兵は陣を戻そうとするが、今こそ疾駆するムーン・シャイターンの黒牙が将を捕える。
 ただの一閃で将の首を落とし、続けざまに周囲を固める選り抜きの精鋭を斬り伏せる。惚れ惚れするような剣捌きだ。
 オオォォ――ッ!!
 地面を揺らすような、歓喜の声が湧き起こった。
 アーヒムも拳を握りしめて「いよぉし!」と吠えずにはいられなかった。
 その機を逃さず、絶壁を駆け上がってきたヤシュムの率いる三百の精鋭が、弱り切ったサルビアの重装歩兵隊を勢いよく蹴散らし始めた。
 彼等が敵を斬り結ぶたびに、士気が高まってゆくのを肌に感じる。勝利への追い風は、完全にアッサラーム軍に吹いていた。
 決着は近い!
 数名の精鋭を率いて空いた平地を全力で駆け上がると、赤い旗の閃く高地を目指した。あそこを占領すれば、この戦いは終わったも同然だ。
 敵が矢を番える間もなく、一気に斬り込んだ。
 彼我ひが入り乱れての接近戦ともなれば、サルビアの得意とする長技――遠間からの正確な騎射など、最早何の役にも立たない。

「戦意無い者は、どけぇいっ!」

 指揮系統もなく狼狽える敵兵を散らすと、丘の上に青い双竜の旗を突き立てた。風に揺れる旗を見上げて、アッサラームの全将兵から一際大きな歓声が起こる。
 オオォォ――ッ!!
 騎乗して駆けてくるヤシュムを見つけて、こちらも馬を走らせた。互いに薄汚れてはいるが、大した怪我はしていない。

「ヤシュム! 無事か!」

「おおっ! やったな!」

 ムーン・シャイターンの姿を探すと、ぬかりなく残兵を散らしていた。そんなもの、部下に任せておけば良いものを……。

「この一勝は大きいぞ……」

 ヤシュムがしみじみと呟く。その通りだ。中腹の高地を抑えたのだ。近付くサルビア兵がいれば、次は一気に斜面を駆け下りて襲える。

「――さて、迎えに上がるとするか。我らがムーン・シャイターンを……」

 ヤシュムは苦笑を漏らした。

「先頭を駆ける御姿は、神剣闘士アンカラクスになられた今も、お変わりないな」

「全くだ。時々首を捕まえて引き戻したくなるわ」

「はは、前線は荒れたか」

「いや、作戦通りだ。大した御方だよ」

 ヤシュムと並んで傍へ寄ると、淡々と剣を振るっていたムーン・シャイターンの顔が、明るく輝いた。

「二人共、やりましたね」

 ムーン・シャイターンの労いの言葉に、最敬礼で応える。
 彼と戦場に立つと心労は増すが、他では決して味わえない高揚を得られるのも確かだ。ヤシュムも同じであろう。彼の前に膝を折る者は皆、結局のところ彼に惚れ込んでいるのだ。
 それに、いい笑顔を見せるようになられた。
 虚ろに剣を振るう姿を知っているだけに、彼の笑顔の貴重さが分かる。花嫁ロザインを得て彼は変わった。
 通門拠点にいる皆にも、早くこの吉報を届けてやりたい。特に花嫁には、改めて感謝を捧げたいと思うのであった。




アーヒム・2


prev index next